誕生日占い 運命の人は誰?相性のいい誕生日の特徴!…|石井ゆかり 公式ブログ|4/20(火)太陽が牡牛座へ~個々の豊かさ : 鏡リ…|他

【誕生日占い】運命の人は誰?相性のいい誕生日の特徴!<17~20日生まれ編>

2021/04/19 21:45
あなたのお誕生日から、相性のいい人が生まれた日を探ってみましょう。
ここでは、17日から20日生まれの方々にとっていい相性の人をお教えします。
いろいろな相性がありますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。
17日生まれ
ナチュラルな魅力にあふれたあなた。
13日生まれの人の生き方にとても共鳴するようです。
心の底からの優しさを感じて、ずっと一緒にいても飽きないでしょう。
また3日生まれ人の明るさに、あなたは助けられるかもしれません。
いつでも前を向いて前進する姿に刺激を受け、さらに成長するようです。
お互いに自然に接することができるので、言葉がなくとも理解し合えるでしょう。
18日生まれ
神秘的で大人っぽいところがあるあなた。
1日生まれのパワフルさに魅力を感じるでしょう。
相手もあなたの奥ゆかしいムードに惹かれ、お互いに少しずつ惹かれ合うはず。
一緒にいるとフォローし合える関係になります。
一方で完璧主義者の21日生まれの人は、あなたにとって頼もしい存在。
調和のとれた優しさをもつ人なので、あなたをフォローしてくれるでしょう。
19日生まれ
楽観的でバランスの良さが光るあなた。
6日生まれの人も同じようなバランス型です。
お互いに人格者なの……

石井ゆかり 公式ブログ

2021/04/19 21:00
☆☆
もっとちゃんとした毎日の星占いが読める、『石井ゆかりの星読み』もよろしく!
https://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?&cpno=1900835618
「今日の占い」は、毎朝7時にLINEで無料配信しております!
https://line.me/R/ti/p/@ishiiyukari
☆☆
20日の星占いです。
****
太陽は早朝、牡羊座から牡牛座に移動する。
牡牛座に4星、牡牛座祭り。
月は昼間蟹座で、15時過ぎに獅子座に移動する。不動宮に7星の不動宮祭りでもある。
どっしり、どっさり。動かんぞ、の重み。
牡羊座はスッキリさっぱり感があるかも。「抜けだした!」「楽しむぞ!」的な感じも。
牡牛座はお誕生月の始まり、おめでとうございます! 新しいことをどんどん始めたくなりそう。「よく考えたら、今って結構な転機だな」的な自覚が生まれる人も。
双子座は「これはじっくり考えてみないとな」的なテーマが幾つか浮上するかも。
蟹座は昼過ぎまでにすべて新しい手を打ち尽くして、昼下がりからどんと腹が据わるかも。
獅子座はどんどんフレッシュな気合いが入りそう。目標がはっきりして、新しい手を打てる。
乙女座はアイデアがポンポン出てくるかも。大……

4/20(火)太陽が牡牛座へ~個々の豊かさ : 鏡リュウジ 公式ブログ

2021/04/19 18:00
長らく滞在中の天王星に加え、水星、金星も入った牡牛座に、明日いよいよ太陽が入ります。もともと「所有」を表す牡牛座ですが、大地の豊饒さも象徴。動物が歩き、草花が咲く大地の下には、地球の内部で熱せら...

【今週の12星座タロット占い】2021年4月19日〜4月25日

2021/04/19 14:25
あなたは占いって信じる? それとも信じない? 占いをチェックする人々が「一番見ている」のはこれだっ!
2016/02/11 (木) 12:00 星座占いや誕生日占い、手相占いなどなど、占いっていろんな種類があります。いい内容だったらうれしいけれど、不吉な内容だったりなんかしたら……う、うん。まあ占いだし!って、信じたくないけど……やっぱり気に...

【4/19〜4/25の運勢】4月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

2021/04/19 12:02
頭打ち状態にどう臨む?
今週のさそり座は、光の当たらない闇の側に立って動いていこうとするような星回り。
昔話「食わず女房」に登場するのは、人には何もくれたくない欲たがりの男。彼は飯を食わずによく働くという女と出会い、女房にします。ただ米が異常に減ることを不思議に思った男が女房をのぞいてみると、大食いの鬼女に変化したのです。男が離縁を告げると、今度は女房が男を食おうとして、男は命からがら逃げだす、というのが主なあらすじ。
文芸評論家の馬場あき子は『鬼の研究』のなかで、「おそらくは人との交わりを求めて飯を食わぬという過酷な条件に堪えて」山姥があえて異類である人間の男に嫁いできたことに着目。「頭頂に口があったという荒唐無稽な発想は、民話的ニュアンスのなかで、山母が常人との交わりの叶わぬ世界の人であることを匂わせたものであろう。むしろ山母が常人との交わりを求めるために果たした努力のあとが語られていて哀れである」と述べていました。
つまり「食わず女房」は最初から男を喰らうことを狙っていたのではなく、男が自分の正体に気づいたときに、初めて男を食べる対象に変換させたのであり、それは身勝手な要求を突きつける人間を相対化する絶対的な他者としての、自然の象徴だったのでは。あなたも、誰か何かを通して無理や無茶と真っ向からぶつかりあっていくことになるでしょう。