台湾 鴻海研究院が始動 新興5分野をR&D(NNA)|台湾で話題のゲームマッチングサービス nicee が…|台湾 台北 ルネッサンス台北士林ホテル コンシェル…|他

台湾で話題のゲームマッチングサービス「nicee」が日本初上陸!

2021/01/06 18:17
 「nicee」は好きなプレーヤーと一緒にゲームを遊べるゲームマッチングサービス。出品者はゲームや雑談、ボイスチャットなど様々なカテゴリーより自分が得意なものを登録、購入希望者は一緒に遊びたい人を選択する。プレイリクエストを送り、出品者がリクエストを許可すると一緒にゲームをプレイできるようになる。
 2020年1月に台湾にてサービスが開始され、台湾では月収100万円を超えるプレーヤーも現われている。日本ではβバージョンのサービスが開始され、アプリバージョンのローンチも予定されている。サービス開始に合わせて1月10日までの期間限定で「お友達紹介キャンペーン」が実施中。リンクをシェアしniceeのプレーヤーになると最大10万円分のコインが付与される。

台湾 台北、「ルネッサンス台北士林ホテル」コンシェルジュラウンジ一時クローズ

2021/01/06 15:53
台湾 台北、「ルネッサンス台北士林ホテル」コンシェルジュラウンジ一時クローズ  トラベルビジョン

台湾、海外旅行制限で業界悲鳴 国内活路も「行き尽くした」

2021/01/06 12:15
 今年の売り上げは通年の2億台湾元(約7億3600万円)の1%程度に落ち込む見通し。15人いた職員を9人に減らした。「会社を開いて33年。こんな悲惨な事態は初めて」。03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行や08年のリーマン・ショックの際も深刻だったが「今回の事態と比べると一過性に過ぎなかった」と振り返る。
 台湾メディアは、海外旅行の解禁が「21年末」となった場合、約4000社ある旅行会社の4分の1が倒産する恐れがあると報じた。既に業界の20~50%の従業員が失職しているとの指摘もある。
 台湾政府は新たに20年12月から21年2月にかけて台湾旅行に補助金を出すなどの振興策を打ち出したが、海外に行けない台湾の人々はいらだちを募らせつつある。台湾は九州とほぼ同じ大きさ。海外旅行を諦めた人たちで台湾の観光名所は大にぎわいだが「既に行き尽くした」との声が徐々に大きくなってきている。
 「最初に旅行したいのは沖縄と北海道」。これまで10回以上日本を訪れた女性会社員が話した。広告会社の調査によると、コロナの収束後に訪れたい国として日本と回答した台湾人は約7割。人口約2370万人で、19年は延べ500万人弱が訪日した「親日」ぶりは健在だ。

コロナ禍の対応でも注目される、 台湾のIT大臣を徹底解剖。

2021/01/06 12:00
そうやって、時代の潮流のなかでしなやかに生きる眞栄田の価値観は、表現の追求という明確な目的があるからこそ、揺るぎないものとなる。「自分の表現を高めていくためには、演技だけでなく、いろいろなスポーツを経験して身体を鍛錬したり、楽器を練習して音感を養ったり、最新の情報やテクノロジーにも触れたりと、自分のなかにあらゆる知識や経験を蓄えて、表現の幅を広げていくことが重要です。いまはまだ、準備段階でスタートラインにも立っていない。向こう10年は修業期間のつもりでいます。勝負 は10年後、30歳になってから。そこで最高のスタートを切れるように、いまはただ、自分にできる努力を一つひとつ、 大事に積み重ねていくときだと思っています」
すべては未来の目標のために。眞栄田は既存のルールや慣習に縛られることなく、自分に必要なものを取捨選択しながら、一歩一歩確実に歩みを進めていく。ノーコードという、自由な発想とともに。

ローソンストア100「台湾かすてらサンド」「クリームたっぷりプリン」など!1月新商品まとめ

2021/01/06 11:35
ローソンストア100各店で販売される1月の新商品をまとめてご紹介します。「台湾かすてらサンド」や、1月15日の「いちごの日」にあわせたパンなど。
1月6日発売・ 「映画 えんとつ町のプペル」コラボ えんとつ町のえんとつ風ロールケーキ
えんとつ町のキラキラとした世界観と、映画の中で印象的に登場するえんとつ町のえんとつをイメージしたロールケーキ。甘さの中に感じるほんのりとした塩味が特徴のチーズ味です。価格は108円(税込、以下同じ)。

台湾の露天風呂で気まずい体験

2021/01/06 07:15
とんでもない値引きをする中国の人気スーパー
 中国広東省に住む筆者の近所に、肉と野菜を中心に売るスーパーがある。入り口が狭く、奥に細長い。夕方すぎ...
12月09日

台湾と日本つなぐ酒を

2021/01/06 06:00
 台湾と日本をつなぐ酒を造りたい-。台湾出身で酒造技能士資格を持つ蔵人、陳韋仁さん(40)が、周南市飯島町の酒蔵、はつもみぢで台湾の米を使った日本酒造りに励んでいる。  陳さんは2008年に来日し、 ...