チュンチュンを抑え台湾No1チア・楽天モンキーズのリ…|台湾メーカーKOSOの車検対応シーケンシャルLEDウ…|台湾情報 伝統的人形劇をフィーチャー 雲林の虎尾地…|他

チュンチュンを抑え台湾No1チア・楽天モンキーズのリンダさん とびきり笑顔で球場魅了(Full-Count)

2020/07/04 20:35
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

台湾メーカーKOSOの車検対応シーケンシャルLEDウインカーが発売開始

2020/07/04 17:00
流れるように見えるシーケンシャルタイプで差別化を図るKN企画が取り扱う台湾のカスタムパーツブランドKOSOから、新しくシーケンシャルタイプのLEDウインカーが登場。日本でも発売されることになった。
今やLEDウインカーの一大トレンドとなった感がある、車体中央から外側に向かって流れるように点灯するシーケンシャルタイプを採用しており、被視認性を高めているのがポイント。ウインカーは周囲から認識してもらわないと自らを危険にさらすようなもの。そのため被視認性が高いシーケンシャルタイプは効果大だ。もちろん、そのスタイリッシュな動きはオーナーの満足度も高めてくれる。
本製品は車種を問わない汎用品で、欧州のEマークを取得した車検適合品。ウインカーレンズはライトスモークとなる。また、販売は1個単位となるので、転倒時の補修時にリーズナブルに復旧できるようになっている。
なお、純正ウインカーがハロゲンだと消費電力が激変(LED化すると使用消費量が激減)するため、ただ交換するだけではウインカーリレーが球切れと判断し、ハイフラッシャー化してしまう。LED対応ウインカーリレーは同社からも各種販売されているので、合わせて交換する必要があることも覚えておこう。
製品情報製品名KOSO車検対応シーケンシャルLEDウインカー2価格4,950円(税込み)/1個KOSO車検対応……

【台湾情報】伝統的人形劇をフィーチャー。雲林の虎尾地区を盛り上げるリノベホテルに注目

2020/07/04 12:15
台中と台南の中間に位置する雲林県。新幹線(台湾高速鐵路)でのアクセスが可能になり、ぐっと身近になった雲林は、リノベーションスポットとしての注目度も上昇中。デザイナーズホテル「台湾虎尾春秋 文創設計旅店(Huwei Hotel)」は、その代表例です。台湾人形劇“ポテヒ”をフィーチャーしているとあって、聖地としての存在感も高まっているそう。ノスタルジックな台湾文化を体感したい人には必見といえるホテルです。
伝統的人形劇“ポテヒ”にゆかりのある建物をリノベーション。

「台湾虎尾春秋 文創設計旅店(Huwei Hotel)」は、台湾で唯一の人形劇をテーマにしたホテル。2018年のオープン以来、台湾人形劇“ポテヒ”の発祥の地である雲林の虎尾の象徴として、また聖地としての人気をも獲得しています。というのも、このホテルの前身は、ポテヒの重鎮である黃俊雄氏が1980年に建てた、虎尾地区初のエレベーターつきホテル「金夜大飯店」。そのレトロな趣きの外観を残しながら、ライトインダストリアルな内装にポテヒの要素をちりばめ、モダンにリノベーションしたのが、この「台湾虎尾春秋」なのです。ロビーの展示スペースに飾られている2体の人形……イケメンの“史艶文……

鳥取和牛 台湾で“SNSせり” 7万人が参加 輸出回復狙う

2020/07/04 07:02
[新型コロナ] コロナ禍 新たな販促ツール マスクを名刺代わり 銘柄米ロゴ付け“バトンリレー”  新型コロナウイルスの感染予防にマスク着用が新しい生活様式になる中、マスクで農産物や地域のPRに取り組む産地が広がっている。米の銘柄名がデザインされたマスクでブランドをPRしたり、JAのキャラクターを印刷したマスクが登場したりと、マスクが新たな“広告塔”になってきた。産地つなぎ 盛り上げ 米産地が、ブランド米をイメージした手作りマスクをバトン代わりに他の産地に贈る「産地マスクバトンリレー」が、全国の米産地に広がっている。島根県JAしまね隠岐地区本部からスタートし、北海道や福井県など既に6産地がつながった。 バトンを受け取った産地は、次のリレー先を選び、ブランド米をPRする自作のオリジナルマスクを贈る。参加産地は、インターネット交流サイト(SNS)の投稿で「#(ハッシュタグ)産地マスクバトンリレー」と記入し、他産地のマスクとブランド米を紹介。各産地のファンにも、他産地米に興味を持ってもらう。新型コロナウイルスの影響で販促活動が制限される中、マスクを使ってSNS上で展開する狙いだ。 同地区本部が5月上旬、ブランド米「島の香り 隠岐藻塩米」のロゴマーク入りマスクを、交流のあった北海道のJA新すながわへ2枚贈ったことがきっかけ。 マスクは……

台湾で導入 最期の「指示書」…治療の希望 公的に保証

2020/07/04 06:11
  患者自主権利法
 台湾は2018年、高齢者の人口が全体の14%を超える高齢社会に入った。高齢化のスピードは日本より速く、40年代後半には40%超となる見込みだ。
 昨年1月、本人が納得できる死(善終)を迎える権利の保護をうたった「患者自主権利法」が施行された。延命に関する自分の希望を記した「事前指示書」を作成し、どのような治療を受けたいかを事前に決めておく。作成には、本人が、親族や医療機関と話し合うACP(アドバンス・ケア・プランニング)が前提となる。
 指定医療機関で2親等以内の親族が参加し、議論する。医療機関に1万円前後(日本円換算)を支払い、ソーシャルワーカー、医師、看護師で構成されるチームのカウンセリングを受ける。
 自分が最期をどのように迎えたいかといったことなどについて意見を交わす。本人や家族らが受けられるケアについても説明を受ける。事前指示書の内容が実施されるのは、「末期患者」「植物状態」など五つのケースだ。
 ACPの話し合いは1回で、時間は60~90分。終わったら事前指示書を作成し、本人と医療機関がそれぞれ押印する。ほかに、親族らの証人2人が必要になる。
  日本は「人生会議」
 指示書の内容は、台湾に住む人が全員持つ健康保険カードに登録される。カードには、過去3年間の処方箋、血液やコンピューター断……