かわいそう が命の危険に!犬をお留守番させる際に気…|地面に犬たたきつける動画 警察に 助けてほしい 通報…|もこもこパラダイスだ… ”幼獣ケルベロス”と母犬の…|他

「かわいそう」が命の危険に!犬をお留守番させる際に気をつけること(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/01/25 11:35
帰宅時の犬を興奮させない対応のように、お留守番の前にも注意することがあります。
例えば、玄関を出るギリギリまで愛犬に触れたり抱っこをする、「ごめんね、かわいそうだね」といった声かけを行うといった行動は、犬の気持ちを不安にさせてしまうのでNGです。
犬を不安にさせないために、外出する用意ができたら、かわいそうと思っても触ったり声をかけず、出かける様子を見せずにスーッと部屋を出て行きましょう。
お留守番に慣れるまでは飼い主さんも心配かもしれませんが、その緊張は犬にも伝わります。飼い主さんがリラックスして、まずは短い時間からお留守番の練習をはじめることをおすすめします。
監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

地面に犬たたきつける動画、警察に「助けてほしい」通報数十件…飼い主を書類送検

2020/01/25 10:56
 発表では、男は14日午後、同区の路上でペットの小型犬をリードでつり上げ、地面にたたきつけるなどした疑い。犬は約10年前に知人から譲り受けたという。犬は県警が保護した。
 動画は17日にツイッターに投稿された。動画を見た人たちから、県警に「犬を助けてほしい」との通報などが数十件寄せられていた。

「もこもこパラダイスだ…」”幼獣ケルベロス”と母犬のドタバタ劇に癒される人が続出:紀伊民報AGARA

2020/01/25 10:30
 「尊すぎる」「もこもこパラダイス」「かわいさの破壊力抜群」と、犬好きたちをうならせている仔犬たちがいる。昨年末に誕生して、“柴犬ケルベロス”としてSNS上で話題になった3匹の仔犬たちだ。仔犬が生まれる前までは、おてんばさんとして飼い主さん(@kuroshiba_ritsu)を困らせることもあった母犬の黒柴・りつちゃんが、肝っ玉母さんとしてわちゃわちゃと動き回る子どもたちの世話をする様子にも癒される人が続出。仔犬たちと暮らす生活の実体やSNSの反響について、飼い主さんに話を聞いた。
【写真】飼い主さんにエサを入れさせてあげて…ドヤ顔もかわいい仔犬ケルベロス
■全てがかわいい仔犬たち 特に心奪われるのは「人懐っこいところと天使のような寝顔」
 黒柴・りつちゃん(2歳)は、昨年の11月末に3匹の仔犬ちゃんたちを産んだ。「生後8時間ーーーキュウキュウ鳴いています!!!みんな元気!」というコメント共にTwitterに投稿された動画では、生まれたての仔犬たちを愛おしそうに見守るりつちゃんの姿を見ることができる。
――かわいい3匹の仔犬たちと母のりつちゃんのドタバタな様子に、多くの反響が寄せられていますね。
【飼い主さん】正直、こんなにも大きな反響を得られるとは思っていなかったので、飼い主は驚いております。たくさんの方に見ていただけて嬉しいです……

アイペット、「任期飼育犬種・猫種ランキング2019」発表

2020/01/25 10:00
これはアイペットが毎年発表しているランキングで、前年1年間に同社のペット保険に加入し、保険契約が開始された犬・猫を対象として実施された調査を集計したもの。また、今回から新たに調査対象を拡大し、うさぎや鳥、ハムスター、さらには今年の干支にちなんでネズミについても調査が行われ、発表された。
犬部門トップは「トイ・プードル」、猫部門トップは「ミックス」犬部門では、「トイ・プードル」が昨年に引き続いて1位にランクインした。

犬にもあくびがうつる?犬と人のシンクロが科学的に証明された!(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/01/25 08:30
人は1歳~1歳半ごろの幼児が親の視線を追う「共同注視」、欲しいものを指差す「要求の指差し」、自分の見て欲しいものを指差し視線を親の方に向ける「共感の指差し」などのコミュニケーションを得て、言語を発するようになります。
先生によれば、実は犬もこの「指差し」という高度なコミュニケーションを理解しているとのことなのです。
実験内容はこうです。
2つのお皿におやつをいれ、「マテ」の姿勢から、食べて良い方のお皿を指差し、「ヨシ」と言うと、犬は指差したほうのお皿に向かっていきます。
人だけだと思われていた「指さし」の理解が、実験の結果、なんと8~9割の犬が明答。
また犬は「指さし」以外にも「視線」を使ったコミュニケーションができることが判明しました。
犬が困ったことや要求があると人の目を見て助けを求めるという様子。これは高度な知能を持つチンパンジーですらしない「要求の視線」というものです。犬を飼っている人は覚えがある光景ではないでしょうか。
犬はまるで人の幼児のようなコミュニケーション手段を使って、自分の要求を人に伝えようとしていることが証明されています。