独身の日 台湾各地の独立系書店が一斉休業 通販業…|研修旅行が中止…台湾とオンラインで交流|日本ハム王柏融が台湾に帰国 来日2年目は打撃不振など…|他

「独身の日」 台湾各地の独立系書店が一斉休業 通販業者の価格競争に抗議

2020/11/11 18:52
(台北中央社)ネット通販サイトでセールが繰り広げられる「独身の日」の11日、台湾各地の独立系書店30軒以上が一斉に1日休業した。通販サイトによる書籍の過度な値引きに抗議するのが狙い。独立系書店は、価格競争が書店業界に与える弊害について読者や社会に考えてほしいとし、この問題に正面から向き合うよう出版業界に求めた。
独身の日に通販サイトで行われるセールは中国から始まったもので、近年は台湾でも盛り上がりを見せている。今年は大手ネット通販「momo」が実質34パーセント引きで書籍を購入できるキャンペーンを実施したことで、一部出版社や独立系書店の不満を招いた。
一斉休業に参加しているのは、青鳥書店(台北市)や晃晃二手書店(台東市)、紅気球書屋(屏東県)、三餘書店(高雄市)、筆耕小書店(新竹市)など。参加書店はフェイスブックに、「#1111書店歇業潮」(11月11日書店休業運動)と記した画像を投稿し、価格競争が実際の店舗を持つ実体書店に与える影響について思考を促した。
筆耕小書店の蔡文力店長は「書籍は一般商品ではない。知識や文化、社会的使命、チャリティー、正義を乗せたものだ」と指摘。今回の書店の呼び掛けに効果があるとは限らないとしつつも、「世間に私たちの声を聞いてほしい」と参加の理由を語った。
一方、momoを運営する富邦媒体科技は声明で、今回の割引……

研修旅行が中止…台湾とオンラインで交流

2020/11/11 18:32
上田高校では台湾への研修旅行が中止となった2年生が、オンラインで台湾の学生たちと交流した。現地からのアドバイスを受けながら、2種類のイモを使った台湾のスイーツづくりに挑戦。交流の最後には二人羽織を披露した。

日本ハム王柏融が台湾に帰国 来日2年目は打撃不振などで1年目を下回る52試合どまり

2020/11/11 17:44
 来日2年目で背番号が3に変わった今季は開幕を1軍で迎えたものの、打撃不振などにより、2度の2軍調整を経験。1軍での出場は52試合にとどまり、打率2割7厘、2本塁打、9打点と1年目の成績をいずれも下回った。来季が3年契約の3年目となる。

【台湾日本人物語 統治時代の真実】(17)社寺を支えた阿里山の巨木

2020/11/11 10:00
 世界遺産「薬師寺」(奈良市)。昭和の時代に再建された金堂(こんどう)(昭和51年落慶)や西塔(さいとう)(56年同)の建材には、台湾のヒノキの巨木が使われている。西塔の中心を貫く心柱(しんばしら)は樹齢800年から1500年前後の古木4本を継いでつくられた、という。
 棟梁(とうりょう)を務めた西岡常一(つねかず)は『蘇る(よみがえ)薬師寺西塔』の対談でこう語っている。《(心柱は)やっぱり樹齢ですわ。樹齢が千五百年以上のもんやないと心柱には向かんということです…》

オードリー・タン氏「台湾のデジタル社会イノベーションはどう実現したか」 (1/2)

2020/11/11 08:00
SDLが進化して、ついにJavaScriptでもSDLアプリが開発可能に
Webエンジニアでもクルマアプリが作れる!
「ASCII BESTBUY AWARD 2020」を開催、読者投票でグランプリが決まる!
Office付きで9万円台!第2世代Ryzen Mobile搭載でお買い得なDell「New Inspiron 15 3000」
ふだん使いから在宅ワークやエンタメ用途までこれ1台でこなせる
テレワークだけじゃない「おうち時間」の強~い味方! 15.6型大画面ノートPC<LAVIE N1565/AA>
高度な機能も簡単に、ネットギア「インスタントキャプティブポータル」で広がる可能性
お店の無料Wi-Fiを「顧客タッチポイント」「収益源」に変えよう
Webアプリの操作スクリプトをAutoジョブ名人で開発してみた
エンジニアでなくてもRPAのスクリプトは作れる
健全な青少年は「昼間は鬼滅、夜は親に隠れて鬼獄」を読むべし!
18禁と一般の狭間で勝負している系ギリギリお色気漫画特集
Azureネットワークサービスの社内技術検証に活用、今後はPOCや営業活動などでの活用も検討
日本マイクロソフトが「アット東京 Cloud Lab」を使って“驚いた”理由
RTX 3080搭載のPowe……

タヴァントがダイムラー・トラック・アジアの台湾向け保証プラットフォームをスタート:時事ドットコム

2020/11/11 04:31
タヴァントがダイムラー・トラック・アジアの台湾向け保証プラットフォームをスタート:時事ドットコム  時事通信

テイクオフ:スパム入り出前一丁に、… 台湾・社会・事件

2020/11/11 00:09
スパム入り出前一丁に、ピーナッツバターのフレンチトースト――。香港のローカルグルメを手頃な価格で提供するこの小さな飲食店は、いつ訪れても多くの客で賑わっている。昨年秋にオープンし、社会混乱で台湾にやって来た香港の若者たちを雇用する受け皿になっていると聞く。
同じく市内に昨年オープンした別の香港レストランも同様な背景を持つ。この店で先日、突然現れた男が厨房に汚物をぶちまけるという事件が起きた。店は数週間の営業停止に追い込まれ、関係者やその場にいた客はもちろん、店を知る多くの人に深いショックを与えた。
台湾に住む香港人は前から多くいるが、この1年で大きく増えた。さまざまな面で心細い状況に置かれている人も少なくないが、彼らと話すとよく話題に上るのがこれらの店だった。そういえばどちらも一緒に行ったことがない。今度誘ってみようか。(屋)