台湾の小学校で大量のミミズ発生 専門家 地震とは関係…|台湾夜市 久屋広場に登場 屋台や雑貨|台湾陶磁器のルーツは砥部焼 戦前に輸出・技術導入|他

台湾の小学校で大量のミミズ発生、専門家「地震とは関係ない」

2021/11/07 21:30
2021年11月5日、海外網は、台湾の小学校のグラウンドに突然大量のミミズが出現し、「地震が来るのではないか」とネット上が騒然としたことを報じた。
記事は、台湾台東県の豊里小学校のグラウンドで4日に大量のミミズが出現し、トラック場をうごめく異様な光景が見られたと紹介。同小学校の教員がその様子を撮影した写真や動画がSNS上で拡散すると、ネットユーザーから「この現象はとてもまれであり、地震と関係があるのかもしれない」とのコメントが続々と寄せられたと伝えた。
また、この教員の話として「当時、トラック上はミミズでいっぱいだった。ミミズたちは芝生に戻ろうとしていたものの土の中に潜ろうとはせず、最終的にトラックの上で太陽にさらされて干からびていくのを見るほかなかった」と紹介している。
その上で、台湾・中央社が5日にこの件を報じた際に「地面を這うミミズの数量と地震との関連性は明らかではなく、ミミズの大量発生と今後25日以内に発生する有感地震との関係はない。ミミズが出てくる数は地面の温度、湿度、日照時間数と大いに関係している。今回の大量発生は、ミミズの特殊な習性によるものだ」とし、地震とは関係がないと説明したことを伝えた。
さらに、台湾の農業専門家が「ミミズは通常土の中で腐植質を食べているが、土壌の温度、湿度、二酸化硫黄、二酸化炭素の変化によって騒動を起……

台湾夜市、久屋広場に登場 屋台や雑貨

2021/11/07 10:42
 台湾の魅力を発信する「台湾・台中夜市二〇二一」が、名古屋市中区栄三の久屋大通公園エディオン久屋広場で開かれている。市や日台交流サロンで組織する実行委員会主催。最終日の七日は午後八時まで。入場無料。...

台湾陶磁器のルーツは砥部焼 戦前に輸出・技術導入

2021/11/07 10:00
日章旗がデザインされた砥部焼の皿日本統治で近代化した台湾台湾は日清戦争後の下関条約(明治28年)により、清国から日本に割譲された。日本統治は昭和20年の敗戦までの約50年間。明治31年、第4代台湾総督に就任した児玉源太郎が民生部門のトップとして起用した後藤新平の手腕で急速な近代化を成し遂げた。道路や鉄道、港湾、上下水道、電気、通信といった公共インフラが整備され、教育面も飛躍的に向上していった。
梅野商会の台湾への販路拡大はちょうどこの時代。砥部むかしのくらし館を訪れた砥部町の岡田洋志副町長は「台湾の人たちの生活レベルが上がるところで、イヨボウルが登場している。ごはんを食べる文化が広まっていたのではないか。磁器は雑菌がつきにくい。衛生面でも適している」と話した。

台湾現地コーディネーターが溺愛する とっておき絶景スポット&グルメ(CREA WEB)

2021/11/07 08:09
台湾現地コーディネーターが溺愛する とっておき絶景スポット&グルメ(CREA WEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース