真夜中の占いの館 未来は与えらるのではなく 作る…|石井ゆかり 公式ブログ|12星座占い 哲学派占い師SUGARさんが占う 獅…|他

【真夜中の占いの館】「未来は与えらるのではなく、作るもの」──ハルヒデさんとマダム Xの占い談義。

2020/05/19 23:00
H:なるほど、それならわかる気がします。僕の好きなユングの著書『変容の象徴』ともどこかで響き合いますね。実は学生時代から独学で占星術を勉強してきたので、こういうことを話せる知り合いがほとんどいないんですよ。スピリチュアルに偏らずにマダムと話ができて面白かったです。
X:こちらこそ深いお話が聞けました。また遊びにいらしてくださいね。
【ハルヒデさんにまつわるキーワード】
注釈1:澁澤龍彦(1928年-1987年) 小説家、フランス文学者、評論家。多くのフランス文学の翻訳を手がけ、エロティシズムやサディズム、魔術や幻想美術の世界を日本に紹介。没後30年以上が経った今でも、その秘教的な世界観で読者を魅了し続けている。
注釈2:心理占星術 主にC.G.ユングによる心理学的な概念を取り入れた占星術のことで、バビロニア、エジプトを起源とする伝統占星術に19世紀末以降の新しい知見を加味している。

石井ゆかり 公式ブログ

2020/05/19 21:00
☆☆
大ボリュームの占いコンテンツが読める『石井ゆかりの星読み』もよろしく!
☆☆
20日の星占いです。
****
月は11時過ぎに牡羊座から牡牛座に移動する。
山羊座二星とのスクエアから、土星とのスクエアへバタバタッとかかっていく。
夜10時過ぎ、太陽は牡牛座から双子座へ移動。小満。
リレーのバトンを渡すテクニック、みたいな雰囲気。
休み時間に子供達がバタバタ廊下を駆けて移動していくような。
海王星と金星のスクエアは引き続き、美しい詩のよう。
今日は「午前」→「午後」でやろう
牡羊座は「行動、達成」→「鉛筆持ってプランニング」。
牡牛座は「準備完了」→「行動開始」。
双子座はお誕生月の始まり、おめでとうございます!
「おおらかな希望」→「ちょっと細かいチェック」。
蟹座は「ガッツポーズ」→「リラックス、先の展望」。
獅子座は「大胆な調整」→「確実なステップ」。
乙女座は「お得なオマケ」→「品質向上のアイデア」。
天秤座は「丁々発止」→「本音でしっとり」。
蠍座は「あれこれ指南」→「練習試合」。
射手座は「目一杯楽しい」→「きりっと実務的」。
山羊座は「みんなで分ける」→「好きなものだけ選ぶ」。
水瓶座は「いくつか試してみる」……

【12星座占い】哲学派占い師SUGARさんが占う、獅子座の運勢は?<5/17~5/30>(集英社ハピプラニュース)

2020/05/19 18:28
例えば信頼を前提に交渉が行われていく外交の世界において「believe」という言葉の位置は非常に重く、首相や大統領に信念を問う時などに使われ、当然それを軽く使えば相応の批判が向けられます(皮肉にも日本の政治家においては日常的によく見られる光景)。
これは日本語では「信じる」という言葉にあたりますが、『常用字解』によれば「人と、言を組み合わせた形。言は口(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)の上に、刑罰として加える入れ墨用の大きな針を置いて神に誓いをたてることばをいう。神に誓いをたてた上で、人との間に約束したことを信という」とあり、信という言葉の重さは神への誓いに由来しているのだと述べられています。
つまり、信とはこちらの勝手な期待を投げかけるような「当てにする」とは決定的に異なっており、思い通りにいかず、裏切られたとしても、それを当たり前のごとく受け入れていくのでなければ本来の意味での「信じる」とは言えないのです。
『常用字解』では、先の言葉にさらに「それで「まこと、まことにする」の意となる。また「しるし」の意味に用い」と続けていますが、それは並大抵のことではないでしょう。
おそらく、自分が立ち得るもっとも低い場所に立ち、嘘いつわりのない器となって、啓示に開かれるのでなければ、本来は使えない言葉なのかも知れません。
それでも誰か……

ARTIDA OUDがSONOMAREN監修による占いコンテンツ「Lunar Phase Horoscope」をスタート

2020/05/19 18:00
https://www.artidaoud.com/horoscope
SONOMAREN ProfileSONOMAREN
ルナハーバルセラピスト,月美容家,占い師
料理の仕事に携わる両親の影響で食の重要性などに関心を持ち育つ。
体質改善や美容目的で始めた中国茶、ハーブ、アロマなどを学んでいく中で、毎日口にしているものがその人の体だけではなく、性格やメンタル的な部分にまで影響を及ぼしているのではないかと考えるようになる。いつか心も体も豊かで美しく元気になるようなお茶や食の提案をしていきたいという思いから、占いと組合せたオリジナルのセラピーや、月の満ち欠けに合わせた美容法やお茶等の提案なども行う。
2014年〜 会社員をしながらマイペースに様々な占術を学ぶ。
イベント鑑定や、ご紹介での無償鑑定の期間を経て、2019年から本格的に対面鑑定を始める。
HP : https://sonomaren.com
Lunar Phase
月は29.5 日をかけて、黄道12 星座を一周しながら、新月~満月の月の満ち欠けサイクルを繰り返します。私たちの心の無意識部分に働きかける月。そして、月の引力が健康状態にも何らかの影響を与えるのではないかと古くから言われています。月のリズムに合わせて心地よく過ごし、幸せ引き寄せ体質をつ……

あの大ヒットドラマは“空亡ブレイク”だった! 中園ミホに聞く、低迷期の過ごし方

2020/05/19 17:11
「自分に都合良く」占いとの付き合い方——28歳で脚本家デビューする前は占い師だったそうですね。脚本家になってからもドラマの出演者の運気を占ったり、スタッフとの相性をチェックしたりと自分のために占っているということですが、今回占いをテーマにしたど直球の『占いで強運をつかむ』を執筆された経緯を教えてください。
中園ミホさん(以下、中園):本にも「お金持ちから財布をもらうと金運がアップする」と書いたのですが、林真理子さんとマガジンハウスの方と一緒にいる時に「私はいつも他人の財布を観察している。誰よりも財布を見ている」という話をしたら「占いの本を出したら?」と勧められたんです。その時は連続ドラマの仕事も入っていてバタバタしていたんですが、正式にマガジンハウスの担当者からお声掛けいただいて執筆することになりました。
一口に「占い」と言ってもいろいろで恐ろしい占いもあるじゃないですか。脅したり、自信をうばったりして暗い気持ちにさせるような占いなら、なくてもいいとさえ思っています。あくまで占いは、幸せになるために使って欲しいのです。
私もさんざん占いに振り回されてきたというのもあって、もうちょっとゆるく暮らしの中に取り入れてうまく使えばいいのにとずっと思っていたんです。自分自身が占い師ではありますが、占いは盲信するものではないと考えています。
占いによ……