犬のしん粉細工 お札など限定販売 湯沢市観光物産協会|犬に教えたい一芸 犬の鼻パクの訓練はどうやるの?|検疫探知犬お披露目 富山空港の モナ号 伝染病 水…

犬のしん粉細工、お札など限定販売 湯沢市観光物産協会

2021/02/20 11:52
 秋田県湯沢市観光物産協会は、犬のしん粉細工や愛犬の健康を祈願するお札などのセットを販売している。今年、新型コロナウイルスの影響で中止となった犬っこまつりの情緒を味わってもらう狙い。
 しん粉細工2点をそれぞれケースに入れたセット(3500円)と、愛犬の健康を願うお札、しん粉細工の根付け、お守りの3点セット(1500円)の2種類。
 しん粉細工は20セット、お札は50セット限定。希望の商品や郵便番号、住所、氏名、電話番号、配送の希望時間帯などを記入しメールで申し込む。詳細は同協会ウェブサイト(http://akitayuzawa.jp/event/20210214.html)。

【犬に教えたい一芸】犬の鼻パクの訓練はどうやるの?

2021/02/20 07:30
pixabay.com
これから鼻パクの訓練方法をご紹介します。一芸とはいえ、しつけであることには変わりません。そのため、しつけの基本的なポイントを押さえるならしっかりとトレーニングしてあげられます。
ぜひポイントを押さえながら、愛犬に鼻パクの訓練をしてあげましょう。
1.準備鼻パクの訓練を開始する前に、必要なものや環境を整えましょう。
まず、周囲の雑音がないところで訓練を開始するのは大切です。なぜなら、犬は人間の言葉の意味ではなく、発音を聞いて号令を見分けているからです。

検疫探知犬お披露目 富山空港の「モナ号」 伝染病、水際で阻止

2021/02/20 05:00
 富山空港に初めて配備された動植物検疫探知犬「モナ号」が19日、お披露目された。国内の畜産業や農業に被害をもたらす悪性伝染病や病害虫の侵入を防ぐため、国際線利用者の荷物から感染源となる肉製品や果物などを嗅ぎ分け、水際で阻止する。
 モナ号は1歳メスのビーグル犬。約9カ月間訓練を積み、昨年12月に配備された。新型コロナウイルスの影響で国際線の運航がない中でも訓練を重ねている。
 探知犬を担当する職員「ハンドラー」と登場したモナ号が任務を実演した。五つずつ並べられた段ボール箱やスーツケースに鼻先を近づけ、中に入っているソーセージやオレンジのにおいを見つけると、お座りして知らせた。
 農林水産省動物検疫所中部空港支所小松出張所によると、検疫探知犬は全国で105匹が活動しており、3月末までに140匹に増やす。