犬好きによる 犬好きのための 犬の刺繡作品集 とって…|累計出荷本数18万本突破の犬用デンタルジェル Dr.…|犬目町チア全国出場 4年目で初 結果は来月

犬好きによる、犬好きのための、犬の刺繡作品集『とっておきの犬の刺繡』4/11発売

2021/04/08 10:00
『とっておきの犬の刺繡』カバー
犬好きによる、犬好きのための、犬の刺繡作品集です。
写真のようにリアルに再現したものから、線刺しの比較的簡単なものまで。小型犬を中心に、さまざまな犬種の図案を紹介します。日常づかいの小ものにしたり、額に入れてインテリアにしたり。可愛いワンコがいっぱい。犬好きさんに是非ご覧いただきたい一冊です。
【主な内容】chapter.1 表情を描く
シルクシェーディングという技法で表情を写真のようにリアルに表現。1本どりのロング&ショート・ステッチで毛並みや瞳を再現します。
chapter.2 日常を描く
かわいい犬たちの生活の1コマを作品に。糸を2本どりにしたり、布などを組み合わせたりすることで、複雑なステッチの面積を少し減らしてみました。季節のイベントや、やんちゃなイタズラを楽しむ、個性豊かなワンコたち。
chapter.3 フォルムを描く
線刺しを中心に、初心者でも簡単にできる図案を紹介。仕立てる作品はなるべく少なく、市販のエプロンや布バッグに刺しても楽しめます。
chapter.4 キャラクターを描く
擬人化した犬たちがおしゃれに装います。額などに飾れば素敵なインテリアに。
刺し方のページでは、毛の流れや毛質を表現した立体感ある刺繍の細部がわかるように写真を拡大。基本……

累計出荷本数18万本突破の犬用デンタルジェル「Dr.WANDEL(ドクターワンデル)」が、日本マーケティングリサーチ…

2021/04/08 10:00
​飼い主が選ぶ「買ってよかった」犬用デンタルケア商品 No.1
Dr.WANDEL(ドクターワンデル)
動物歯科領域に長けた現役の獣医師との共同開発のもと作られた、犬用デンタルジェル。ジェルの粘度を高くして、有用成分が歯肉に長く触れられるように設計されている。2021年3月末日までに累計出荷総数18万本を突破。
2021年4月には商品をリニューアルし、新たに噛むスティック「KANDEL」を追加したセットに。
舐めさせるだけでは落とすことが難しい「しつこい歯垢」を、KANDEL(噛むスティック)のダイヤカット構造とDr.WANDEL(デンタルジェル)の有用成分との相乗効果によりしっかりと削ぎ落とす商品設計になった。
この「スティックとジェルとの組み合わせによるまったく新しいデンタルケア」手法は『噛みがき』と称され、この手法においてPCT国際特許も出願中とのこと。
Dr.WANDEL(ドクターワンデル)の特徴
●噛むスティック×デンタルジェルで楽しく「噛みがき!」
2021年4月からのリニューアルで、噛むスティック「KANDEL(カンデル)」を追加。
口に触られることや歯ブラシを嫌がってしまい、歯を磨くことが難しかったワンちゃんに対しても、「噛みがき」によってより簡単に、楽しく歯みがきをさせることができるようにな……

犬目町チア全国出場 4年目で初 結果は来月

2021/04/08 00:00
 チアリーディングとダンスの全国大会「USA ALL Star Nationals2021」にアローレ八王子スポーツクラブ(犬目町)のチアダンスチーム「シャイニージェイド」が出場した。3月30日には石森孝志八王子市長に表敬訪問した。
動画審査
 大会はユナイテッド スピリット アソシエーション ジャパン(千代田区)が主催。今回「全国」はに117チームが進出。
 シャイニージェイドは、予選にあたる東京大会で基準点以上を獲得(2月22日結果発表)して全国に出場した。「東京」も「全国」もコロナ禍を受けて動画審査となった。「全国」用の動画は3月末に提出した。結果は5月1日・2日にライブ配信される。
 出場したのは小3〜6が対象の「ユース」(7人)と小5〜中3の「ジュニア」(5人)で、両チームとも「Pom」部門での挑戦。指導者の伊藤渚さんによると、同大会は「チアをしていれば皆が目指す」とのことで、全国の先には「世界」もある大きなものという。
「常に最後」の緊張感
 同チームは2018年に発足。これまでにも受賞歴はあるが全国は4年目にして初の快挙。ジュニアリーダーの小磯星(きらら)さん(14)は「チアを始めたとき(小3)から目標だった大会」と目を輝かせる。「私たちの演技で誰かを笑顔にできれば」
 動画撮影でもコロナ対応として、「ポン……