7歳以上のペットの罹患経験率は犬が8割 猫が6割 ひ…|愛犬の遺骨ずっと一緒 内原野焼の骨つぼ販売 安芸市|なめた手を拭かれて傷ついた?瞳をうるませるような犬に…|他

7歳以上のペットの罹患経験率は犬が8割、猫が6割、ひとりで悩まずかかりつけの動物病院に相談したいペットの介護問題

2020/05/18 10:25
ペットは大切な家族の一員。だからこそ、健康の管理は家族である飼い主が責任をもって取り組まなければならない。
そんな、ペットの健康管理に関する意識調査がこのほど行われたので、紹介していきたい。
本調査は、犬・猫の飼い主416名を対象にして、ペットの予防医療の啓発・普及活動を展開する獣医師団体「Team HOPE」により実施された。
定期的な健康診断を受診させている飼い主は42%定期的に受診させている飼い主は、2016年が31%⇒2019年が42%に伸長している。(犬 48%・猫 38%)
その内、年に2回以上健診を受けている方は41%(2017年 30%)に伸長し、年に1回程度59%に迫る勢い。
ヒトの年齢に例えると、小型犬・中型犬は1年で4歳、大型犬は7歳というスピードで年を重ねることから、7歳以上のペットは年に2回以上の健診受診をTeam HOPEではすすめている。
健診の受診項目で受診が多いのは、問診・86%、触診・84%、視診・81%。聴診・58%、血液検査・58%と続く。腎疾患や泌尿器疾患、糖尿病等を発見するための尿検査は22%、消化管内の寄生虫の有無や、消化管内の出血や 消化状態を診るための便検査は22%、肺や心臓、臓器の異常を診るためのレントゲン 19%という実施状況であった。
問診・触診・視診・聴診・血液検……

愛犬の遺骨ずっと一緒 内原野焼の骨つぼ販売 安芸市

2020/05/18 08:43
手元に置けるデザインに
 安芸市特産の内原野焼で作った犬用骨つぼが、このほど発売された。デザインを手掛けた同市矢ノ丸3丁目の小林真理子さん(48)は「長く手元に置ける、かわいい物にした。犬種に合わせたデザインに応じます」と話している。 
 デザイン会社を経営する小林さんは、自宅で4匹の犬を飼っている。2月に内原野陶芸館(川北乙)で、愛犬家仲間が集まり犬の置物を作るイベントに参加。陶芸の魅力にはまり、骨つぼの制作を思い付いた。そこで、中高の同級生でもある「土佐の匠(たくみ)」の陶芸家、西邨出さん(48)にコラボ制作を依頼した。
 試作品は、小林さんが飼うシュナウザーがモデル。小林さんが、チャームポイントのクルッと丸まった耳や立派な口ひげを立体的に仕上げ、西邨さんがつぼに犬の顔を貼って、焼いた。ふたの取っ手部分は肉球を、ネームプレートは骨の形を模すなど趣向を凝らしている。
 愛犬家仲間にも「すごくかわいい」と好評で、小林さんは「ワンコが元気なうちはお菓子入れなどに使い、思い出を一緒につくってもらえれば」。愛犬家の西邨さんも「犬は家族みたいなもの。最後に入るところなのでちゃんとした物にしたかった。陶芸家にはない発想で面白い商品ができた」と仕上がりに満足した様子だった。
 骨つぼは4寸サイズ(直径12センチ、高さ15センチ)が1万5千円、5……

なめた手を拭かれて傷ついた?瞳をうるませるような犬に反響

2020/05/18 07:00
 愛犬にペロペロなめられるのは飼い主さんにとって至福のひととき。それはワンちゃんのほうも同じ。しかし、ペロペロなめた後、ご主人様がなめたところを拭いたら、ワンちゃんはどう思うのでしょうか?
【さらに詳しい元の記事はこちら】
 Twitterユーザーのエジプトさんは5月14日、「触られた後に手を洗われてる時、犬は傷付いているらしい」とツイートした翌日、「舐めている手を拭かれた時も犬は傷付いている」というコメントと共に、愛犬てんてんちゃん(5歳/メス/イタリアングレーハウンド)の動画を投稿しました。
舐めている手を拭かれた時も犬は傷付いている pic.twitter.com/8iAAtA0qv6
— エジプト (@egypt_miracle) May 15, 2020
 動画には、幸せそうにエジプトさんの手をペロペロなめている、てんてんちゃんの姿が映っているのですが、しばらくしてエジプトさんがなめられた手を拭くと、悲しそうな目でこちらを見つめています。その瞳はうるんでいるいるようにも……。
 やはり、傷ついているのでしょうか……。エジプトさんに、「犬は傷ついている」というのはどこで知った情報なのか?を聞いてみると、「情報では無くて、そもそもこれは単なる冗談です」とのこと。てんてんちゃんは普段からエジプトさんをペロペロなめていて、「……

目元がキリリとクールな男前。ラブミックス犬「八兵衛くん」(友森 玲子)

2020/05/18 06:10
ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です
3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。
預かりボランティアって何?
うさぎの飼養に必要なものは?
上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。
※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください。
仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。