堆肥化可能で生分解性の犬用プープバッグ市場の需要と成…|INUTO Autumn&Winter2020 犬と…|犬との住まいスペシャリスト[Basic]資格認定講…|他

堆肥化可能で生分解性の犬用プープバッグ市場の需要と成長分析2020年から2026年–グラビー、BioDOGradab…

2020/12/01 20:09
世界の堆肥化可能で生分解性の犬の糞袋の洞察、2026年までの予測堆肥化可能で生分解性の犬の糞袋  レポートは、MarketInsightsReportsによって最近追加され、より強力で効果的なビジネスの見通しを得ています。地理的成長、トレンド、市場シェア、サイズ、CAGR、SWOT分析、アプリケーション、統計、販売、タイプ、キープレーヤー、生産、収益別の競争、価格トレンドなど、業界のさまざまな属性の詳細な分析を提供しますアナリストは、定性的および定量的分析手法を使用して、読者、事業主、および業界の専門家に正確で適用可能なデータを提供してきました。推進力、抑制、機会を含む市場のダイナミクス。それは、堆肥化可能で生分解性の犬の糞袋壁コンセントモジュール市場の競争と主要企業の詳細な分析を提供します。ここでは、最近の動向、売上高、市場価値、生産、粗利益、在庫回転率、コスト分析の負債対資本比率、およびこの市場で事業を行っているトッププレーヤーのビジネスの他の重要な要素に焦点を当てています。
このレポートのサンプルコピーは、次の場所で入手してください。
https://www.marketinsightsreports.com/reports/11122456426/global-compostable-and-biodegradable-dog-poop-ba……

INUTO Autumn&Winter2020「犬とのおそろいを楽しもう」いよいよ12月1日より販売開始

2020/12/01 17:47
INUTO Autumn&Winter2020「犬とのおそろいを楽しもう」いよいよ12月1日より販売開始  時事通信

「犬との住まいスペシャリスト[Basic]資格認定講座」初開催

2020/12/01 15:48
テキスト
 同講座「Basic」編は、犬と暮らしたことがなくても、犬と暮らす施主にアプローチできるよう、犬とその飼い主を取り巻く社会環境と暮らしに関する基礎的な知識を得られる内容となっている。
 犬と住まうための基礎を、平常時から災害時を通して幅広く学び、犬と暮らす飼い主のライフスタイルと住まいにまつわる課題や、顧客への訪問時に必要とされるマナーについて理解することで、犬と暮らす施主の要望を正しく理解し提案に結びつけることが可能となる。
 講師は金巻とも子氏(一級建築士、家庭動物住環境研究家)。テキストは「犬・猫の気持ちで住まいの工夫-増補改訂版」(金巻とも子著)。受講料は1万9800円(税込)。募集締切は2021年2月12日(金)。
■カリキュラム:
・犬との社会-現代のペット事情と犬の暮らし
・犬とは-犬の種類と住まいにまつわる犬特性
・犬とは-体の仕組みとコミュニケーション
・犬との暮らし-犬と暮らす人のライフスタイル
・犬との暮らし-しつけとトレーニングの基礎知識
・犬との暮らし-住まいにまつわる困りごと
・犬との暮らし-犬向けグッズ・飼い主向け用品
・犬との住まい-犬の日常管理と基礎的な整備と住分類
・犬との住まい-平常時からのペットの災害対応
・犬とのより良い住まい……

2020年、全国の宿自慢「看板犬ランキング」発表 犬の魅力が集客に影響

2020/12/01 15:19
関連記事レゴランドってそんなにひどいの? 家族を連れて行ってみた
「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。記者が家族を連れて遊びに行ってみた。スシローとくら寿司 「価格帯」と「シャリ」から見えた戦略の“決定的”な違いとは
大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。標準的な寿司の重さはほぼ一緒。しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。人気ステーキチェーンを超えた!? ハンバーグ専門店の「挽肉と米」と「極味や」に行列ができるワケ
「ハンバーグ専門店」に注目が集まっている。「挽肉と米」と「極味や」が新しい食べ方を提案し、行列ができている。ステーキブームが落ち着く一方で、なぜハンバーグが支持されるのか。「生ビール190円」の原価率は85%? お客が3杯飲んでもしっかり利益が出る仕組みとは
「生ビール1杯190円」という看板を見かける。安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。どんな狙いがあるのか。「100円おせち」はなぜ売れるのか? ローソンストア100が強気の販売予想を打ち出したワケ
ローソンストア100の「100円おせち」が売れている。19年度は昨対比120%となる約138万個の販売を見……

音楽朗読劇「VOICARION」、孔明描く新作と初演演出版「信長の犬」が大阪・愛知で上演

2020/12/01 14:15
「VOICARION」は、藤沢文翁が原作・脚本・演出を手がける音楽朗読劇シリーズ。1月16・17日に大阪・新歌舞伎座で上演される新作「孔明最後の一夜」は、その第10弾となる。本作では、中国を舞台に、天才的な軍略家でありながら、三国時代の最弱の王・劉備の軍師となった諸葛亮孔明を主人公にした物語が展開。出演者には島崎信長、下野紘、諏訪部順一、朴ろ美、安元洋貴、山口勝平、山寺宏一が名を連ねた。チケットの最速先行予約は12月12日11:00から18日11:00まで受け付けられ、一般販売は12月25日10:00に開始される。
また、9月に東京・帝国劇場でも上演された「信長の犬」が、2018年の初演演出版で上演されることも明らかに。本作は、戦国時代に活躍した日本初の軍用犬の実話をもとにしたもので、動物との交流から呼び起こされる“人間らしさ”を描き出す。キャストには「孔明最後の一夜」にも出演する諏訪部、朴、山口のほか、石田彰、井上和彦、浪川大輔、保志総一朗がそろった。公演は1月30・31日に愛知・御園座にて。チケットの一般販売は12月26日10:00に開始される。
なお、2016年から好評を博している「VOICARION」シリーズが新歌舞伎座、御園座で上演されるのは、今回が初めてとなる。

闘犬って今でも行われているの?その歴史と闘犬を代表する犬種を紹介!

2020/12/01 12:41
pixabay.com
闘犬の歴史は古代ローマまで遡ります。当時ローマでは人同士や人と獣などを戦わせる競技が盛んでした。コロッセウムという競技場でそのような戦いを見物していたことは有名な話です。これが派生して軍用犬同士を戦わせるようになったのが闘犬の始まりといわれています。
その後、18世紀から19世紀にかけて闘犬は盛んになりました。この頃は犬同士だけではなく、犬と他の動物も戦わせていました。もちろんその戦いはどちらかが死ぬまで続けられるという残忍なものでした。
20世紀に入ると犬をペットとして飼育する文化が根付き、動物愛護の観点から闘犬を禁止する国も増えて段々衰退してきました。闘犬の大会に関することだけではなく、トレーニングや繁殖方法まで多岐に及び規制がかけられることもあります。とはいえ法律による規制のない国では定期的に闘犬の大会が開かれています。