原因は自分にある 新曲 犬と猫とミルクにシュガー …|2021.4.17 Novelbright 映画 犬…|聞こえていますか?犬猫の声 ホリスティック獣医師・本…

原因は自分にある。、新曲「犬と猫とミルクにシュガー」の配信リリースが決定

2021/04/17 11:30
原因は自分にある。が新曲「犬と猫とミルクにシュガー」を5月5日(水)に配信リリースすることを発表した。
同曲は4月2日(金)に開催した1stワンマンライブ『げんじぶ空間:case.1』にて初披露され、収録配信ライブ放送中のコメントチャットにてサプライズ発表された。キャッチーなタイトルからは想像できない、HIPHOPビートに乗せた攻撃的な歌詞から、げんじぶの新たな一面を感じられる楽曲と言えるだろう。
そして、ジャケットアートワークは新進気鋭の若手イラストレーターmagoyama氏が制作。巨大な敵に立ち向かう少年と、相対するポップな色使いが、曲の世界観を深めている。
また、公式YouTubeにて「げんじぶ空間:case.1」パフォーマンス時に使用した「スノウダンス」のイメージビデオが公開された。前作アルバム発売時に実施したクリエイターコラボ企画の入賞イラストを使用し、次々と季節が移り変わる切なさが感じられる映像に仕上がっている。
なお、1stワンマンライブ『げんじぶ空間:case.1』の収録配信ライブのアーカイブチケットは現在発売中! 「犬と猫とミルクにシュガー」の初パフォーマンス映像は要チェックだ。
■収録配信ライブ『げんじぶ空間:case.1』 チケット情報
https://l-tike.com/genjibu/

2021.4.17 Novelbright、映画『犬部!』に主題歌書き下ろし

2021/04/17 09:00
(C)2021『犬部!』製作委員会
Novelbrightの新曲「ライフスコール」が、映画『犬部!』の主題歌に起用されることが明らかになった。
◆関連画像
『犬部!』は、片野ゆかのノンフィクション書籍『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)が原案の“青春犬ラブムービー”。北里大学に実在した動物保護サークル「犬部」の学生をモデルに、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての仲間を再び巻き込んで信念を曲げずに突き進む主人公の奮闘が描かれる。
『花戦さ』(2017年)や『影踏み』(2019年)の篠原哲雄が監督を務め、動物ドキュメンタリーの名手、山田あかねが脚本を担当。主人公・花井颯太を林遣都、その相棒となる同級生・柴崎涼介を中川大志が演じる。
主題歌に決定した「ライフスコール」は、Novelbrightがこの映画のために書き下ろしたという新曲だ。楽曲について、林遣都と中川大志、Novelbrightはそれぞれ次のようにコメントしている。
   ◆   ◆   ◆
■林遣都 コメント
素敵な主題歌を届けていただき感謝しています。
様々な葛藤を乗り越え、信念を曲げずに闘い続けた登場人物たちの思いを代弁してくれているかのような歌詞でした。動……

聞こえていますか?犬猫の声 ホリスティック獣医師・本村さん、「シッポの願い」出版 /福岡

2021/04/17 07:13
 東京や福岡を拠点に心と体のバランスを整えることから健康を考える「ホリスティック獣医学」に関する病気の予防セミナーなどに取り組んでいる獣医師の本村伸子さん(56)=東京=が著書「シッポの願い~聞こえていますか? 犬猫の声」(文芸社・税抜き1600円)を出版した。【末永麻裕】
 本村さんは姉の愛犬フレンドが5歳でがんを発症し、1998年に10歳で死んだ際、若くしての発がんに疑問を感じたという。留学先の米国で調べを重ね、ペットフードやワクチンの過剰接種による副作用が発がんの原因になりうるとの見解を知った。フレンドと同じような犬や猫を生みたくないという思いから、その知識を広めるセミナーや執筆活動を20年以上続けている。
 本書は「生体販売のペットショップの現実」「消化管の大切さを知る」「犬と猫の栄養学」「自然を感じる」「処方される薬を理解する」――など全11章で構成している。