一時帰国者の自主隔離需要にホテルやマンスリーマンショ…|お風呂後のおばあちゃん犬のかわいすぎる行動(いぬのき…|学生癒やすセラピー犬 米バージニア工科大が名誉学位授与|他

一時帰国者の自主隔離需要にホテルやマンスリーマンション/民泊などを紹介する「一時帰国.com」、大型犬と同居できる物…

2020/05/18 19:39
マンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテル、バケーションステイなど短期から長期までの滞在をサポートするmatsuri technologies株式会社(本社東京都豊島区、以下 matsuri technologies)はこのたび新型コロナウイルスの影響で一時帰国、自主隔離されるお客様に物件のみならず送迎までのプランをご紹介をしておりましたが、この度、大型犬との同居も可能な施設のご用意をさせていただきました。
(一時帰国ではない自主隔離をご要望される方は自主隔離.comよりご連絡くださいませ)
https://www.social-distance.sumyca.com/

■お申し込みの方法
下記のフォームもしくは、お電話番号よりご連絡をいただき「ペット可能物件」希望の旨をお伝えください。
■キャンペーンの背景
一時帰国の際に大型犬との宿泊が可能な物件が無いために帰国を見送られているお客様が多数おり、そういった需要に対応いたしました。
■ご用意しているお部屋の種類
展開エリア:東京/大阪/札幌/那覇/福岡
広さ:1K-4LDK
期間:一日-半年
人数:1-16人様々な種類のお部屋(マンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテル、バケーションステイ)をお取り扱いしているため多種……

お風呂後のおばあちゃん犬のかわいすぎる行動(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2020/05/18 17:35
お風呂を終えたシロさん、
何やらゆっくり首を交互にかしげています。
え、何これ。可愛いんですけど。
しかしよく見るとだんだん見えてくーる。
そう、これは、この行為はきっと…

学生癒やすセラピー犬、米バージニア工科大が名誉学位授与

2020/05/18 15:50
(CNN)米バージニア工科大学獣医学部でセラピー犬として活躍する8歳のラブラドルレトリバー犬「ムース」が、何千人もの学生に寄り添ってきた功績をたたえられ、名誉博士号を授与された。
ムースは同大のセラピー動物4匹のうちの1匹としてバージニア工科大学に2014年から在籍し、クックカウンセリングセンターに勤務するとともに、心の健康問題の啓発活動に当たる大使役も務めている。獣医学部は15日に行ったオンライン卒業式で、ムースに名誉博士号を授与した。
ムースはフットボールの試合やクラブイベント、新入生のオリエンテーションといった行事への出席のほか、不安や心的外傷といった心の問題で悩む学生たちに寄り添う役割も果たしてきた。クックカウンセリングセンターに勤務するカウンセラーで飼い主のトレント・デイビスさんによると、ムースは7500回以上のカウンセリングに付き添い、何千人もの生徒たちを助けてきたという。
デイビスさんが動物を使ったセラピーを開始したのは、学生たちに安心感を持ってもらう狙いがあった。「人間の中には、ほかの人や、ほかの犬とさえうまくいかない人がいる。ムースはその両方で、とても安全で安心できる力になってくれた」と話す。

自宅で「もふもふ」癒やされて 遊ぶ秋田犬をライブ配信

2020/05/18 14:18
コロナ後の世界を語る人々は変われるのか?藤原新也さんの目コロナ後は「元の木阿弥になる可能性が強いと思う」と藤原さん。その真意は?
南国前夜 沖縄リゾート秘史国際通りに残る「別の顔」コロナ禍による自粛で、魅力が再注目されている沖縄観光。知られざる南国の歴史を振り返ります。
T JAPAN自宅でのくつろぎ時間をアップグレード心地のよい音、美しいデザイン。自宅時間を格上げしてくれるワイヤレススピーカーを厳選して紹介
&M再び映画とふれあえることを願って映画館や映画にまつわる素敵なエピソードを募集します。抽選で映画観賞券やグッズのプレゼントも
&M安心安全な“置き配” のすすめ楽に設置できるのに、盗難の心配がない宅配ボックス、「コンボライト」をご紹介
コロナのどさくさ備品更新?脚本家・吹原氏死去 37歳 chayが結婚報告黒川検事長の「異色」安倍政権の末期現象「公明支持辞めます」

[看取り犬・文福](4)余命わずかな元漁師、思い出の港へ 外出決行の決め手は人じゃなく…(読売新聞(ヨミドクター))

2020/05/18 12:14
 次に、家族の意向を確認しろと指示すると、これも既に、娘さんに電話をして説明を終えていました。娘さんは、思いもよらない提案を受けて驚いていましたが、「ぜひ秋谷漁港に連れて行ってほしい」と賛成してくれたそうです。
 看護師の了承と同行が必要だと言うと、坂田はすぐに看護主任の所に談判に行きました。以前にも書きましたが、看取(みと)り介護の際に、もし家族とトラブルになると、施設と一緒に看護師も訴えられる恐れがあります。普通なら、看取り介護状態での外出など、看護師は認めません。しかし、うちのホームの看護主任は、ご入居者様本人のQOL(生活の質)を重視してくれるので、坂田のむちゃな提案を認め、当日付き添う看護師を手配してくれました。