犬ビタミンやサプリメント市場でCovid-19の影響…|元飼い主に見放されたテリアを迎えて気づいた ドッグト…|おうちにトンネルができちゃった?犬と猫と赤ちゃんがハ…|他

犬ビタミンやサプリメント市場でCovid-19の影響2020:2026にすることで世界の産業用アプリケーション、キー…

2020/06/27 23:04
産業の部門の概要とともに、精密レポートプレゼンツ2020-2026のグローバルおよびリージョナル犬ビタミンやサプリメント工業生産、販売、消費の現状と展望プロフェッショナル市場調査レポート。報告書は、詳細な分析と、テーブルとその中の数字が含まれています。
それは最高の事実と数字、意味、定義、SWOT分析、専門家の意見、世界中の最新の動向と犬ビタミンやサプリメントメーカーの市場の状況に関する重要な分析を提供します。報告書はまた、市場規模、犬ビタミンやサプリメント販売、価格、売上、粗利益と市場シェア、コスト構造と成長率を計算します。報告書は、様々なアプリケーションセグメントによるこの報告書の販売および技術から発生した収入を考慮します。
最終報告書は、この業界にCOVID-19の影響の分析を追加します。
レポートのサンプルPDFを取得@ www.precisionreports.co/enquiry/request-sample/15632919
2019年12月におけるCOVID-19ウイルスが発生するので、病気はそれを公衆衛生上の緊急事態を宣言し、世界保健機関と世界中の約200カ国に広がっています。コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の世界的な影響はすでに感じられ始めている、と大幅に2020年に犬ビタミンやサプリメント市場に……

元飼い主に見放されたテリアを迎えて気づいた、ドッグトレーナーとしての生ぬるさ

2020/06/27 21:50
ニッポン放送「ペットと一緒に」
犬のしつけインストラクターとして活躍している小川亜紀子さんが、現在一緒に暮らすジャック・ラッセル・テリアのゼンくん。なかなか一筋縄では行かないゼンくんのおかげで、たくさんの新たな気づきがあり、飼い主さんの悩みや苦しみも心から理解できるようになったそうです。
今回は、最初の飼い主さんが育犬ノイローゼになり手放したという元保護犬ゼンくんと、亜紀子さんのストーリーを紹介します。
母は犬嫌いだけど、犬を飼う!家庭犬のトレーニングインストラクターとして活躍する、小川亜紀子さんは、幼いころから大の犬好き。小学4年生のころ、犬があまり好きではない母親への説得がついに結実し、念願の犬を飼い始めることができました。
「ムクは雑種で、笑顔のかわいいコでしたね。朝晩の散歩は、小学生時代から私がほとんど欠かさず行きました。両親に『結局、子供にせがまれて飼っても世話をするのは親なんだよね』と言われたくないと、意地になっていた部分もあります(笑)」とのこと。
毎日の愛犬の散歩をとおして、犬の扱いに自信がついたという亜紀子さんは、大学卒業後、犬の訓練所に就職しました。それがきっかけで、小川家でムクくんの晩年、訓練所の廃業で行き場を失ったラブラドール・レトリーバー2頭を家族に迎えました。

おうちにトンネルができちゃった?犬と猫と赤ちゃんがハイハイで楽しく遊んでいるよ

2020/06/27 21:36
Giant Dogs Play In Tunnel With Crawling Baby! (CUTEST VIDEO EVER!!) 今日はおうちの中に、巨大なチューブ状の遊具を広げてみたよ。マラミュートたちもいっしょに遊べるかな。
 先日「ハイハイ秒読みか?」という話をしたばかりだったのに、既にハイハイをし始めているミアちゃん。トンネルの中もずんずん進むよ!
 フィルくんもニコさんも、トンネルの中が気に入ったみたい。すっぽりハマってくつろいでいるし。
 もちろん猫のマイロくんも、狭いところは大好きだ。
 ん? 長~いマラミュート?
 どっちかというとペットたちの方が、このトンネルを楽しんじゃってるみたい。部屋中を占拠する巨大な遊具だけど、みんなのお気に入りになったのかな。
 ミアちゃんが生まれたのは、昨年12月はじめのこと。つまりもうそろそろ生後7ヶ月になるんだね! いやあ、月日の経つのは早いよね。
 これからハイハイもスピードアップして、ペットたちといっしょに家中を動き回るようになるのもきっとすぐ。マランダーでもミアちゃんの成長をマラミュートズ&マイロたちといっしょに見守っていきたいと思っているよ。
written by ruichan
※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたもので……

