新型* 感染の拡大や減少に揺れる実態 中国・台湾…|キラッとプリ☆チャン:台湾で展開 吹き替え版アニメも|ピーチが7カ月ぶり国際線再開へ まずは台湾 10月2…|他

新型コロナ 感染の拡大や減少に揺れる実態 中国・台湾・韓国を取材

2020/09/10 22:04
新型コロナウイルスの感染を抑え込んだとする中国では、広場でカラオケ、さらにダンスも。
韓国では、スターバックスでクラスターが発生すると、ほかのカフェチェーンまでが店内飲食禁止に。
さらに、台湾では意外なブームが到来。
そこは日本のすぐ近く、感染の拡大や減少に揺れる実態を取材しました。

キラッとプリ☆チャン:台湾で展開 吹き替え版アニメも

2020/09/10 19:30
 アニメやゲームが人気の「プリティー」シリーズの「キラッとプリ☆チャン」のアーケードゲームが9月11日から台湾で展開されることが分かった。セガ台湾と協業して台湾で展開されることになった。
 台湾では8月からアニメが放送、配信されており、9月17日からはYouTubeのセガ台湾公式チャンネルでも無料配信される。中国語吹き替え版のアニメが制作され、ゲームも画面や配出されるチケットを全て繁体中国語の表記に変更するほか、キャラクターのせりふも中国語吹き替えを使用する。楽曲も一部吹き替え版を使用するなどローカライズした。
 「キラッとプリ☆チャン」は、動画サイト、自分発信がテーマ。テレビアニメがテレビ東京系で毎週日曜午前10時に放送中。

ピーチが7カ月ぶり国際線再開へ まずは台湾、10月25日から(共同通信)

2020/09/10 19:18
ピーチが7カ月ぶり国際線再開へ まずは台湾、10月25日から(共同通信)  Yahoo!ニュース

元青函航路フェリー、台湾本島と離島結ぶ航路に就航へ(中央社フォーカス台湾)

2020/09/10 18:37
元青函航路フェリー、台湾本島と離島結ぶ航路に就航へ(中央社フォーカス台湾)  Yahoo!ニュース

ピーチ関空ー台湾便 来月再開へ

2020/09/10 18:09
新型コロナウイルスの水際対策としての入国制限措置を政府が台湾などとの間で緩和したことを受けて、ピーチ・アビエーションは、来月、関西空港と台湾を結ぶ便の再開を決めました。
関西空港を出発する日本の航空会社の国際旅客便は1便もない状態が続いていて、およそ7か月ぶりの再開となります。
政府は8日、台湾やマレーシアなど5つの国と地域について、新型コロナウイルスの水際対策として続けてきた入国制限措置を緩和しました。
これを受けて、LCC=格安航空会社のピーチ・アビエーションは、今後、需要が見込めるとして、10日、関西空港と台湾の台北とを結ぶ便を来月25日から週に3往復、再開すると発表しました。
関西空港では、新型コロナウイルスの影響で、ことし2月から運休や減便が相次ぎ、海外の航空会社が一日に数便の運航を続けているものの、日本の航空会社による国際旅客便の出発はゼロになっています。
ピーチの便が再開すれば、日本の航空会社による国際旅客便が関西空港を飛び立つのはおよそ7か月ぶりとなります。
一方、全日空と日本航空は、今後の入国制限の緩和の状況や需要を見極めながら運航の再開を検討したいとしています。

台湾、日本、韓国の取引所代表がビデオ会議 協力継続を確認(中央社フォーカス台湾)

2020/09/10 17:08
台湾、日本、韓国の取引所代表がビデオ会議 協力継続を確認(中央社フォーカス台湾)  Yahoo!ニュース

中国戦闘機、2日連続で台湾の防空識別圏に侵入 台湾は緊急発進(ロイター)

