シーズー犬がロボット掃除機に吸い込まれる騒動 警察官…|犬になりたいしゃべる猫のコメディ読切がポラリスに L…|極寒の路上で保護された犬 5匹の子猫を守っていた|他

シーズー犬がロボット掃除機に吸い込まれる騒動 警察官が救助

2019/11/28 21:00
写真拡大
掃除の手間が省けるとして人気のロボット掃除機だが、ペットの糞を引きずったまま家中を掃除してしまうなどまれに問題を起こすことがある。このほどアメリカで、ロボット掃除機にまるで尻尾を噛まれたかのように吸い込まれてしまった犬がいた。『New York Post』『KSDK.com』などが伝えている。
米ミズーリ州ボールウィンに住むメーガン・デュナバントさん(Megan Dunavant、34)は今月22日の昼下がり、生まれたばかりの赤ちゃんの世話をしながらロボット掃除機を稼働させていた。メーガンさんが所有しているロボット掃除機は「bObsweep」社製の商品名“ボブ”というペットの毛を綺麗に吸い取ることに特化したものだった。
メーガンさんは“ストンウォール”という名の雌のシーズー犬を飼っていることから、ボブはとても重宝していたようだ。しかしこの日のボブは部屋中を綺麗にしている際にストンウォールのそばまでやって来て、そのままフサフサした尻尾を吸い始めてしまったのだ。
驚いたストンウォールは床を転がりながらボブに抵抗した。しかし体重6.5キロほどしかないストンウォールはなかなかボブ……

犬になりたいしゃべる猫のコメディ読切がポラリスに、LINEスタンプも発売

2019/11/28 15:51
沖たばかりによる読み切り「とらちよが行く!」が、本日11月28日にCOMICポラリスで公開された。
「とらちよが行く!」は人間の言葉を話し、とある理由から「犬になりたい」と願う猫・とらちよを主人公にしたコメディ。インターネットで買い物をしてみたり、偶然仲良くなった大学生の兄妹と遊んでみたりと、人間のような生活をするとらちよのゆるい日常が描かれる。なお読み切り掲載に合わせ、同作のLINEスタンプも発売された。

極寒の路上で保護された犬、5匹の子猫を守っていた

2019/11/28 15:11
写真拡大
2週間ほど前、カナダのオンタリオ州チャタム・ケントの道路脇で動物保護団体「Pet and Wildlife Rescue」が一匹の野良犬を保護した。極寒の中で震える犬を抱き上げてみると、彼女はお腹の下に5匹の子猫をかくまっていたという。
保護施設の新しい住民となったこの心優しい犬はセレニティと名付けられた。もちろん、彼女に命を救われた子猫も共に保護され、早々に里親のもとへ引き取られていった。
セレニティにも里親を希望する家庭からの問い合わせが殺到しているようだ。「Pet and Wildlife Rescue」はFacebookで、希望者に向けたセレニティについての説明を、彼女の“自己紹介”という体裁で投稿している。
「こんなにたくさんの人が、あんまりよく知らない私の里親の申し出をしてくれるなんてビックリ! 私がかわいいというのは間違いないけれど、最適なお家を見つけられるように、私自身についてお話ししますね。 私は言うまでもなく猫が好きなので、猫がいるお家に行くのは問題ありません。2歳くらいなので、幼児並みの元気があります。外で走り回るのが大好きです。でも、ちょっとはしゃ……

