犬がキツネの穴に 数日間地下をさまよう|成功も失敗もあるそれが犬生 ソファに乗りたかったコー…|2匹の小型犬がのびのび暮らせるインナーテラスのある家|他

成功も失敗もあるそれが犬生。ソファに乗りたかったコーギーの見せたドラマチックな表情

2019/11/30 21:36
 コーギーの毎瞬毎秒一生懸命なその姿にしびれるあこがれる~!ってことで、トフィーさんの充実した犬生を覗くためにもInstagramは要チェックだよ。
written by kokarimushi
※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285155.html
 こちらもオススメ!―動物・鳥類についての記事―
イギリスのスーパーで不買運動が勃発、その理由は猫!?なぜ落ちない?キャットタワーで絶妙のバランスで眠る猫カラス先輩もタジタジ、おしゃべりカササギのわんぱくぶりを見てみよう育児放棄された赤ちゃんキリンのお世話役をかってでたのはサイを密猟から守る犬だった(南アフリカ)ロシア産猫とアメリカ産犬、もふともふが癒しの競演で世界が平和に思えてくる動画―画像の紹介記事―
こいつ、動くぞ!驚くほど精巧なダンボールで作られたスチームパンク彫刻高画質の鮮明な虫たちの姿に迫る!昆虫マニア必見のインスタグ……

2匹の小型犬がのびのび暮らせるインナーテラスのある家

2019/11/30 20:36
かわいい2匹の愛犬と子ども2人と暮らすIさん夫妻。世田谷区にある築40年、約60平米のマンションを11年前に購入し、簡単なリフォームを施して入居しましたが、住宅ローンの見直しを機に大掛かりなリノベーションを決意しました。
以前からシンプルで男前なテイストに惹かれていたというフィールドガレージというリノベーション会社に依頼しフィールドガレージに依頼し、工事費900万円(税・設計料込み)をかけてリノベーション。開放的なLDKや子どもそれぞれの個室、WICの新設などを行い、家族全員がより快適に暮らせる空間へと生まれ変わりました。
2匹の小型犬がのびのび暮らせるインナーテラスのある家モルタルとコンクリートが調和するLDK
まずIさん夫妻が希望したのは、LDKの隣にあった個室の撤去。犬たちが走り回りやすい、明るく開放的な空間が誕生しました。その結果、バルコニーから入る光はLDKにあるガラス張りのドアや室内窓を通し、奥の寝室や廊下にも届くように。
壁付けだったキッチンは対面式に変更。家族と話しやすく、犬たちの姿もよく見守れるようになったのだそう。
キッチンの内側にはミントグリーンがかわいいスチール棚を配置して、食器収納に活用しています。また、吊り棚を最小限に抑えることで、解放感をプラスしました。
リビングはコンクリートの壁を露出させて、キ……

小型犬用歯ブラシ、開発者のショッキングな体験で誕生した

2019/11/30 16:00
犬用の歯ブラシ『ミガケンデ』(1280円)
 歯ブラシの生産量が日本一である大阪府八尾市のメーカー・多葉刷子(たばぶらし)工業所から、小型犬用の歯ブラシ『ミガケンデ』(1280円)が発売された。ヤギとウマの天然毛を使用した歯ブラシは、開発者自身のショッキングな体験がきっかけで完成した商品だった──。
『ミガケンデ』を開発したのは、大阪府八尾市で創業70年の歴史がある歯ブラシメーカー・多葉刷子工業所だ。
 開発のきっかけとなったのは、同社の代表を務める多葉宣宏さんの妻の実家でかわいがられていたトイプードルだという。高齢だったトイプードルの口臭が気になった義母が、ある日、歯石を取ってもらおうと動物病院に連れていった。
 犬の歯の治療は全身麻酔をしなくてはならず、麻酔をした上で歯石取りをしてもらったところ、歯が2本抜けてしまった。歯の治療をするのに全身麻酔をしなくてはいけないということに、多葉さんは驚いた。
 それ以来、犬の歯に意識が向くようになり、調べてみると、犬の歯周病リスクは寿命にもかかわることがわかった。
 愛犬といつまでも楽しく暮らすために、人間と同様、犬も歯磨きで歯周病を予防することはできないか? そう考えた多葉さんは、2018年10月に犬用の歯ブラシの開発をスタートした。
 まずは犬の健康の専門家である獣医師に相……

「ツボすぎる」「愛が激しい」 犬が大好きな猫の行動に、ニヤけとまらん

2019/11/30 15:49
面と向かって想いを言葉で伝えたり、相手をギュッとハグしたり…。愛情表現には、さまざまなものがあります。
愛情をストレートに表現するのは、人間だけではありません。
犬のことが大好きでたまらない猫大和なでしこ(@nadeshiko0328)さんが飼っている猫は、犬のことが大好き。
犬に対するあふれんばかりの愛情をぶつける、猫の姿をご覧ください!
FGOメンテ中なので猫が犬にじゃれてる動画をどうぞ( ˇᴗˇ) pic.twitter.com/xKXEjWze9W
— 大和なでしこ 11/21鬼嫁1巻発売C97三日目西A43b (@nadeshiko0328) 2019年11月28日そこ、イチャイチャしすぎ…!
見ているこちらが「ごちそうさまです」といいたくなりますね。
【ネットの声】
・ああ…かわいすぎる。
・ワンちゃんのまんざらでもない顔がまたツボ。
・最後に猫が見せた行動が、構ってくれない恋人にすねた彼女そのものだわ。
2匹の表情からは、お互いを想い合う気持ちが伝わってきます。見ているだけで幸せな気分になる動画でした!
[文・構成/grape編集部]
出典 @nadeshiko0328

フランスで一番美しい“イケメン犬”の忠誠心に涙…『再会の夏』場面写真を独占キャッチ!

2019/11/30 15:00
本作は第一次世界大戦後のフランスの片田舎を舞台に、主人を待ち続ける一匹のイヌと勲章にまつわる、絶えることのない愛と信頼を描いたフランス版“忠犬”物語。戦争の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックは、留置所に収監され頑なに黙秘を続けていた。そんななか、彼を軍法会議にかけるか決めるためにパリからやってきた郡判事のランティエ少佐は、留置所の外で1匹のイヌが吠え続ける姿を目にする…。
本作に登場するのは日本では珍しいボースロンという犬種で、現在軍用犬として活躍するドーベルマンの原種といわれている。忠誠心を持ち、顔良し・頭良し・体格良しのすべてが揃った、まさにドッグ界きってのイケメン犬種。しかも、劇中のほとんどのシーンを演じているイェーガーは、2016年に“フランスで一番美しいボースロン”に選ばれたイケメン犬の中のイケメン犬だ。