2020/09/10 14:40
中国戦闘機、2日連続で台湾の防空識別圏に侵入 台湾は緊急発進(ロイター)  Yahoo!ニュース

テクノロジーを活用した台湾のコロナ対策とは、LINE DAY 2020基調講演

2020/09/10 13:32
 LINEでは、全国調査での健康調査や自治体と連携した「パーソナルケア」の取り組みを行ってきた。
 民間企業だけでなく日頃から政府機関や自治体と連携しておくことでスピード感ある取り組みができるのではと感じると話す。
 台湾ではインフォでミックに活用できるのではないかと感じる。デマ情報が配信される場面で、SNSであれば全体に公開されるため誰かがスパムとして通報できる。一方LINEではクローズドな空間であるため、デマがどこまで世間に広まっているかわからないという。
 LINE台湾では、CSRの一環として、噂の話が本当かどうかファクトチェックができるという。怪しいURLが送られてきても、「LINE Fact Checker」アカウントに発言を転送することでチェックできるため、発言の自由と通信の秘密を守りながらファクトチェックができる。また、画像や動画などはトレンドマイクロと連携し、不正なものかどうかコンピューターが自動で解析する。
 コミュニケーションツールのLINEがファクトチェックやセキュリティ企業と連携することは、インフォデミックを抑制する上でとても大切だという。
 これらの取り組みはタイのLINEでも実施されており、官民協力してパンデミックとインフォデミックに戦っている。これらの取り組みは、今後のいいモデルケー……

マイクロLEDコンソーシアムCIMSも後援する台湾トレンドフォース社主催「マイクロLEDフォーラム2020」のお申込…

2020/09/10 08:50
将来、実用化が期待される先端技術の情報を提供する沖為工作室合同会社(東京都町田市、CEO:沖本 真也)は台湾トレンドフォース社主催の「マイクロLEDフォーラム 2020」ウェビナーのご参加お申込み用ウェブサイトを大幅リニューアルいたしました。「マイクロLEDフォーラム2020」は今年で第4回目となり、マイクロLEDコンソーシアムCIMSも後援する一大イベントで、絶賛、お申込み受付中です。VerLASE社、Veeco社、ALLOS Semiconductors社など11名の講師陣が集結しています。講演資料はご視聴後にダウンロードできます。お申込みの締め切りは2020年10月30日の午前中までとさせて頂きます。
台湾トレンドフォース社は、早くからマイクロLEDにフォーカスし調査を行ってきた調査会社として知られています。この「マイクロLEDフォーラム」は同社のLED調査部隊でもあるLEDinsideが企画・主催し、毎年開催されてきました。今回は、オンラインセミナー形式で、10月30日までの期間中は繰り返し視聴できる利便性の高い形で開催されています。マイクロLEDスタートアップの技術開発の進捗状況などに関する発表がなされるとともに、マイクロLEDからミニLEDバックライト製品まで、技術的な課題やコスト構造、将来の展望などを議論いたします。
■アジェンダ ※日……

もはや威嚇レベルではない…中国は尖閣を台湾問題とセットで見ている(兼原 信克) @gendai_biz

2020/09/10 06:01
この漁船の大群を追うようにして、中国の巡視船が大挙して尖閣諸島周辺の接続水域、領海への侵入を繰り返した。あの年、8月5日から9日にかけて領海に侵入した中国公船はのべ28隻に及ぶ。8月8日には最大15隻の中国公船が尖閣諸島周辺の接続水域で視認された。
これほど大規模な中国漁船団と巡視船艦隊に尖閣周辺水域に来襲されて、「示威行動のような政治的意図はない」と言われても、「はい、そうですか」と簡単に信じられるものではない。
当時、政府部内にいた私は、1978年4月から5月にかけて、日中平和友好条約締結交渉の最終段階で、夥しい数の中国漁船が尖閣諸島周辺に蝟集し、のべ357隻が領海に侵入し、123隻が不法操業した事件を思い出していた。
交渉の過程で、中国は、鄧小平の立場に従い、「尖閣諸島をめぐる問題は棚上げする」と主張していたが、日本政府は、中国が尖閣に対する領有権を主張し始めたのは1969年に国連が石油埋蔵の可能性を示唆してからにすぎず、「尖閣を巡る領土問題はそもそも存在しない」と突っぱねていた。
業を煮やした中国政府が、恐らく尖閣を巡る領土問題を、実力で物理的に作り出そうとしたのだろう。

