噛みグセのある犬 あえて 噛ませる のがいいってどういうこと?(いぬのきもち …|ペットの健康管理に関する実態調査 着実に高まる ペットの健康管理 の意識 定…

噛みグセのある犬、あえて「噛ませる」のがいいってどういうこと?(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/03/27 17:35
犬が「何かを噛みたい!」と思うのは、狩猟本能によるものなので、無理にやめさせるのは難しいです。そのため、無理にやめさせるのではなく、犬の噛みたい欲求を満たしてあげるようにしましょう。
犬の噛みたい欲求を満すには、“あえて”何かを噛ませてみてください。ロープのおもちゃやぬいぐるみ、ボールなど、噛んでもいいおもちゃを与え、思う存分噛ませてあげるのです。

<ペットの健康管理に関する実態調査>着実に高まる「ペットの健康管理」の意識。定期健康診断を受けるペットは4割強(犬は…

2020/03/27 16:00
プレスリリース配信元:Team HOPE
7歳以上のペット(人間の中年以上)では7割が病気の経験あり、現在も4割は治療中。高齢化を背景に、ペットの介護経験があるご家族が2割も!健診による早期発見の重要性が高まる。
ペットの予防医療の啓発・普及活動を展開する獣医師団体(一社)Team HOPE(チームホープ、代表 太田亟慈) では、犬と猫の飼い主・ご家族(以下、ご家族と表記)416 名を対象に、「ペットの健康管理に関する実態調査」を実施いたしました。この調査は 2016 年から毎年実施し、2019 年で 4 回目となります。
ペットの平均寿命はここ 30 年で約 2 倍にも延びており※1、今やペットは家族の一員として、長い時間を共に過ごす大事な存在になっています。一方で、言葉が通じず、コミュニケーションが難しいペットの健康管理はご家族にとって難しい課題となっており、獣医師による定期的な健康診断の重要性が高まっています。また、ペットの高齢化により老齢ペットの介護も大きな課題となっています。
こうした社会背景を受け、Team HOPE ではペットの健康診断の啓発活動を推進しております。健診により疾病の兆候を早期発見することが健康寿命の延伸には不可欠と考えます。
※1 一般社団法人ペットフード協会、平成 28 年全国犬猫飼育実態調査、東京農……