大型犬にかまれ乳児死亡 悲劇を生まないために飼い主が…|徳島県で保護犬を補助犬やセラピードッグに|絶対負けられない! 飼い主さんの膝の上を争う犬と猫の…|他

大型犬にかまれ乳児死亡 悲劇を生まないために飼い主が排除すべき3つの危険因子とは?(石井万寿美)

2020/03/23 10:01
つい先日、飼い犬にかまれて、幼児が死亡するという痛ましい事件が起こりました。尊い命を奪われることになった仁ちゃんのお悔やみを申し上げます。
 20日午後5時35分ごろ、富山市上大久保の住宅敷地内で、生後11カ月の中村仁ちゃんが飼い犬2頭にかまれた。
 仁ちゃんは病院に搬送されたが、約2時間後に頭部骨折による出血性ショックで死亡した。富山県警富山南署が詳しい状況を調べている。
出典:飼い犬にかまれ乳児死亡 富山2017年3月にも似たような事件が、八王子で起こっています。
9日午後4時35分ごろ、東京都八王子市北野台5丁目の民家から、「女の子が犬にかまれた」と119番通報があった。救急隊が駆けつけたところ、生後10カ月の安田翠(みどり)ちゃんが頭から血を流しており、約2時間後に死亡した。現場は翠ちゃんの母親の実家で、飼い犬のゴールデンレトリバー(4歳オス、体重約37キロ)にかまれたという。
出典:10カ月の女児、飼い犬にかまれ死亡 東京・八王子富山市と八王子で起こった乳幼児が死亡した事件から、3つの危険因子を読み解いてみましょう。
1、大型犬2.オス犬3、放し飼い以上が、危険因子です。
1、大型犬優しい、賢いといわれている犬でも大型になると、乳幼児がいる場合は、注意が必要です。
富山の場合は、グレート・デンで、オスだと……

徳島県で保護犬を補助犬やセラピードッグに

2020/03/23 09:30
 徳島県動物愛護管理センターに保護された犬を引き取って、補助犬やセラピードッグに育てるNPO法人「補助犬とくしま」(徳島市)が16日、初の保護犬2匹を譲り受けた。
 「補助犬とくしま」は、長年「徳島の盲導犬を育てる会」に勤めた杉井ひとみ理事長(61)らが昨年6月に設立した。同センターから保護犬を譲り受けて、補助犬に育成するのが目的。一定期間引き取って飼育する預かりボランティアに費用などの支援をしながら、犬に訓練を受けさせる。
 今回譲り受けたのは、1月に同県小松島市櫛渕町で一緒に保護された、兄弟とみられるオスの雑種犬(推定3カ月)2匹。預かりボランティアによって、「アル」と「モニー」と名付けられた。「『令和』の新しい時代にふさわしい名前を」という思いを込め、「調和」を意味するフランス語「アルモニー」から取ったという。16日にセンターであった譲渡式では、2匹は終始じゃれ合っていた。
 預かりボランティアやセンター…

絶対負けられない! 飼い主さんの膝の上を争う犬と猫の戦い(笑)(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/03/23 08:10
こちら、Twitterユーザー@b09a2032cさんの愛犬・ユキちゃん。飼い主さんの膝の上が大好きなのですが、そこにはすでに先客が…。猫のフウちゃんがいたのです。
「その場所どいてよ~!!!」と吠えますが、フウちゃんは一歩も譲らず…。

中断中のNBA選手、“可愛すぎる敵”との1on1が話題沸騰「ブルズで3番目に良い選手だ」

2020/03/23 07:13
ブルズのラヴィーンが自宅庭のトレーニング動画を公開、相手の正体は… 米プロバスケットボール(NBA)は新型コロナウイルスの感染拡大により中断中。選手は自宅で思い思いに過ごしているが、ある選手は“可愛すぎる敵”との1on1で練習する様子を動画付きで公開した。これが米国で話題を呼び、「ハーデンよりも良いディフェンスだね」「ブルズで3番目くらいに良い選手だ」などと大反響となっている。
【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる
 全米に感染拡大が広がる中、微笑ましい練習風景で話題を呼んだのは、ブルズのザック・ラヴィーンだ。自身のインスタグラムで公開したのは1本の動画。自宅の庭とみられる練習コート、ボールを持ったラヴィーンを激しく密着マークする“ディフェンス”の姿が……。懸命に体を寄せているのは、愛犬だった。
 ラヴィーンは大型犬に対し、機敏にドリブルで間合いを測ると、鋭いターンを繰り出し、3Pライン付近からマークを振り切ってシュート。綺麗にリング中央を通過した。やられた形となった愛犬だったが、バウンドしたボールに飛びついて奪取。しっぽを振りながら、今度は自分が“ドリブル”をし始めていた。
 なんとも微笑ましいシーンを公開すると、米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式……