犬に 億超えの遺産 を残した…独り身相続 まさかの選…|春運 で活躍する税関作業犬 中国・長沙市|キーンさんの命日 黄犬忌 に 業績顕彰の財団設立へ …

犬に「億超えの遺産」を残した…独り身相続、まさかの選択肢(幻冬舎ゴールドオンライン)

2020/01/13 09:00
◆相続人がおらず、世話になった人にすべての財産を遺贈したい場合
一人も相続人がいないような場合には、遺産は最終的に国のものになってしまいます。「そのような事態は自身の気持ちや信条に反する」というのであれば、遺言書で何らかの意思表示をしておく必要があるでしょう。
例えば、生前に世話になった人がいて恩に報いたいのであれば、その人に財産を遺贈するのもよいでしょう。また、何らかの形で社会貢献をしたいのであれば、公益的な活動を行っているNPO法人や慈善団体などに遺産を寄付することも考えられるでしょう。
恵まれない子供たちのサポートやケアを行っている福祉施設などに寄付して、その子供たちの未来に、自分の財産がいささかなりとも役立つことを信じつつ世を去ることも、悪くない選択であるように思われます。
また、そうした遺言が確実に執行されることを望むのであれば、公正証書遺言の形にして、弁護士などの専門家に遺言執行人を委ねておくことが適切かもしれません。
◆遺言書でペットに財産を渡すこともできる
また、現在一人暮らしをしながら、ペットを飼っている人であれば、自分の死後、できることならその面倒を誰かに引き続き見てもらいたいと強く望むはずです。その場合には、相続財産をペットの面倒を見てくれる個人、あるいは団体に遺贈するという選択肢が考えられます。
……

「春運」で活躍する税関作業犬 中国・長沙市

2020/01/13 06:23
【1月13日 Xinhua News】旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢「春運」の初日を迎えた10日、中国湖南省(Hunan)の長沙(Changsha)黄花国際空港税関作業犬拠点で探知犬が任務に当たっていた。探知犬は複雑な環境下でも動植物や関連製品など対象物に敏感に反応し、従来の人間と機械による検査と並行して投入され、現場での検査効率と摘発率を大幅に向上させている。
 同拠点には現在、4匹の探知犬が所属している。うち1匹は長沙郵便局税関、3匹は長沙黄花国際空港税関で毎日約5時間の任務に当たっている。(c)Xinhua News/AFPBB News

キーンさんの命日「黄犬忌」に 業績顕彰の財団設立へ /東京

2020/01/13 02:01
 昨年亡くなった米国出身の日本文学研究者ドナルド・キーンさんの養子、キーン誠己さん(69)が、都内で記者会見し、キーンさんの命日の2月24日を「黄犬(キーン)忌」と名付けると発表した。業績を顕彰するための財団も設立する。
 キーンさんは若い頃から「黄犬」という文字を手紙の署名などに使っていたといい、墓にもあしらわれて…