飼い主が見た!愛犬がストレスを感じている瞬間(いぬの…|家崩壊…犬60頭超“多頭飼育”の壮絶現場(日本テレビ…|信長が犬になって現代に転生! 名前に 犬 が付く”謎…|他

飼い主が見た!愛犬がストレスを感じている瞬間(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/01/10 21:05
車が苦手なラブラドール・レトリーバーのリリーちゃんは、車のお出かけになると緊張気味。家族と一緒にお出かけはしたいけれど、いざ、車内に乗せると、緊張とストレスで体がブルブルと震え出し、よだれが出てしまうそうです。
「あまりにガタガタ震えるので、ケージに入れて乗せても、誰かがリードを持って座席の横でなだめても、家族の声に集中できないほどハァハァと荒い呼吸になるので、車で長距離を移動しなければならないときは、様子を見て休みながら目的地に向かいます。」

家崩壊…犬60頭超“多頭飼育”の壮絶現場(日本テレビ系(NNN))

2020/01/10 19:59
家の中を埋め尽くす60頭以上の犬。10日に取材した多頭飼育の現場は、すさまじい光景となっていた。
◆埋め尽くす多くの犬…家はぼろぼろ、臭いも
動物愛護団体の職員と訪れたのは、埼玉県内の住宅。庭で大きな鳴き声をあげる何匹もの犬。さらに家の中は、すさまじい光景が広がっていた。
玄関からリビングまで、家の中を埋め尽くす多くの犬。犬たちが遊び回ったため、床や壁はぼろぼろ。さらに、息ができないほどの臭いが…。
この家に住んでいるのは、66歳の男性。
──いま何匹いるんですか?
男性(66)「全部で…60…70何匹になるかな。多くても70何匹」
正確な犬の数は把握できていないという。
──(臭いで)苦しかったんですけど、息とかは?
男性(66)「別になんともない。慣れなんじゃないですかね」
◆今年の元日に妻が他界「今はもう結構きつい」
男性は10年ほど前に近所でオス犬を拾い、その後、メス犬を引き取ったところ、次々と子犬が誕生。その後も去勢手術を一切行わなかったため、一時は100頭以上まで増えたという。
以前にもこの家を取材した時は、男性は妻と2人で犬の世話をしていた。しかし、今年の元日、妻が心筋梗塞で他界。
男性(66)「これまで(犬の世話を妻と)2人でやっていたからなんとかなっていたけど、今はも……

信長が犬になって現代に転生! 名前に「犬」が付く”謎の大型新人声優”の正体は...

2020/01/10 18:02
信長が犬になって現代に転生! 名前に「犬」が付く”謎の大型新人声優”の正体は...|テレ東プラス  テレビ東京

漫画で広がれ、介助犬支援のワン ライカと少年の成長描く ホームページで連載

2020/01/10 16:13
 身体障害者の自立や社会参加を支える介助犬をテーマにした漫画「介助犬ライカ!」が、社会福祉法人「日本介助犬協会」(横浜市)のホームページ(HP)で連載されている。2002年の身体障害者補助犬法成立から18年になるが、実働している介助犬は65頭しかおらず、普及は進んでいない。関係者は「漫画はスマートフォンでも気軽に読める。介助犬を広く知ってもらい、育成への支援の輪が広がれば」と話している。【川畑さおり】
 漫画は、親から育児放棄されて家出した少年が、犬に助けられたことをきっかけに介助犬の訓練士になること…

犬だって厄除けしたいんです!ワンちゃんのための節分イベント「節分ドッグ2020」兵庫県明石市明石公園西芝生広場にて2…

2020/01/10 16:00
【実施概要】
・名称:節分ドッグ2020
・主催:人と犬・愛犬笑顔の日普及事務局Studiohitotoinu
 大阪市西区京町堀1-11-7京旺ビル2C
・実施責任者:小野真希
・実施場所:明石公園 西芝生広場
 兵庫県明石市明石公園1-27
・実施日:2020年2月1日(土)2日(日)10:00~15:30 
・入場料:無料
・協賛:いぬねこ治療院、briller ensemble、株式会社日本生物科学研究所「いぬねこさぷり」ほか
・総合問合せ窓口:人と犬・愛犬笑顔の日普及事務局 Studio hitotoinu aikenegaonohi@studio-hitotoinu.com 担当 小野
・主旨
節分行事に合わせた催しとして、公園来園者や愛犬家への飼育マナーおよび意識向上を図るとともに、人と犬との共生の素晴らしさやより良い環境づくりのための工夫、ペットとの防災など、イベントを共に楽しみながら学んでいただくことを目的としています。
・実施内容
~両日~ 
◆スペシャルドッグマルシェ 有料
ワンちゃんと飼い主さん用のグッズが並びます。
◆冬グルメキッチンカー&屋台 有料
みんなが大好きなステーキやあたたかい飲食が並びます。
◆セルフ撮影ブース ……

本の雑誌が選ぶ2019年度文庫ベストテンのライトノベル部門にて『鋼鉄の犬』が第6位に選出されました!

2020/01/10 15:05
株式会社マイクロマガジン社(東京都中央区)より発売している『鋼鉄の犬』が、
本の雑誌が選ぶ2019年度文庫ベストテンのライトノベル部門にて、第6位に選出されました。
鋼鉄の犬
https://micromagazine.net/bungei/irondog/
著者:富永浩史/イラスト:赤岸K
ISBN:9784896378481
文庫 / 書籍 / 352ページ
定価:694円(税抜)
発売日:2018年12月21日
仕掛け爆弾による負傷で軍を辞めた犬の調教師(ハンドラー)・アルと軍用犬・ルークは、世話になった獣医師の勧めで民間軍事会社へ再就職する。
そこで待ち受けていたのは試作型ロボット犬・BDY-9。アルとルークは内戦状態の砂漠の国へ派遣され、BDY-9を戦場で使えるよう“調教"することになるが、できたのは「お手」や「お座り」ばかり。
仲間とともに任務に参加する中、ロボットの独特な行動様式に戸惑いながらも「犬」としての愛着を感じ始めていたアルとルークは、そこで出会った村の少女パリールの依頼に応じ、彼女の村を訪れる。
だが、そこは武装勢力の有能な狙撃手と猟犬が待ち受ける危険地帯だった。
孤立無援のアルたちは、絶体絶命の状況を打破するため、BDY-9にある命令を下す――。
内戦下……