迫りくる大型台風が怖い!ママひとりで子どもと犬を守ら…|マクロンよ おまえの犬を処刑 仏テロ容疑者投稿か|愛犬の目 車いすで輝いた 飼い主夫妻の工房から3千台|他

迫りくる大型台風が怖い!ママひとりで子どもと犬を守らなくては……

2020/10/17 21:00
大型の台風がやってくるようです。シングルマザーの私ですが、地元に住んでいないので頼れる人もいません。雨戸もシャッターもないマンションの2階に住んでいますが、犬がいるので避難所という選択肢はありません。私ひとりで子どもと犬を守らなくてはいけないなんて……。
友人たちとLINEのやりとりをしたら少し心が落ち着き、スーパーにパンなどを買いに行きました。その帰りに会ったのは、お隣の部屋の奥さん。
自分の部屋に入って少し泣いてしまいました。普段は世間話をする程度のお隣さんだけど、優しい言葉が心強くて……。「私ひとりで頑張らなきゃ!」と思っていましたが、人を頼ってもいいんですね。
夜が来て雨風が強くなり、子どもも犬も不安そうでしたが、私たちには頼っていい人がいると思うと不思議と怖さが和らぎました。そして翌朝。家の前も町もそこまで被害がなくホッとしました。今回テレビで「命を守る行動を」としきりに言っていたのを、みんなしっかりきいて準備をしていたのでしょうか。
でも台風はこれからも来ます。そのときは、ひとりで気負いすぎずに、少しずつ人を頼っていこうと思っています。

「マクロンよ、おまえの犬を処刑」 仏テロ容疑者投稿か

2020/10/17 18:37
© 朝日新聞社 パリ北西のコンフランサントノリヌで16日、教員の男性が殺害された現場付近を警備する警察官=ロイター パリ近郊の中学校脇で16日、同校の男性教員(47)の遺体が首を切断された状態で見つかった。仏検察によると、男性は歴史・地理の教員で、今月上旬、授業で表現の自由を取り上げた際にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を題材にした。保護者の一部が抗議していたという。マクロン大統領は同日、「表現の自由を生徒に教えていたために殺された。イスラム過激派による典型的なテロ攻撃だ」と犯行を非難した。
 仏検察の対テロ部門などによると、同日午後5時ごろ、通報を受けた警察官がパリ北西のコンフランサントノリヌで、男性の遺体を発見。近くにいた男が攻撃する構えを見せたため、警察官が射殺した。男は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだという。捜査は仏検察の対テロ部門が担っている。
 容疑者の男は18歳で、現場から西に70キロほど離れた仏北西部で難民認定を受けて暮らしていた。モスクワ生まれで、イスラム教徒が多いチェチェン系だった。治安当局の監視対象ではなかった。捜査当局は男の両親や祖父ら関係者9人を拘束した。
 検察は容疑者の携帯電話を押収。容疑者が事件後、自身のツイッターに被害者の遺体の写真とともに「異教徒の指導者、マクロンよ。ムハンマドをおとしめた、お……

愛犬の目、車いすで輝いた 飼い主夫妻の工房から3千台

2020/10/17 16:00
 脚が不自由な犬たちに、もう一度、駆け回る喜びを――。大阪市住之江区に、日本全国から注文が集まる犬の車いす工房がある。これまでに作った車いすは3千台近く。うわさを聞きつけた海外駐在員からも引き合いがある。その人気の秘密とは。
 同区で、川西英治さん(61)、仁美(ひろみ)さん(55)夫婦が切り盛りする「工房スイーピー」。2013年、飼っていたダックスフントの愛犬、スイーピーが歩けなくなったのが車いす作りのきっかけだった。もうすぐ8歳になる頃、椎間板(ついかんばん)ヘルニアを発症し、下半身がマヒ。自由に歩けないストレスから、体重が7キロから3キロに減っていた。
 診察した獣医師から犬の車いすがあることを聞いて購入した。しかし、スイーピーは装着を嫌がった。観察していると、ベルトのサイズが合っていないことに気づいた。手先の器用さに自信があった英治さんは、ホームセンターなどを回り、ベルトと車輪を換えてみた。こうして連れて行った近くの公園。スイーピーは、車輪で落ち葉を勢いよくはじきながら、芝生の上を駆け出した。
 食欲が戻り、元気に散歩に行くようになったスイーピーの体重は、数カ月後には、元の7キロに戻った。車いすの買い替えが必要になったが、今度は、最初から自作した。装着しては細部を作り直し、2カ月かかって体形と症状に合った車いすを完成させた。工具を一から……

『マリオカート ライブ ホームサーキット』でコース内に犬猫の乱入が相次ぐ。コース妨害をする猫、ゲートを攻撃する猫、吠…

2020/10/17 12:48
任天堂は10月16日、Nintendo Switch向けに『マリオカート ライブ ホームサーキット』を発売した。「リアルとゲームが連動した、新しいマリオカート」というコンセプトのとおり、コースを設置することで自分の部屋をマリオカートのサーキットにできる本作。カメラが内蔵されたリアルのカートがセットになっており、 Nintendo Switchの映像を見ながら、マリオカートの操作でリアルのカートを家の中で自由に走らせることができる。
ゲーム内にはダッシュキノコやアカこうら、などのキャラクター・アイテムが実際の風景の上に出現。ゲーム内の障害物に引っかかるとリアルのカートも止まるなど、ゲームと現実がリンクした体験をプレイすることができる。ラジコンのように実際のカートを走らせて遊べるレースゲームとして、これまで画面の中でしか遊べなかったマリオカートの新たなアプローチと言えるだろう。
しかし、サーキットが現実に飛び出してきたことで思わぬ対戦相手に乱入されるプレイヤーもいるようだ。『マリオカート ライブ ホームサーキット』のプレイ中にペットに乱入されたという報告が、特に猫を中心にSNS上で相次いでいるのである。犬や猫には狩猟本能があり、動き回るリアルなマリオカートには身体が反応してしまうのだろう。SNSに投稿された、ペットとマリオ(ルイージ)の戦いをご紹介しよう……

くつろいでいた愛犬がアザラシに…「ゴマちゃん!!」と大反響

2020/10/17 12:00
 ソファーでくつろいでいた愛犬がアザラシに……?そんな不思議な体験をしたのは、柴犬のチョビちゃん(7歳/メス)の飼い主さん。
 アザラシになった?チョビちゃんの写真をTwitterに投稿すると、1万件以上のいいねが付き、「めっちゃ可愛い」などのコメントが寄せられ、見た人たちの心を和ませています。
【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】
 チョビちゃんの飼い主さんは10月15日、「こんにちはアザラシです」というコメントと共に、写真を投稿。そこには、ソファーでくつろぐチョビちゃんが写っていたのですが、耳がソファーに埋まってしまっているのか、見えなくなっていて、まるでアザラシのような顔に……。
 たぶん本人?本犬?は、自分の顔がアザラシみたいになっているなんて気づいていないでしょうが、おそらく日本初のアザラシ犬が誕生してしまっています。
 飼い主さんにお話を伺ったところ、このソファーはチョビちゃんの寝床で、いつもくつろいでいるのですが、「寝返りの時はアザラシです」と教えてくれました。なるほど、寝返りを打つと耳が隠れてしまうんですね。
 1つ前の「寝床から出たくない犬」というツイートには、チョビちゃんが寝返りを打っている動画が投稿されているのですが、「チョビちゃんがアザラシになるまで」が収められていますので、気になった人はチェ……