【悲報】大型犬に甘えられたフレブル。遊んであげようにも、デカすぎて遊んでもらっているようにしか見えない【動画】

2020/06/27 18:30
相手は賢いことで有名なラブラドール。
大きい体でのしかかりそうに見えて、一転ヘソ天して戯れる仕草を。
ちゃんと相手のことを見て遊び方を判断してくれているようですね。
それに反して、フレブルは猪突猛進全力で挑んでいるようですが…。
フレブルは遊び好き。だからこういった戯れあいシーンはよく見られますが、これだけ大きさや個性が異なると、ひと味違う面白みがありますよね。
しかし、大型犬はやっぱりどこか穏やかな空気で、子供っぽいフレブルのことをあやすような気持ちで接してくれている感じがしましたね。
いつだって「あやされる側」なのがフレブルの個性なのかも!
こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。
「ニャンだ。甘えたいのか」フレブルと猫の甘いスキンシップ…から秒でハードな取っ組み合いへ。ギャップに笑う【動画】

この意味知ってる? ピアノ楽譜の「おすわりした犬」にしか見えないマークが話題に

2020/06/27 18:00
ピアノ楽譜でペダルを踏む箇所を示すペダルマークが、「おすわりした犬」にしか見えないというツイートがTwitter上で大きな共感を集め話題になっている。
件のツイートを投稿したのは、シンガーソングライターでピアニストの葛岡みちさん(@michikuz)。ペダルマークはアルファベットで「Ped」と書かれた演奏記号だが、言われてみれば文字の一部が「おすわりした犬」の頭や尻尾に見えてくるから不思議。
https://twitter.com/michikuz/status/1275534434024882177?s=19
「ピアノの楽譜に書かれた「ペダルを踏む」というマークを初めて見る方に、これですって説明するのに、「このおすわりした犬みたいなのが」と表現してしまい、もう完全におすわりした犬にしか見えなくなってしまった… https://t.co/g83jKyCsS4」
葛岡さんの発見に対し、Twitter上のピアニスト達からは大きな反響が起こっている。
「一種のゲシュタルト崩壊ナリ。
ここから先は『わんこマーク』で統一したい。」
「もう完全に犬に見えてます.犬以外には見えない.可愛くシッポふってますし,お尻の下に…」
「ペダルのPedって書いてあるんだよっていうと、結構なキャリアの人でもびっくりしますね…確かに何かの模様と……

〈新型コロナ〉学生の動物愛護団体が「Zoom」を使って犬猫の譲渡会 香川(KSB瀬戸内海放送)

2020/06/27 17:31
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

犬の散歩中に「ニャア」と助けを求めてきた子猫を保護 瀕死の状態から回復→ボス猫にまで成長

2020/06/27 13:20
あ~、もっとマッサージしてにゃ~
キララくんは、橋の近くの護岸の上で、いまにも下の川に落ちそうになっていた。食べるものも食べられずガリガリにやせ、力尽きかけていた。たまたま犬の散歩で通りかかった竹中さんが保護。キララくんは犬を母猫のように思って育ち、いつしか竹中家の猫たちのボス猫になった。
橋のたもとで助けを求めていた猫 ツボ押し中、気持ちいいにゃ
2004年9月30日の夕方、奈良県に住む竹中さんは、川沿いの道を2匹の犬の散歩をしていた。夏が終わり、日が暮れる時間が早くなっていたので、あたりは薄暗がりだった。橋の近くに差し掛かると猫の鳴き声が聞こえてきた。離れると声は小さくなっていった。帰り道、同じ場所を通りかかると再び猫の鳴き声がした。探してみたが、暗くてどこにいるのか分からなかった。
竹中さんはいったん帰宅して懐中電灯を持って、再び鳴き声がしたところに行ってみた。竹中さんが近づくとまたニャアニャア鳴き出したので、懐中電灯の明かりを頼りに探すと、護岸の上の土手のところに白黒の子猫がいた。いまにも下に落ちそうだった。
ガリガリにやせていて、目は猫……