人気ギャグ漫画家が描いた 可愛い だけじゃない犬の姿|甦るラグビーW杯 ハチ公は史上最も尊敬された犬 英記者が渋谷に興味 尊厳…

人気ギャグ漫画家が描いた「可愛い」だけじゃない犬の姿

2020/05/22 08:18
 「もう前のようには散歩はできないのかな」などと考え落ち込んでいた時に励みになったのが、ちょんぴーと同じように脚が一本ない猫が元気に動く動画でした。だから次に話をいただいた時は、私も漫画を通して誰かの励みになれるのではないかと思いました。
 ――いつもの作品とは、かなり異なる印象です
 気をつけたのは、ありのまま、創作を入れないように描くこと。漫画のネーム(ストーリー)にはいつも苦労しているけれど、今回は実際にあったことを描くだけなので困りませんでした。ただ、犬の表情には苦労しました。犬は人間のように泣いたり笑ったりしないから、どうやって犬の心情を表現するかが課題でしたね。

【甦るラグビーW杯】「ハチ公は史上最も尊敬された犬」 英記者が渋谷に興味「尊厳が最高級の日本で…」(THE ANSW…

2020/05/22 08:13
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は海外メディアによる大会後の総括で、意外な日本の“街の象徴”への注目だ。英最大手の衛星放送「スカイスポーツ」は大会を取材した記者が、実際に肌で触れた日本文化を振り返る大特集を掲載。その中で渋谷のスクランブル交差点とともに、ハチ公像についてクローズアップしていた。
【画像】「明らかに世界水準」と絶賛! 手に持った紙に記された文字は…日本人ファンが行った“英字歌詞カード”持参の実際の写真
「2019日本ラグビーW杯でのユニークな経験」との見出しで大会を総括した記事では、取材した記者が大会期間中に触れた日本についてレポート。温かいトイレの便座や緻密な電車のダイヤなど、様々な体験を母国のファンに伝えているが、心に残った街の一つが渋谷だったようだ。
「仮に東京の代表的な場所を挙げるとするならば、それは渋谷のスクランブル交差点だろう」と切り出すと「地球上で2番目に利用者の多い列車駅が渋谷。5本の横断歩道があり、それによって、あらゆる方向へ移動できる。3つの巨大なスクリーンが24時……