新発売 2021年トレンドスイーツ 台湾カステラ …|ファーストキッチン 台湾メロンパン めぐり謝罪 …|ミスドの台湾式フルーツティー 台湾果茶 限定発売 本…|他

【新発売】2021年トレンドスイーツ「台湾カステラ」をお家で!

2021/04/30 22:50
「台湾カステラ」とは台湾発祥の名物ケーキで、現地では現烤蛋糕(シエンカオダンガオ)と呼ばれ、「蛋糕」は中国語でケーキを意味します。ポルトガルから長崎に伝わった日本のカステラは、全卵を泡立て砂糖やはちみつなどを加え焼き上げるのに対し、台湾カステラは、卵白だけをふんわり泡立ててメレンゲを作り、ふんわりとした食感に仕上げます。シフォンケーキよりもぷるぷる、ふわふわな新食感が味わえるカステラです。

ファーストキッチン、「台湾メロンパン」めぐり謝罪 「香港発祥」とSNSで批判の声(ねとらぼ)

2021/04/30 20:59
ファーストキッチン、「台湾メロンパン」めぐり謝罪 「香港発祥」とSNSで批判の声(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ミスドの台湾式フルーツティー「台湾果茶」限定発売、本格ジャスミンティーに様々なフルーツを合わせて

2021/04/30 19:20
ミスタードーナツの台湾式フルーツティー「台湾果茶」が、2021年4月30日(金)より全国のミスタードーナツ店舗で発売される。
ミスドの台湾式フルーツティー「台湾果茶」が2021年も発売「パッションフルーツジャスミン」テイクアウト 583円(税込)/イートイン 594円(税込)台湾で人気のティースタンド「HOPECHA」が監修する「台湾果茶」は、本場の味わいを気軽に楽しめる台湾式のフルーツティー。本格的なジャスミンティに様々なフルーツを組み合わせたドリンクで、飲む前に“カチャカチャ”とカップを振るのがポイント。こうすることで風味がまろやかになり、フルーツの甘みや酸味と共にジャスミンティー本来の旨みが味わえるという。
「ミックスベリージャスミン」テイクアウト 583円(税込)/イートイン 594円(税込)フレーバーは、台湾産パッションフルーツのナチュラルな果実感と独特な食感が特徴の「パッションフルーツジャスミン」、台湾産のパインとマンゴー、レモンでトロピカルな味わいに仕上げた「パインマンゴージャスミン」が新登場。2020年に発売され好評を得た「オレンジピンクグレープフルーツジャスミン」「ミックスベリージャスミン」を加えた全4種類で展開される。
商品情報ミスタードーナツ「台湾果茶」
販売期間:2021年4月30日(金)〜8月下旬
販売店舗……

台湾GDP、第1四半期は前年比8.16%増 2010年以来の大幅な伸び

2021/04/30 19:11
台湾GDP、第1四半期は前年比8.16%増 2010年以来の大幅な伸び  ロイター (Reuters Japan)

【台湾】三菱電機、コロナ低減の清浄機の販売強化(NNA)

2021/04/30 11:31
【台湾】三菱電機、コロナ低減の清浄機の販売強化(NNA) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

中国EC? ライブコマース? まだ早い! まず始めるなら「台湾越境EC」!『「台湾越境EC × YouTuberプロ…

2021/04/30 11:12
▼中国EC?ライブコマース?まだ早い!まず始めるなら「台湾越境EC」!『「台湾越境EC×YouTuberプロモーション」徹底解説セミナー』(https://www.digima-japan.com/seminar/salon_2021_05_25/)
「Digima〜出島〜」では、これまで海外進出の相談を22,000件以上受けてきました。その中で見えてきたこと、それは『海外ビジネスの成功に必要なのは優良な「情報」と「ネットワーク」である』ということです。「海外ビジネスサロン」では、海外ビジネスの専門家や進出成功企業による「海外ビジネスの生の情報」に触れ、学び、そして繋がれる機会を提供いたします。
今回のテーマは、《台湾越境EC》です。近年、急速に注目を集める「越境EC」ですが、その市場規模から中国マーケットへの関心がとりわけ高いようです。しかし、実は日本企業の越境ECでの売上は「台湾」がNo.1であるという調査結果があります(大和総研調べ)。
何故、ライブコマースといった先進的な取り組みが多い中国ではなく、市場規模もそれほど大きくない「台湾」なのか?
その答えを台湾越境ECの専門家であるDmst合同会社の長岡氏に徹底解説いただきます。また、YouTuberを活用した効果的なプロモーション方法や、売れる商品とは何かといった実践的な内容も盛り……

台湾でプレーした日本人選手たちを振り返る(阿佐智)

2021/04/30 07:25
台湾でプレーした日本人選手たちを振り返る(阿佐智) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

中国の半導体企業が台湾当局から摘発 人材の引き抜きに警戒

2021/04/30 04:19
摘発されたのは中国の北京に本社がある半導体企業です。
捜査当局によりますと、台湾では中国の法人や個人が当局の許可なく台湾で事務所などの拠点を設立することは法律で禁じられていますが、この企業は当局の許可なく研究開発センターを設けていた疑いが持たれています。
また、この企業は台湾企業より高い報酬を約束するなどして技術者ら数十人を引き抜き、先進的な技術を取得していた疑いもあるということです。
捜査当局はこれまでに研究開発センターなど関係先4か所を捜索し、捜査を進めています。
台湾では最近、中国企業による半導体関連の人材の引き抜きが相次いでいて、台湾当局は先進的な技術の流失のリスクが高まっているとして警戒を強めています。