列島各地で 部分日食 観察 リングに…台湾で 金…|台湾では 金環日食 太陽がリング状に!(日直予報士…|台湾の民宿で香港人の男女が死亡 署名が入った遺書が見…|他

列島各地で「部分日食」観察 リングに...台湾で「金環日食」も

2020/06/21 17:50
部分日食だが、日本では、21日午後4時すぎに確認され、午後5時すぎには、太陽が最も欠けたように見える「食の最大」を迎えた。
一方、台湾では、太陽が月の影に隠れてリング状に見える「金環日食」が観察されている。
沖縄県の石垣島天文台から撮影した映像。
午後4時すぎに日食が始まって、太陽が徐々に月に隠されていき、午後5時15分すぎに、太陽が最も欠けたように見える「食の最大」を迎えた。
また、沖縄・那覇市でも、太陽の7割以上が月に隠される部分日食を見ることができた。
午後5時前の熊本城二の丸広場では、専用の遮光板を使って太陽を観察してみると、左下の方から欠けてきているのがはっきりと見える。
一方、高知市の空は厚い雲に覆われていたが、午後4時半ごろ、欠けた太陽が顔をのぞかせた。
沖縄・那覇市から見える午後5時半現在の太陽は、欠けたように見えるが、徐々に丸く戻っていく途中。
日本での部分日食は、午後6時すぎまで続く。
一方、台湾・嘉義市で撮影された映像。
嘉義市では、太陽が9割以上月に隠され、日本時間の午後5時13分ごろに金環日食となった。

台湾では「金環日食」 太陽がリング状に!(日直予報士 2020年06月21日)

2020/06/21 17:35
きょう(21日)、日本では部分日食が見られている所がありますが、台湾では月が太陽の中央部分を覆う「金環日食」が見られました。
上の写真は台湾のWeatherRisk社が台湾の嘉義市内で撮影したものです。現地時間の16時14分頃に60秒程度と短い時間ですが、太陽がリング状になり、幻想的な姿が見られました。

台湾の民宿で香港人の男女が死亡 署名が入った遺書が見つかる

2020/06/21 16:48
写真拡大 (全2枚)
(台東中央社)20日午前、東部・台東県卑南郷の民宿で男女が死亡しているのが見つかった。警察が2人の所持品を検査したところ、旅券が見つかり、香港から来た50代の夫婦であることが確認された。他殺の可能性はないといい、警察は詳しい死因を調査する方針。
消息筋によると、部屋からは2人の署名が入った遺書が発見されたほか、燃やされた石炭が残っていた。遺書には、香港に親族がいないことや自殺したことで民宿のオーナーや台湾に迷惑をかけたことに対するお詫び、臓器提供の意向などが示されている。2人はこれまで台湾を何度も旅行で訪れていた。
(盧太城/編集:荘麗玲)

台湾の人気おやつ「豆花」、大阪で楽しむ現地スタイル

2020/06/21 11:56
台湾の国民的おやつ「豆花(トウファ)」を楽しめる専門店「南所豆花(ナンショトウファ)」(大阪市北区)が4月に天神橋筋六丁目でオープン。台南出身の店主が作る本格的な豆花をSNSで知った客が訪れ、週末の午後には人が並ぶほど人気店となっている。
豆腐のようににがりを加えて固めた豆乳に、小豆やタピオカなどのさまざまなトッピングとシロップで楽しむ「豆花」。ほのかでやさしい甘みとヘルシーさが特徴で、関西でも提供する店が増加。新たなスイーツとして定着しつつある。
台南出身の店主の林峰旭さんは、本場の味を再現するため、毎日お店で豆花を手作り。林さんは仕事で大阪に住んでいたこともあり、「大阪は人情や町の雰囲気が、故郷の台南に似ている。大阪が大好きなので、絶対帰って来たいと思っていた。豆花は台湾の国民的おやつなので楽しんでもらえたら」と日本でお店を構えた理由について話す。
メニューは豆花4種とゼリー1種類の全5種類。人気は甘いシロップをかけていただく「南所豆花」(690円)と豆乳シロップの「豆乳豆花」(720円)。トッピングは北海道産の小豆を使った「小豆」や、台湾から取り寄せた「さつまいも団子」、色鮮やかな「台湾伝統フンクエ」などが人気で、現地同様に選べる(上記メニューは各4種)。
訪れていた40代会社員の女性は「SNSで見て来てみたいと思っていた。豆花はあ……

【始球式名場面番外編】くびれとお団子かわいい 台湾女優の華麗なノーバウンド投球(Full-Count)

2020/06/21 10:41
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

コロナ対策がうまくいけば、10月には台湾に行けるかも!?だったら食べなきゃ小籠包

2020/06/21 06:04
お店の入り口近くに並ぶいくつもの小皿料理から、食べたいものを自由に取ってゆくスタイルも楽しいのです。こちらは小籠包や小皿料理の安定感のある味と、ほどほどのお値段でお気に入りなのですが、もうひとつ、ちょっとクセのあるところも魅力的。
それは、トイレ。
トイレはお店のなかにはなく、一度外に出てビルの地下へ行かなければなりません。薄暗い階段を降りていくと、そこにあるのは卓球場! 彩度の低い灯りの下、卓球台がずらりと並びおじさんたちがスマッシュを決めている光景は、なんとも異国情緒にあふれています。そしてトイレは、ピンポン玉のはじける音を聞きながら進んでいった卓球場の奥にあるのです。
「トイレ、すげーとこにあった! やばい!」
親友・ハルミの中学生の息子が、冒険心が満たされた表情で興奮しながら報告してきたときには、思わずほくそ笑んでしまいました。