台北からすぐ お隣の新北市にあるおいしい夜市 〜好き…|これがトヨタ ヤリス の2021年モデル!? 日本と…|台湾の謝 35歳で初GS8強入り 全豪準々決勝で大坂…|他

台北からすぐ、お隣の新北市にあるおいしい夜市 〜好きなスポット〜【週末アジア:台湾編】

2021/02/14 17:31
連載「週末アジア」は、アジアに精通している女性たちが、おしゃれなショップやカフェ、おすすめスポット、旬のニュースなどをピックアップして、まだまだ知られていないアジアの魅力をお伝えしていきます。いますぐに旅立つことはできないけれど、また旅ができる日々を楽しみに。
好きなスポット紹介の5回目は、大好きな夜市です!
台湾にある夜市の中でもayacoが好きでよく行く夜市が4つあるんですが、
そのうちの1つ、台北市のお隣にある新北市の「南雅夜市(板橋夜市)」をご紹介します!
南雅夜市にはMRTの「府中」駅から歩いて行きます。
府中駅は台北市ではないとは言っても、台北駅から青の板南線に乗って14分ほどで到着してしまう便利な駅。
宿泊代も安いので、板橋や府中に拠点を置いても不便ではありません。
最寄りの夜市の入り口までは徒歩7分ほど。
そこからずらーっと、おいしいものの屋台が並んでいるのでテンションが上がります。
入り口付近に見えるのは果物の屋台。
スーパーなどで果物を買おうとすると、味見程度の量では済まなくていろいろ試すと無駄が出てしまいますが、
こういった屋台では、ちょっとずついろんな種類を試すことができちゃいます。
こちらの屋台、撮影した当時は「1袋35元(130円くらい)・3袋100元」という安さ……

これがトヨタ「ヤリス」の2021年モデル!? 日本とは違う台湾仕様が登場

2021/02/14 11:31
 ボディサイズは、日本仕様のヤリスが全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm、台湾仕様のヤリスは全長4145mm×全幅1730mm×全高1500mmと、全長・全幅はひと回り大きいサイズとなっています。
 台湾仕様のヤリスの外観のデザインも日本仕様とは異なり、中国で販売されている「レビン」のようなシャープなヘッドライトを備えたフロントマスクが特徴的です。
 新型となる2021年モデルでは、ヤリス・ヴィオスともにブラックピアノ仕上げのロアグリルに両サイドのエアインテーク、ブラック塗装のドアミラー、新形状のリアスポイラーを採用。全体的に若々しく、ダイナミックなスタイルに変更しています。
 さらにヤリスには新たに「ヤリスS」が設定され、ロアグリルやリアスポイラー、ドアミラーにレッドアクセントが施されるとともに、専用16インチアルミホイールや専用デザインの給油口が装備されるなど、スポーティなスタイルを実現しました。
 新型ヤリス・ヴィオスは安全装備も充実。これまで上級グレードに備わっていた7つのエアバッグシステムが、エントリーグレード「エレガント」を除く全車に標準装備されました。
 また、「プリクラッシュセーフティ(警報機能付き)」や「衝突軽減アシスト」「レーンディパーチャーアラート」といった機能を上級グレードに新たに追加していま……

台湾の謝、35歳で初GS8強入り 全豪準々決勝で大坂と激突

2021/02/14 11:28
【2月14日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2021)は14日、女子シングルス4回戦が行われ、台湾の謝淑薇(Su-Wei Hsieh、シェ・スーウェイ)が6-4、6-2で大会第19シードのマルケタ・ボンドロウソバ(Marketa Vondrousova、チェコ)を破り、準々決勝に駒を進めた。35歳で初の四大大会(グランドスラム)8強入りは、オープン化以降では最年長の記録となった。
 謝は無観客のマーガレット・コート・アリーナ(Margaret Court Arena)で第1セット序盤にブレークを奪うと、そのまま全く危なげなく14歳年下のボンドロウソバに圧勝。「観客がいないのは少し変な感じだったが、最高の勝利」と喜んだ。

台湾のグラフィックデザイナー、アーロン・ニエが「日本の選挙ポスター」を褒める理由(クーリエ・ジャポン)

2021/02/14 11:00
台湾のグラフィックデザイナー、アーロン・ニエが「日本の選挙ポスター」を褒める理由(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

日本プロ野球の実況・取材20年 : 台湾人アナウンサーが感じる優等生すぎる日本の野球中継

2021/02/14 08:54
全ては日本プロ野球の録画中継から始まった「日本プロ野球について、言いたいこと……」
友人が書いた本のタイトルを借りて、私と日本プロ野球の関わりについてお話したい。
社会人2年目の1996年、しかもラジオからテレビに転向したばかりで、スポーツ番組の経験もなかった私は、野球の実況アナウンサーに抜擢された。私のスポーツメディアでの20余年のキャリアは、日本プロ野球の中継から始まった。
台湾人が日本プロ野球に興味を持つきっかけとなったのは、「二郭一荘(にかくいっそう)」に代表される1980年代の台湾人選手の日本のプロ野球での活躍だ。二郭一荘とは、郭源治(かくげんじ/中日ドラゴンズ)、郭泰源(かくたいげん/西武ライオンズ)、荘勝雄(そうかつお/ロッテオリオンズ)の3人。ジャイアンツで「怪物」と称された呂明賜(ろめいし)も注目された。
台湾プロ野球でリーグ戦が始まったのが1990年、テレビで試合の生中継が見られるようになったのが96年のこと。二郭一荘が日本で活躍していた時代は、まだ、台湾にプロ野球が誕生していなかったのだ。
黎明期の台湾プロ野球は日本を手本にしていた。インターネットが普及していない時代のことだ。憧れの日本プロ野球を見るためには、NHKの衛星放送がたまに映るのを待つしかなかった。村上春樹は、日々の生活の中で感じるちょっとした、でも……

台湾の定番朝ごはん 栄養たっぷり「豆漿」いかが

2021/02/14 07:35
 台湾の豆乳「豆漿(ドウジャン)」。台湾の定番の朝食メニューの一つだ。日本の豆乳に近いものもあるが、酢やラー油、しょうゆなどを加えてしょっぱいスープのように食べたり、黒糖などで甘さを足して飲んだりすることもある。コロナ禍で海外旅行はかなわないが、専門店や手作りで国内にいながら手軽に本場の味が楽しめる。(橘川玲奈)
 豆漿は台湾式の豆乳。そのまま飲むものや、黒糖などで甘くした「甜(ティエン)豆漿」、スープのように味付けた「鹹(シェン)豆漿」など、味わいはさまざまで、冷たいものも温かいものもある。台湾の朝食では定番で、市街地には豆漿を出す屋台が並ぶ。
 東京・五反田の「東京豆漿生活」。平日に訪れると、午前9時の開店前から15人ほどが列を作っていた。おしゃれなカフェのような見た目だが、豆漿や「油条」と呼ばれる細長い揚げパン、総菜パンなど本格的な台湾の朝食を提供する人気の店だ。
 1番人気のメニューは豆乳をしょっぱく味付けた温かいスープの鹹豆漿(税抜き450円)。ごま油やラー油、酢、しょうゆなどで味付けをし、干しエビや干し大根が入っている。トッピングにはネギや小さく切った揚げパンも。豆乳は酢の酸でおぼろ豆腐のようにゆるく固まっている。お好みで、さらに揚げパンを浸して食べるのもよいという。
 食べてみると、豆乳の優しい味に、酢の酸味やラー油の辛さが……