首のバンダナは愛子さまが…天皇家に愛される保護犬 由莉|獣医師が教える 犬や猫が 発作 を起こした時にまずすべきこと

首のバンダナは愛子さまが…天皇家に愛される保護犬「由莉」

2020/02/11 08:00
 天皇となられて初めての夏。両陛下と愛子さまは、那須の御用邸で過ごされた。
【写真】愛子さまが生まれる前から飼われていた「ピッピ」と「まり」とご一家
 取材には、天皇陛下が愛犬の「由莉」のリードを引いて登場。フォトセッションの最中、トンボが飛んできて、いったん愛子さまの手に止まったうえで飛び去っていった。両陛下と愛子さまはトンボの動きをご覧になったが、「由莉」はお構いなしで、カメラ目線(?)を送り続けたのである。
 両陛下は、愛子さまが生まれる前から「ピッピ」と「まり」という2匹の犬を飼われていた。2009年4月、動物病院で保護されていた雑種犬を譲り受け育て始めたのが、「由莉」。翌5月、御料牧場に向かわれるとき、当時7歳の愛子さまが両腕でしっかりと抱いて歩かれる姿が話題になった。
 首のバンダナは、愛子さまの手作りと言われる。ご一家の誕生日などでは、「由莉」と一緒の写真が公開されることが多く、深い愛情が注がれている。(文/本誌・菊地武顕)
※週刊朝日  2020年2月14日号
トップにもどる週刊朝日記事一覧

獣医師が教える。犬や猫が「発作」を起こした時にまずすべきこと

2020/02/11 04:03
犬や猫が「発作」を起こしたら…人間同様、犬や猫にも脳や心臓に何らかの原因があったり中毒など様々な原因から発作を起こすことがあります。
発作の程度も顔面や体表面の皮膚がピクピク動く軽度の病状。突然倒れて強直したり、前後肢を前後して動かし、強い痙攣と共に排尿や排便をしてしまう、強度の病状の痙攣発作もあります。
病院に連れて行くのはもちろんのこと、病院に向かう時にできることをお伝えしましょう。