高野山参詣道をご神犬と登る|知ってる犬の座り方とちょっと違う……でも可愛いから許す|救助にドローンや犬投入 県警 民間団体と連携訓練:中…

高野山参詣道をご神犬と登る

2020/11/22 08:20
世界遺産に登録されている和歌山県かつらぎ町の神社から、神様の使いの犬、「ご神犬」と一緒に高野山まで歩いて登る催しが行われました。
この催しはかつらぎ町にある世界遺産、丹生都比売神社の神様の使いの犬が、弘法大師・空海を高野山に導いたと伝えられていることにちなんで行われました。
催しには全国各地からおよそ40人が参加し、神社のご神犬で紀州犬の「すずひめ号」と「大輝号」が一緒に丹生都比売神社を出発しました。
参加者は、お互いの距離を取りながら高野山への参詣道のひとつで世界遺産に登録されている「町石道」を歩き、地元の語り部の人たちから町石道の見どころなどの説明を受けていました。
新潟県から参加した女性は「ご神犬がかわいかったです。歴史を感じることが出来ました」と話していました。
また大阪府から参加した男性は「弘法大師と一緒に登っているつもりで、歴史を感じながら歩くことが出来ました」と話していました。

知ってる犬の座り方とちょっと違う……でも可愛いから許す

2020/11/22 07:00
 飼い主さんは11月19日、「俺の知ってる犬の座り方と違うのが気になるが可愛いから許す」というコメントと共に、1枚の写真を投稿。写真には、お尻をドテッと付けてあぐらをかくように座る、ろんくんの姿が写っていました。この座り方も、たしかに可愛い……。
 飼い主さんにお話を伺ったところ、普段はわんぱくだけど、ハーネスや服を着せると素直で大人しくなるという、ろんくん。この座り方は時々して、1日の中でも少なくないとのこと。
 この座り方をしたのは、ガウガウ吠えて噛みつこうとしたことを叱った時で、飼い主さんが「お座り」と言ったら、今回のような座り方をしたのだとか。ろんくんにとって、この座り方は反省していることを表しているのでしょうか。逆に反省していないようにも見えますが……。
 しかし、この座り方を見た飼い主さんは「可愛すぎて慌ててカメラを向けた」と言い、ろんくんを叱っていたけど「笑ってしまい、『許す!』と言った記憶があります」と楽しそうに話していました。
 この投稿には、1万5000件以上のリツイートと、12万5000件以上のいいねが付き、「うちの子も、微妙にヘンテコな座り方です」「カワユスでおもしろい座りかたですね」「座り方も表情も可愛いですね」など、多くのコメントが寄せられています。
俺の知ってる犬の座り方と違うのが気になるが😅可愛いから……

救助にドローンや犬投入 県警、民間団体と連携訓練:中日新聞Web

2020/11/22 05:00
<こちら飛騨まち探偵団> 旧高山市内の4中学、なぜ制服一緒?
 制服といえば、学校ごとに個性が出るもの。しかし、旧高山市内の中山、日枝、東山、松倉の四中学校は制服が...
11月22日