川崎市多摩区 犬・猫の適正飼養セミナー はじめませ…|売れ残り犬が一変させた家族の生活~CM出演やドッグモ…|私の顔も見えないの? 愛犬の失明状態が判明 泣き暮ら…|他

【川崎市多摩区】犬・猫の適正飼養セミナー「はじめませんか?地域猫活動」が2/15(土)に開催!申し込みはじまってます!

2020/01/11 23:30
野良猫に関わるトラブル解決のため、川崎市では地域猫活動を推奨しているようです。今回は練馬区で実際に活動しているNPOの代表の方を招きお話をうかがえるようです。
参加は無料ですが、申し込みが必要です。
川崎市のホームページをご覧ください。
なお、参加者にはお土産もあるようです。
多摩区役所の場所はこちら↓

売れ残り犬が一変させた家族の生活~CM出演やドッグモデル活動も~

2020/01/11 21:50
売れ残り犬が一変させた家族の生活~CM出演やドッグモデル活動も~|ニフティニュース  ニフティニュース

私の顔も見えないの? 愛犬の失明状態が判明、泣き暮らした飼い主さんが(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/01/11 20:50
そんな新生活が始まっておよそ2年が過ぎた2017年春のこと、かのんちゃんの行動に異変が見られるようになりました。
「最近、物によくぶつかるな、と。部屋の中では椅子の脚、外ではガードレールなどです。また、食事のときに、食器を通り過ぎるようになり、これは変だなって。何度か動物病院で診てもらったところ、『目の病気かもしれない。一度、しっかりと検査をしてみては』と言われました」
こうして専門的な検査施設が整った動物病院を紹介され、8月に検査が行われました。「まさか病気なんてことはない。病気であってほしくない」という複雑な気持ちで臨んだ検査でしたが、診断結果は“遺伝性網膜変性症”。視力が徐々に失われていく病気ですが、このときかのんちゃんの両目はすでに病気が進行し、ほぼ見えていない状態でした。受け入れ難い事実を北川さんは突きつけられました。
「ショックでした。いい大人がぼろぼろ泣いてしまいました。なんでうちのコだけが?  太陽の光も、いまが昼か夜かもわからず、飼い主の私の顔も見えないなんて……。そんな思いで頭がいっぱいになり、3日間は泣き暮らしました」

ハナコ、初ランウェイで大はしゃぎ “犬”ネタ特別バージョンで盛り上げ<TGCしずおか2020>

2020/01/11 19:10
ポップなカラーの衣装を着用しステージに現れると「いつ行って良いのかな?もう行って良いのかな?」と戸惑いながらもランウェイを歩き出し、「初ランウェイです-!」と挨拶。自撮り棒でSNSに載せる動画を観客と一緒に撮影するなど、大はしゃぎで初ランウェイを楽しんだ。
ランウェイを終え感想を聞かれた岡部は「最高に気持ちよかったですね、人生何があるかわからない」としみじみ。司会の広海・深海から「大勢の女性の前で…」と言われると、「たまんないですね!最高でした」と満足した表情を見せた。
そして、岡部だけ衣装を着替え、ブレイクのきっかけとなった「キングオブコント2018」で優勝したときの“犬”ネタの特別バージョンをステージで生披露することに。
全身タイツに耳をつけた岡部が犬に扮して、秋山扮する飼い主にじゃれ合うというコントで、最終的に菊田扮する飼い主の友人とTGCに行ってしまう…という内容で会場の笑いを誘った。
【写真】新川優愛・中条あやみ・日向坂46ら豪華集結「TGCしずおか」ランウェイの様子をイッキ見
「TGCしずおか」2年連続開催

スイスの犬訓練所で女性が飼い犬に襲われて死亡 死因は出血多量

2020/01/11 18:03
写真拡大
【AFP=時事】スイス西部の犬の訓練所で7日、女性(45)が自分の飼い犬に襲われて死亡した。検察当局は10日、死因は出血多量との検視結果を明らかにした。
 事故が起きたのは、フリブール(Fribourg)州オーボランジュ(Auboranges)にある犬の訓練所。おりの中で見つかった女性の遺体の上には、見るからに攻撃的でどう猛な犬が乗っていたという。
 警察の8日の発表では、マリノアと呼ばれる種類のこの犬は、警官らを女性の遺体に近寄らせず、その後、女性警官を攻撃して負傷させたため、同行の警官によって射殺されたという。
 当局は当初、推測される死因を明らかにしていなかったが、10日になって、女性は両腕に複数の重傷を負っていたことが検視で明らかになったと発表。フリブール州検察当局は、「検視解剖の初期所見によると、女性は両腕に複数の重傷を負い、出血多量で死亡した。その傷は犬によるものだ」と説明している。
 女性がどのような状況で犬に襲われたのかについては、現在、捜査が進められている。
【翻訳編集】AFPBB News
■関連記事
・太っている人の飼い犬も太……

犬なりに理由がある。散歩で歩かないときどうしたらいい?(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/01/11 16:35
子犬が散歩を嫌がる場合は、恐怖心が原因かもしれません。散歩デビューしたての子犬にとって、外の世界は初めてのことだらけ。車の音やすれ違う自転車、知らない人や犬、また、これまで経験したことのない地面の感触も、怖いと感じる犬は少なくありません。
この場合、しばらくは歩かなくても焦らずに、外のさまざまな刺激に慣らすことから始めてみましょう。
最初は、家の外の空気を感じさせる程度でOKです。それだけでも犬は、風や外のニオイなど、さまざまな情報を感じ取ります。その際、「気持ちいいね」など、やさしく声をかけると、犬の恐怖心を和らげることができるでしょう。
それに慣れたら、抱っこやカートに乗せた状態でよいので、車やバイクの音を聞かせたり、自転車や人とすれ違ったりする練習をしてみてください。

愛犬といつまでも健康に。犬の立場から考えた健康書『犬のための家庭の医学』

2020/01/11 13:25
愛犬の健康寿命を延ばし、健やかに暮らす。
21世紀も20年が過ぎた現在、犬の寿命は確実に長くなっています。ですが、それと健康寿命はまた別物。そして犬の健康は、飼い主の責任に左右されます。
獣医師の野澤延行氏の著作『犬のための家庭の医学』(山と溪谷社 刊)では、子犬の飼い始めから成年期、そして老年期に至るまでの犬のケアについて、ペットアプリ『ドコノコ』に投稿された写真を多用しながら事細かく説明されています。
犬も肥満になる!
人類は様々な病と闘いながら進化してきました。
天然痘、コレラ、結核、ペスト、インフルエンザ。これらの病気は、ほんの100年ほど前までは文字通り「死の病」でした。ですが、薬剤の発達した今では病院にさえ通えば恐れるに足りない病気でもあります。
我々現代人が最も恐れるべき病気は、肥満です。
この肥満というものは薬剤では一切解消できず、運動と食事管理で何とかしなければあらゆる疾患の原因になってしまいます。そしてそれは、犬でも同じこと。良質で高カロリーのペットフードがいつでも買える現代ですが、それ故に飼い主は食事のコントロールを考える必要があります。
――“トッピングをしたり、おやつを与えたりしたときは、できれば、そのぶんフードを減らします。(中略)人と同じく犬も肥満になると、いろいろな病気の要因となるの……