ファーウェイ 米国による禁止令発効前に台湾から中国へ…|からだに優しい台湾点心を神戸で 国産小麦粉や天然酵母…|動画:賛否両論の台湾 神豚 祭り 出品数減少 伝統へ…|他

ファーウェイ、米国による禁止令発効前に台湾から中国へウエハーを大量輸送―台湾メディア

2020/09/13 21:30
2020年9月11日、台湾メディアの中国時報は、米国による中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を対象とした禁止令が15日に発効するのを前に、ファーウェイ傘下の半導体設計会社、海思(ハイシリコン)が大金をはたいてチャーター機を使い大量のウエハーを台湾から運んで在庫を確保するようだと伝えた。
記事によると、米国によるファーウェイに対する禁止令は9月15日に発効する。ネットユーザーが10日に暴露したところによると、ハイシリコンの貨物チャーター機が台湾に来ており、ファーウェイの独自プロセッサ「Kirin」と関係のあるウエハーを9月14日までに中国へ輸送するという。このネットユーザーは、「貨物チャーター機の派遣はまるで戦争のワンシーンのようで、普段はないことだが、米中の貿易戦争は一種の戦争と言える」としている。
記事によると、台湾紙・自由時報は、「ハイシリコンは貨物チャーター機を利用して台湾に発注したすべてのウエハーを中国に輸送するようで、その費用は600万~700万台湾ドル(約2200万~2500万円)とみられる」と報道している。この金額には関税や空港使用料は含まれていないという。5ナノメートルのウエハーは1枚1万5000ドル(約160万円)とみられ、決して安くない価格だが、「間もなく不足するファーウェイにとってはウエハーを購入できることが何よりも重……

からだに優しい台湾点心を神戸で 国産小麦粉や天然酵母で作る天然印(CREA WEB)

2020/09/13 15:01
からだに優しい台湾点心を神戸で 国産小麦粉や天然酵母で作る天然印(CREA WEB)  yahoo.co.jp

動画:賛否両論の台湾「神豚」祭り 出品数減少、伝統への見方に変化

2020/09/13 10:51
 毎年恒例のこの行事は、台湾の人口の約15%を占める客家(Hakka)の人々にとって文化の礎の一つとなっている。しかしこの慣習に対する意見は、長く二分されてきた。
 客家の人々は、どの家が最も巨大な豚を展示できるかを競い合い、勝者にはトロフィーが贈られる。
 7日には、北部の新埔(Hsinpu)にある義民廟(びょう、Yimin Temple)と呼ばれる寺院に、解体された豚18匹がトラックで運び込まれた。
 最も重い豚は、成豚の平均体重の3倍に相当する860キロもの重さがあった。祭りの後には所有者が豚を持ち帰り、家族や友人、近隣住民に肉をふるまう。
 客家のある男性はAFPに対し、「私は客家の一人として、神豚の文化を誇りにしている。保存価値がある」と語り、動物愛護団体の懸念は「ナンセンス」だと切り捨てた。
 そして「広まっているうわさとは違い、動物虐待などない」と断言した。
 これに対し、動物の権利擁護を訴える活動家らは異議を唱える。最重量級の豚たちは、多くの場合狭いおりの中で、病的に肥大し自力で立てなくなるほどの強制給餌が行われると指摘している。
 とはいえ、この神豚祭りを15年にわたって記録してきた地元の活動家のリン・タイチン(Lin Tai-ching)さんは、人々の見方が変わり始めていると話している。祭りの観客は徐……

【コラム】台湾に判定負けした「K防疫」(朝鮮日報日本語版)

2020/09/13 05:54
【コラム】台湾に判定負けした「K防疫」(朝鮮日報日本語版)  Yahoo!ニュース