生きぼくろ と 死にぼくろ とは ほくろ占い|歴代総理の胆力 佐藤栄作 (4)孤独な総理のトランプ…|2020年2月6日のハワイアンカード占い

「生きぼくろ」と「死にぼくろ」とは【ほくろ占い】

2020/02/06 11:10
人相学では、昔から「ほくろ」は、その人の人生や性格などに大きな影響を与えるものとして考えられてきました。あなたや周囲の人、好きな相手の「ほくろ」はどこにありますか?普段あまり意識していない「ほくろ」にもさまざまな意味があります。ここでは「ほくろ」の人相学的な意味を、簡単にお伝えしていきましょう。■人相学におけるほくろとは人相学では、ほくろはその人の存在証明であり、その人の一部であり、大きな意味があるとされています。ほくろは、基本的には良い意味でも悪い意味でも、エネルギーが過剰になっているために現れてくると考えられています。そのため、どのようなほくろがどこにあるかで、さまざまな運勢を占うことができますし、その人の長所や短所などの性格などを読み取ることができるのです。ほくろ占いはかなり古い時代から研究され続けてきました。本当に当たる? ほくろ占いとはほくろ占いのルーツは古代中国です。外見から運命を読み取ろうとする人相学が発展していく中、ほくろにも注目されてきました。今から2000年ほど前の秦の時代には、『神相全編』という本の中に、ほくろ占いも人相占いのひとつとして記されていたそうです。王朝の未来を占い、主君にふさわしい臣下を選び、厄災を予知して避け、天命を知る。そうした目的として、ほくろ占いは発展してきました。その歴史の重みを考えると、ほくろ占いは信ぴょう性が高く当……

歴代総理の胆力「佐藤栄作」(4)孤独な総理のトランプ占い

2020/02/06 10:00
 佐藤退陣後、熾烈な総裁選を経、田中角栄が福田赳夫を破って後継の政権となった。
 総理の重責から解放された佐藤は、妻・寛子のさしがね、服飾デザイナーの森英恵のアドバイスもあって、当時、流行の長髪にイメージ・チェンジをするなど、政権時とは打って変わった“自由人”となっていた。
 一方で写経にも熱心で、災害などで犠牲者が多く出たときの供養なども含め、奈良・薬師寺に納めた分だけで約300巻に達していたのだった。
 その佐藤が倒れたのは、ノーベル平和賞を受賞して約半年の政権の座を降りてわずか3年足らずであった。昭和50(1975)年5月19日、場所は東京・築地の料亭「新喜楽」。政財界人が、佐藤を囲んで懇談する「長栄会」の場であった。当時の出席者の一人によれば、倒れたときの様子は次のようであった。
「佐藤さんのそばに(当時、三木武夫内閣副総理兼経企庁長官の)福田赳夫さんがいてね。佐藤さんは、福田さんに、こう言っていた。『君、核防条約は頼むよ。なにしろ、オレはノーベル平和賞だからね』と冗談めかしに言ったあと、トイレに立とうとした。その瞬間、ひっくり返った。何度か一人で立ちあがろうとしていたが‥‥」
 結局、脳内出血による意識不明がそれから16日間続いたあと、6月3日に臨終を迎えた。
 筆者は、佐藤が亡くなって5、6年経った頃、寛子夫人に佐……

2020年2月6日のハワイアンカード占い

2020/02/06 07:03
アロハ!
毎日更新中のハワイアンカード占い、今週を担当させていただくハワイアンカードスクールのMIKAです。
ハワイのマナとアロハは、循環します。
人と人はもちろん、同じ地球に生まれた大自然や動物、ご先祖様たちと、アロハを交換しながら、マナを生み出し、この地球をみんなで育んでいます。
ハワイアンカードから受け取ったアロハなメッセージで、マナあふれるあなたの1日を応援します!!
今日も読んでくださってありがとうございます。
カードのメッセージ 
今日のカードは「ホク」です。
空に浮かぶ星のことです。
このカードからの今日のメッセージは「先人たちの知恵を受け取って!」です。
人は死んだら星になる、日本人の私たちも、そんな話を聞いたことがありますよね。
先祖は星からカヌーに乗ってハワイにやってきた、と古代ハワイアンは考えていたそうですよ。
そして、また帰る場所なのだと。
実際に私たちが見ている星の光は、地球にたどり着くまで時間がかかっていて、今見ている星の光は、実は何年も前の星の光。
星によっては何万年も前の光だといいます。
星を眺める時間は、過去につながる時間。
星の光が、ご先祖様につながる道だというのも納得です。
さあ、今日は先人たちのメッセージに耳を傾けましょう……