台湾で 鬼殺隊 が発見され話題に 台湾の “鬼” 退治集団 八家将 の裏話がアツすぎた

台湾で「鬼殺隊」が発見され話題に 台湾の “鬼” 退治集団「八家将」の裏話がアツすぎた

2020/11/22 16:30
台湾の鬼殺隊とは?
まさに一世を風靡中のアニメ映画『鬼滅の刃 無限列車編』は台湾でも大ブームを起こしている。台湾における日本のアニメ映画として史上最高興行収入を記録し、現地でも毎日のように鬼滅の話題がのぼる勢いだ。そのなかでFacebookに投稿されたある投稿が話題となり、台湾の文化部(文化庁に相当)までコメントを発表するほど注目されている。
それは、「台湾で『鬼滅の刃』の「鬼殺隊」が発見された」というものだ。コスプレ集団か何かか、と思ってしまいそうになるが全くの別ものだった。伝統的あるガチの鬼退治集団だったのだ。
台湾で「鬼殺隊」が発見される「台湾版・鬼殺隊」が投稿されたのは、Facebookコミュニティ「台灣迷因 taiwan meme」だ。早速、確認してみると「台湾版・鬼殺隊」の正式な名称は「八家将(はっかしょう)」。簡単に言うと、台湾の民間信仰における神様の警備や悪鬼を退治する将軍の組織である。実社会では廟会(ミャオフイ)と呼ばれる伝統的なお寺のお祭りのパレードには欠かせない存在である。
そんな神の領域にいる将軍のどこが鬼殺隊に似ているのだろう?「台灣迷因 taiwan meme」によると
・鬼を退治し、人類を守るという職務
・青少年により構成、多くは未成年
・呼吸のときに煙を吐く……