Google、台湾第3データセンター計画を公表

2020/09/10 06:00
Googleが台湾の雲林県の土地を取得  Googleは台湾にて3番目のデータセンターを構築します。Googleが雲林県の土地に興味を示していた以前の記事をご参照ください。
 Googleは今週の記者会見にて、斗六市の雲林テクノロジー工業団地の約200,000平方メートル(2,150,000平方フィート)の土地を取得したことを公表しました。当施設は2022年までに稼働開始すると予想されます。

香港から海上での「台湾亡命」中国警察による逮捕も

2020/09/10 06:00
中国海上警察に12人が逮捕された 筆者が8月に刊行した『香港とは何か』(ちくま新書)では、2014年の台湾・ひまわり運動と、香港・雨傘運動によって両地の価値観が接近したことや、2019年の香港デモによって香港人が台湾に逃げ込んでいる実態を紹介しているが、国安法の導入によって一層、台湾が香港人が事実上の亡命先とする「避難港」の役割を負うようになっているようだ。
 香港警察の発表などによると、8月下旬、香港の漁村から闇夜に紛れてモーターボートで出発したものの、台湾の領海にたどり着く前に海上で中国の海上警察に逮捕された者は、16歳から33歳までの男女12人。香港の親中メディアは全員の名前まで掲載して、「独暴分子(独立暴力活動家)」と呼んで非難した。彼らは現在、中国国内で拘束されている。
 その中には、国安法で「外国あるいは外国勢力と結託して国家安全に危害を加えた」との疑いで逮捕された李宇軒氏も含まれていたと見られる。
 李氏は香港でいったん保釈されていたが、パスポートは押収されていた。国安法での逮捕の場合、最悪のケースは無期懲役。李氏らは決死の覚悟で香港を離れようとしたと見られる。
◎新潮社フォーサイトの関連記事
・香港のアグネス「衝撃逮捕」の狙いは日本への影響力封じか
・なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか「ヤメ朝日」VS.「……

華新科技、高雄で工場用建屋と設備取得 台湾・IT・通信

2020/09/10 00:11
台湾の受動部品大手、華新科技(ウォルシン・テクノロジー)は8日、高雄市路竹区で建屋2棟と工場関連設備を取得したと発表した。生産拡張が目的で、取得額は8億6,152万台湾元(約31億円)。競売を通じて取得した。建屋2棟の延べ床面積は1万8,692坪。華新科技は、「長期的な…

テイクオフ:新型コロナウイルス感染… 台湾・社会・事件

2020/09/10 00:07
新型コロナウイルス感染症が抑え込まれている現状もあるのか、最近はここ台湾でも異動の話を耳にする機会が以前より増えたような気がする。しかし、日本に帰る人、台湾に赴任する人ともに、ご苦労はいつも以上に多いだろう。
娘と同じ学校に通う女の子とお母さんが自宅に遊びに来た。近く日本に帰るのだという。帰国後は自宅で自主隔離の措置を取ることになるが、最寄りの空港から自宅までは遠く、レンタカーを借りて移動すると説明してくれた。ただでさえ、海外からの引っ越しは労力を要するのに、コロナ禍でお子さん2人を連れての移動は大変だ。
日本では現在、帰国時に公共交通機関が使えず、台湾のように政府主導の「防疫タクシー」もないので、空港からの移動には苦労が伴うと聞く。コロナが収束したらまた遊びに来てね。そんな声が聞こえてきたが、現状からして来年に実現できるかどうか。(崇)

台湾ウナギの域内出荷増、日本の価格低下で 台湾・農林・水産

2020/09/10 00:04
台湾のウナギ養殖業者の間で、販売先を従来の主力だった日本から域内に振り向ける動きが出ている。日本での台湾産ウナギの需要低下が背景。自由時報などが伝えた。ウナギの養殖業が盛んな嘉義県の政府関係者によると、台湾産ウナギは従来、約9割が日本に輸出されている。ただ…