実家の犬が死んだ 16年暮らした犬との日々を“走…|ぐぅたら好きなウチの犬にフィットネストラッカーを装着…|申し訳ないけど笑った 元気出して 友達を見送る…|他

「実家の犬が死んだ」 16年暮らした犬との日々を“走馬灯”のように描いた漫画が切ない

2020/08/01 22:00
 愛犬との別れを描いた由さんの漫画『実家の犬が死んだ話』が、Twitterで話題を集めています。
 壱(いち)くんは2004年生まれ。16年間ずっと由さんの実家で暮らしていました。子犬の頃は垂れ耳でピンクのお鼻だった壱くん。1歳になる頃にはピンと立った耳と黒いお鼻になりました。壱くんはおとなしくてちょっととぼけた男の子。実家のお父さんのことが大好きでした。
 壱くんとお父さんのお出かけは近所の山へのドライブや散歩。家では料理中のお母さんにくっついていました。由さんとのデートは夜の散歩。流星群を探して町内をぐるぐる回ったこともあります。
 10歳を超えたあたりで目が白んだという壱くん。15歳を過ぎると背骨が目立つようになりました。耳が遠くなり、定位置だったソファにも登れなくなった壱くん。由さんは、あまり写真を撮ってこなかったことを後悔しているといいます。
 火葬場に行く前に壱くんの前足を握った由さん。たくさんの思い出が走馬灯のように流れていったといいます。家族が置いた花に包まれた壱くん。火葬場のドアがしまるとき、由さんは壱くんの名前を呼んだそうです。
 形はなくなってしまったけれど壱くんはかわいい弟。ずっと家族の心の中にいます。
 やさしくて穏やかな語り口から寂しさが伝わってくるこちらの漫画。リプライ欄には「すてきな話をありがと……

ぐぅたら好きなウチの犬にフィットネストラッカーを装着してみた

2020/08/01 18:00
アプリ:「デイジーはおうちでぐぅたら中」。
うちの愛犬デイジーについて、まず皆さんにも知っておいていただきたいことが2つあります。1つは、デイジーは散歩が苦手な犬だってこと。私がリードを手にとったら、デイジーは喜んでる"フリ"をします。それが一歩外に出たら、はい終了。すぐにお家に戻りたがるんです。不思議でしょ? 2つめは、デイジーはちょっぴりずる賢くて頑固なこと。散歩から抜け出すために、足を引きずって見せたり、気を失うフリまでしたこともありました。心配する飼い主を何度も動物病院に連れて行かせましたが、それが演技だとする証拠はすべて請求書として保管してあります。
そんなうちの犬にフィットネストラッカーをつけたらどうなるのか? やってみましょう。
不思議な犬デイジーが犬として特別なのは、やっぱり我が子はかわいいから...っていうのはもちろんそうですが、散歩やおもちゃなど、ほかの犬が好きなものを拒むから。でも、運動しないからといってむくむく増量するわけでもなくて、もう長らく2キロちょっとの体重をキープしています。デイジーの日常は、飼い主が仕事をする隣のイスの上で丸くなり、柔らかい毛布に包まれて一日中いびきをかきながらお昼寝すること。
ベッド脇に階段を用意したのに、物怖じせず1メートル近い高さから飛び降りる癖もありますが、獣医さんも推定15歳の老……

「申し訳ないけど笑った」「元気出して」 友達を見送る犬の『尻尾』が?

2020/08/01 16:42
一緒に遊んだその日の楽しい出来事を思い出し、尻尾を振っているのでしょうか。
最初は嬉しそうな後ろ姿だったものの、車のドアが閉まると、尻尾の動きに変化が!
へにょん…と力なく落ちた尻尾からは、仲よし犬との別れをさびしがる心境があふれんばかりに伝わってきます。
「目は口ほどにものいう」なんてことわざがありますが、犬の場合は目ではなく尻尾なのでしょう。
気持ちを雄弁に語る犬の尻尾に「申し訳ないけど笑った」「元気だして」と応援の声も寄せられたほど。
次会う時は、きっと今回とは真逆で、尻尾がとれんばかりの勢いで左右に振る姿が想像できますね。
[文・構成/grape編集部]

あの犬型ロボットがフォードに就職…工場内のスキャンなどに従事。研修の様子を写真で紹介しよう(BUSINESS INS…

2020/08/01 15:00
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

里親先はゴミ屋敷だった! 「多頭飼育崩壊」を経験した元保護犬が感情を取り戻すまで

2020/08/01 14:00
感情が「無」だった元気君。こんな笑顔を見せてくれるようになりました
 元保護犬の元気君はかつてネグレクトに遭っていました。鹿児島・奄美大島で生まれ、生後2か月のとき、里親募集サイトを通じて兄弟犬の瑛太君と一緒に神戸の里親のもとへ。ところが、ゴミ屋敷のようなその家には他にもたくさんの犬や猫がいて、十分なお世話をしてもらえず。結局、9か月後に“多頭飼育崩壊”となり、神戸市動物管理センターへ持ち込まれました。それを知った鹿児島のボランティアさんが元気君と瑛太君を引き出し、2015年11月、改めて新しい家族を見つけるため、関西を拠点に活動する『犬の合宿所in高槻』にゆだねられたのです。
  溝渕家に来た当初の元気君は無表情で尻尾はいつも“収納”。怯えがひどく逃走の可能性があったため、数日間は室内でもワイヤーリードを装着していたという
 最初の預りボランティア家族に「元気」という名前をもらいましたが、その性格と行動は「元気」とは程遠かったようです。“超”がつく怖がりで、特に大人の男性が苦手。そこで“リハビリ”のため送り込まれたのが、お父さんと大学生のラガーマン2人がい……