犬種は何ですか?って良く聞かれるけど 茶色のシベリア…|美人女優の犬の世話を頼まれた人気歌手 おなら連発に困惑|きろ 国際救助犬に 東北初の合格/青森 by 陸奥…|他

犬種は何ですか?って良く聞かれるけど、茶色のシベリアンハスキーです

2020/11/23 11:36
 現在、44800人のフォロワーを抱えるInstagramアカウント『huskyquoi』では、強いだけでなく、愛らしくお茶目で元気いっぱいのセコイの姿をたくさん見ることができる。
written by Scarlet / edited by parumo
全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52296758.html
 こちらもオススメ!―動物・鳥類についての記事―
オカメインコに癒されたい!マイペースな彼らの日常的風景を垣間見よう多様性すごい!地球の愛すべき面白い生態を持つ世にも奇妙な11の鳥フクロウが知らぬ間に270キロメートル移動していた件。クリスマス用の大木にひっついていたえっ子猫?本当に本当にうちの子になるの?ビックリどっきりなサプライズの瞬間を集めてみた飼い主が危ない!海に飛び込み近づいてきたサメを必死に追い払おうとする勇敢な犬(オーストラリア)―画像の紹介記事―
ラッコがサメを捕食!?カリフォルニア沖でサメを抱きしめるラッコの姿が捉えられる(アメリカ)これはいったい!?民家の浴室の壁についたうんちっちめいた茶色い物体の正体……

美人女優の犬の世話を頼まれた人気歌手、おなら連発に困惑

2020/11/23 10:49
 女優エマ・コリンズ(24)はワン・ダイレクションのハリー・スタイルズに犬の世話をしてもらった事があるそうだ。ドラマ『ザ・クラウン』のシーズン4で故ダイアナ役を演じて話題のエマは、ビジネスミーティングの夕食に出かけられるよう、飼い犬スペンサーの世話を頼んだそうだが、犬がおならを連発したことに困惑していたハリーが再び世話をかって出てくれることはないだろうと考えているという。
 『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演したエマは、こう語った。
 「彼が一度ドッグシッターをしてくれたことがあるの。私の犬は、全くわかっていなかったわ。それは素敵なことね。犬にとってはただの人間だから」
 「彼が住んでいるところの近くでディナーをとっていて、スペンサーの面倒を彼がみてくれたの。でもそれ以来してくれたことはないわね」
 「食事の途中で、『彼、おならが止まらない。これって普通?』とだけ書いたメッセージを受け取ったのよ」
 またエマは最近、有名になった自分の面倒は自分でみれるのでボーイフレンドなどいらないと話していた。
 「なるべくなら、自分1人で、自分主導でこれは進めたいの。自分で自分の面倒をみていると感じられる方が良い気分でしょ」
 大学時代の友人4人とアパートをシェアしているというエマは、友人達のサポートに助……

「きろ」国際救助犬に 東北初の合格/青森 by 陸奥新報

2020/11/23 10:26
 青森市浪岡のNPO法人北東北捜索犬チーム(岩本良二理事長)所属のラブラドルレトリバー「きろ」が、10月30日に行われたIRO国際救助犬の試験に東北で初めて合格した。きろは5歳の雌で、県の嘱託警察犬としても活躍している。きろのハンドラーである三上修悦さんは「実際に災害があった時に動ける救助犬になってほしい」と思いを込めた。
 国際救助犬連盟(IRO)は世界一大きな救助犬の国際ボランティア組織で、日本では国際救助犬を認定する試験を年2回行っている。試験は瓦礫(がれき)捜索、広域捜索などの部門があり、それぞれ適正試験(初級)、A段階試験(中級)、B段階試験(上級)とレベルを設定し、実際の災害現場で犬が意欲的・自発的に活動できるか、ハンドラーと犬に信頼関係があるかどうかなどで評価。A段階を合格することで国際救助犬として登録され、国内で災害が発生した際、捜索に参加することができる。
 今回、きろは広域捜索部門A段階試験に挑み、見事、一発で合格。日本で行われた試験の平均合格率は20%以下と低く、今回の試験では11頭受けたうち、合格したのはきろを含めて2頭だけ。きろは三上さんと信頼関係を築けている点などが評価された。
 A段階試験で2回、8割以上の評価を受けなければ、次のB段階試験は受……

犬のがん治療スタートアップOne Healthで17億円を調達したカップル

2020/11/23 08:30
4年前、がん専門の獣医師であるMona Rosenberg博士は、甲状腺がんを患った犬の治療を行った。博士は、2年間に渡って化学療法を行ったが、腫瘍が大きい場合、化学療法は必ずしも効果的ではないとされる。しかし、当時は犬のがん治療と言えば、化学療法しかなかった。治療は順調に見えたが、その後リンパ節と肺への転移が認められた。
人間のがん患者に対する治療法は、この数十年で劇的な進歩を遂げている。しかし、犬に対する化学療法は、20世紀からほとんど変わっていない。人間に対する新たながん治療法が開発されると、まずは犬でテストを行うにも関わらずだ。
38歳のBen Lewisと45歳のChristina Lopesの夫婦は、こうした状況を変えたいと考え、サンフランシスコを本拠とする「One Health」を設立した。同社は、ゲノミクスとAIを組み合わせて、個々の犬に最適ながん治療を行う「FidoCure」を開発し、獣医や調剤薬局と連携して患者に提供している。
FidoCureでは、人間のがん治療から得られた知見を犬のがん治療に活かすだけでなく、犬の治療データを人間の治療に役立てているという。
「犬でテストした結果は、人間向けの治療法の開発に役立てられてきたが、その逆はこれまで行われてこなかった。我々は、それを変えたいと考えた」とLopesは話す。……