可愛い犬の粘土細工、後ろから見ると“謎の生物”に!? ツイッターで注目集める

2019/11/28 14:40
前から見ると、ただの可愛い小型犬。それを後ろから見ると、“謎の生物”に!? まさかの発想が面白い、斜め上のアイデアで作られた粘土細工が話題になっていました。
ゲームのチュートリアルとかに出てきそうなイッヌを作ってみました。 pic.twitter.com/kXclnYstQj
— めーちっさい (@meetissai) November 25, 2019 一見、首まわりの毛並みが可愛い小型犬
後ろから見たら…??
なんということでしょう。前から見ると、首回りのモコモコな毛並みと、か細い手足が特徴の小型犬がぺたりと座り込んでいるように見えます。後ろに回って見ると…毛だと思っていたものは胴体で、”二足”で立つ謎の生物でした。錯視を利用した、思わずウウムと唸ってしまうアイデアです。
この人形を作ったのは、めーちっさいさん(@meetissai)。人形の元にしたのは、ほちポッポーさん(@HOCHIPONG)提供のワンちゃん写真だそうです。めーちっさいさんは、犬や猫を題材に不思議な造形の粘土細工をツイッターで発表しています。
【関連記事】「えっ! 姿勢良すぎ…」猫背とは無縁の猫を捉えた写真、ツイッターで大人気
お話を聞いたところ、作成期間は3日ほど。材料は、石粉を薬品で粘土状に加工した「石粉粘土」と、接合材の「エポキシパテ」とのこ……

1万8000年前のイヌ科動物の子ども、シベリアの永久凍土で発見 イヌかオオカミかで謎呼ぶ

2019/11/28 14:00
(CNN)シベリアで見つかった1万8000年前のイヌ科の動物の死骸について、イヌなのかオオカミなのかが科学的な分析を行っても現時点で判別できず、研究者らの間で驚きや当惑が広がっている。
この幼いイヌ科の動物の死骸は、ロシアの研究者がシベリア東部ヤクーツク近くの永久凍土層で発見した。鼻や体毛、歯などは生きていた時の状態をほぼ完全に保っている。
スウェーデンにある古遺伝学センターの専門家が放射性炭素年代測定法で肋骨(ろっこつ)を調べたところ、死骸は1万8000年の間凍土の中にいたことが判明。ただDNA分析を複数回にわたり行っても、これまでのところこの個体がイヌなのかオオカミなのかはわかっていないという。
同センターの研究者、デービッド・スタントン氏は「通常、イヌとオオカミの違いは比較的簡単に見分けられる」「それができないということは、両方の祖先にあたる種である可能性を示しているのかもしれない」と指摘した。そのうえで、個体がイヌなのかオオカミなのか、あるいはそれらの中間の種なのかは、それぞれの進化の過程や、イヌが人間に飼いならされる時期の研究にも関連して大変興味深い研究テーマだと語った。

原チャリ伊勢ナンバープレート 「おかげ犬」を採用 伊勢工生デザイン 年明けから登場 /三重

2019/11/28 13:43
 来年1月から伊勢市内で登録される原付きバイクのご当地ナンバープレートのデザインを決定する“原チャリ伊勢ナンバー総選挙”は、トップ得票を獲得した伊勢工業高の「想(おも)いを運ぶおかげ参り犬」が採用された。サクラの花びらが舞い散る伊勢湾と、おかげ犬のデザインのプレートの原付きバイクが、年明けから市内や周辺でお目見えする。
 総選挙に参加したのは市内7高校の生徒たち。市のホームページと市役所で8月に投票を受け付けた。総投票…

ロボット警察犬、誕生。Boston DynamicsのSpotが就職してた

2019/11/28 12:00
ロボットに聞き込みとかされる日も近い。
Boston Dynamicsの犬型ロボット「Spot」は、建設現場で作業したり大型トラックを引っ張ったりといった実験を経て、最近では普通に買えるようにまでなっています。なので今はどんな現場に出ててもおかしくはないんですが、じつは米国の警察ですでにトライアル中であることが発覚しました。
すでに2事件で出動アメリカ自由人権協会(ACLU)のマサチューセッツ州支部が入手した資料などによると、米マサチューセッツ州警察(以下MSP)は遅くても2019年4月以前からSpotの実用実験を開始しており、すでにふたつの「事件」での出動実績があるそうです。どんな事件だったのかは不明で、またSpotを人間がコントロールしていたのか、それともある程度自律稼働していたのかもわかりません。ただSpotの法人向けリースが正式に始まったのは2019年10月なので、それより若干早く開始していたのはたしかです。米GizmodoはMSPにメールで質問しましたが、まだ回答はありません。
この件を最初に伝えたボストンの公共ラジオ局・WBURによると、ACLUが入手した資料の中にはメールや契約書があり、その内容からは警察がロボットをどう活用していくかの将来像がうかがえます。MSPのRobert G. Schumaker氏は資料の中で、ロボットは「……