占い師専門プロダクション LuckOut 専属占い師…|B型は激しく乱調…! 御瀧政子の10月11日〜10月…|10月8日・今日の運勢 12星座占いランキング(総…|他

占い師専門プロダクション「LuckOut」専属占い師のお知らせ

2021/10/08 11:12
LuckOut専属占い師
■所属占い師のご紹介
暮れの酉(くれのとり)
暮れの酉(くれのとり)
大阪ミナミの老舗占い館で18年間No.1の座に君臨。朝からできる長蛇の列で彼の出演日がわかるという。人気の秘訣はとにかく当たると評判の鑑定技術と柔和な鑑定スタイル。古今東西の占術を古典から深く学び、練り上げた占法は8万人の鑑定で鍛えられ、独自の占術へと進化、包み込むような会話術は訪れるすべての人に心を開かせ、寄り添いながらカタルシスへと導く。2021年、満を持してメディアデビュー。ブレイク必至、注目の占術家。
占術:鳳凰数術(ほうおうすうじゅつ)

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC6u5xwcPP08LrNw87wUG99A
MBSラジオ「酉と鰻とうらナイト」:https://twitter.com/toriunagi1179
占いコンテンツ「大阪ミナミの帝王◆暮れの酉」https://honkaku-uranai.jp/cp_ccs/cc_kurenotori/
叶ここ(かのうここ)
叶ここ(かのうここ)
スペイン人魔術師の祖父、フィリピン人祈祷師の祖母を持つ、魔女占い師。自然の力を生かすナチュラルマジックを得意とし、人生を豊かに生きるための方……

B型は激しく乱調…! 御瀧政子の10月11日〜10月17日血液型占い

2021/10/08 08:08
2021年10月11日〜10月17日の運勢【#anan血液型占い】
心理研究家、スピリチュアルクリエイターの御瀧政子先生による血液型占い。あなたの2021年10月11日〜10月17日の運勢は? ズバリ、診断します。
【2021年10月11日〜10月17日】血液型ごとの運勢プチまとめA型 総合運上下のある運気、普段以上に慎重に
浮き沈みが大きそうです。何事も強気に進むより、現状維持を心がけながらゆっくり動いたほうが順調。仕事運はやや乱調。落ち着いてひとつずつ対処すれば解決は難しくないはず。金運は自重運。健康運は上下がありそう。美容運は、胃腸の不調がスキンコンディションにでやすいので、しっかりケアすること。
B型 総合運上下の激しい運気、リラックスが大切
乱調な週です。焦らないようスケジュールに余裕をもたせると◎。仕事運は、上下が激しそう。少し難しい局面もでてくる暗示ですが、あなたらしい柔軟な発想力を忘れなければクリアできるはず。金運は週末は好調ですがそれまでは自重運。健康運は忙しく疲れやすい暗示。美容運は、基礎のお手入れが適切なら順調でしょう。
O型 総合運素早いフォローが順調の秘訣
おおむね良好な運気。つまずきがないわけではなさそうですが、フォローが素早ければ解決も早いでしょう。仕事運は、週明けの心構えにかかっていそう。……

【10月8日・今日の運勢】12星座占いランキング(総合運・恋愛運・金運・仕事運・健康運) (1)

2021/10/08 06:23
やぎ座(山羊): 12月22日~1月19日総合運: ☆☆☆☆
運気の追い風が吹いてきて、何事にも堂々と取り組めそうです。苦手なこともうまく進んで、自信アップする可能性大。「こうしてみよう」と思いついたら、早速行動を起こしてみて。誰かに相談するよりも、自分のひらめきを信じましょう。
恋愛運: ☆☆☆
恋か友情か、となれば、友情を優先したくなる日。そして、その気持ちに素直に従うことで、結果的には恋もうまくいく運気です。また、「友達のために何かをしたい」という気持ちがあるのなら、恋の相手に相談してみるのも〇。
金運: ☆☆☆
「どうして今まで、思いつかなかったんだろう? 」と、不思議に思うようなアイデアが湧きそうな金運です。友達との雑談が、そのきっかけかも。細かいことを考え過ぎず、思いついたことを実践してみて。さらにいい考えが浮かぶ可能性大!
仕事運: ☆☆☆☆
これまでとはまるで違うアイデアが浮かんで、嬉しくなりそう! ただ、急いで実行する必要はナシ。それよりも、その考えをさらに練ってみてください。周りの人に話してみると、さらに新しい視点を与えてもらえるでしょう。
健康運: ☆☆☆☆
今日は何事にも意欲的に取り組め、気分良く1日を過ごせるでしょう。また、爽やかな印象が周囲を明るくするでしょう。やる気がなくなって中……

【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2022を発売へ : おばてぃ 公式ブログ

2021/10/08 01:56
ゲッターズ飯田さん、しいたけ.さん、星ひとみさん、中園ミホさん……有名占い師さんが続々と2021年の運勢を発表していますね2021年は「風の時代」へ占いでは、2021年は「風の時代」になり、リモートワークが増加し、キャッシュレス化が進んでいくなど、モノからコトを重視す

【東洋二十四節気 星占い10月8日~】「寒露」の時期の運勢

2021/10/08 00:09
*   *   *
中秋の名月の次は、10月18日の「後の月」を楽しんで初候10月8日~12日 鴻雁来る(こうがん きたる)
次候 10月13日~17日 菊花開く(きくのはな ひらく)
末候 10月18日~22日年 蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)
太陽が天秤座15度に進む、これを東洋二十四節気では『寒露』と称します。
東洋暦では10月8日からが「戌」の月で、今年は「戊戌」 という干支となります。
寒露とは草花に降りた露が寒さに凍てつきそうになる状態を表し、江戸時代に編まれた暦便覧には、「陰寒の気にあって露結び凝らんとすれば也」と記されています。
寒さが増してきて、朝夕には草花が露にたわむようになりました。
まさに晩秋の気配が漂ってくる頃。
秋分の少し前、9月21日が中秋の名月=十五夜でしたが、それに次ぐとも勝るともと言われる「後の月(のちのつき)」=十三夜が10月18日です。
十五夜は満月ですが、こちらは真円になる2日前の月、即ち13番目の月ですから十三夜と称するものであります。
「中秋の名月」を眺める風習は中国から伝わったものといわれておりますが、もともとは旧暦の8月15日でありました。それが日本では旧暦の9月になったのは、その期間の日本は台風の時期に重なり、なかなか月見が難しかったために……