年齢や疾患に関わらず愛犬をすっきり綺麗に!老犬ホーム…|第3回 ダス犬コロリアージュコンテスト ゴールデン…|茨城新聞 水戸市立見和図書館 犬と一緒に読み聞かせ…|他

年齢や疾患に関わらず愛犬をすっきり綺麗に!老犬ホームでわんこのシャンプーの予約承り中!:時事ドットコム

2021/04/20 11:16
年齢や疾患に関わらず愛犬をすっきり綺麗に!老犬ホームでわんこのシャンプーの予約承り中!:時事ドットコム  時事通信

『第3回 ダス犬コロリアージュコンテスト』ゴールデンウィークのおうち時間は塗り絵で“暮らし”を彩ろう!

2021/04/20 09:10
本コンテストは2019年に第1回が開催され今年で3回目の開催となります。暮らしを支える様々な事業を展開する当社が、幅広い世代が参加できる塗り絵(コロリアージュ)を通じて、たくさんのお客様と繋がっていきたい、という想いから開催しているコンテストです。
昨年からおうち時間が増加し、“暮らし”を見つめ直す機会が増えました。そこで本年度は、“理想の暮らし”をテーマに4種類の下絵をご用意。それぞれの感性で色鮮やかな暮らしを塗り絵で表現していただきます。また、特設サイトでは日本の各エリアとよく似た架空の街の上に、ご応募いただいた作品を随時掲出します。様々な人々の“繋がり”でできた『世界一カラフルな街「コロリアージュタウン」』が完成します。特別審査員には昨年に引き続きアーティストの増田セバスチャン氏を迎え、グランプリ作品には賞金20万円とダスキン洗剤詰め合わせを贈呈する他、入選作品には素敵な賞品をご用意しています。ゴールデンウィークのおうち時間に、ぜひご家族揃ってダス犬コロリアージュをお楽しみください。
<コンテスト概要>
■下絵のご紹介
【食卓】
【子ども部屋】
【一軒家】
【庭】
■コンテスト概要
・コンテスト名
『第3回 ダス犬コロリアージュコンテスト』
・応募期限
2021年6月30日(水)……

【茨城新聞】水戸市立見和図書館 犬と一緒に読み聞かせ 親子、盲導犬と触れ合う

2021/04/20 08:03
「わんにゃんおはなし会」で、ジョンを傍らに置いて、参加した親子連れらに紙芝居を読み聞かせる飯塚みどりさんら=水戸市見和の市立見和図書館 水戸市見和の市立見和図書館で18日、定期的に子ども向けの読み聞かせ会を開いているグループが、初めて犬との触れ合いを融合させた会を開き、参加した親子連れらが命の大切さなどについて学んだ。米国では図書館にセラピー犬「読書介助犬」がいる。茨城県内の図書館で犬が入る催しが開かれたのは初めて。
グループは県動物愛護推進員ら女性3人。同館で「動物愛護パネル展」を開いたのをきっかけに、2015年3月から毎月1回、動物の絵本を読み聞かせる「わんにゃんおはなし会」を開いている。動物との共生社会を身近に感じてもらおうと、同館に犬の参加を申し入れ、実現した。
会は約1時間。未就学の子どもを連れた8組約20人が参加した。グループの飯塚みどりさん(64)らが、盲導犬を紹介する活動をしてきたラブラドルレトリバーのジョン(雄、10歳)を傍らに置き、紙芝居「ぼくはもうどうけん マーク」と絵本「おれさまはネコだぞ!」を子どもたちに読み聞かせた。
飯塚さんは冒頭、子どもたちに犬の触り方などを伝授。ジョンにハーネスを着けて一緒に会場を歩き、段差や障害物を教えるジョンの姿を見せて「盲導犬を見掛……

嘱託警察犬 なれるかな 富山で県警 14頭審査

2021/04/20 05:00
 県警は毎年審査会を開いて、民間から嘱託警察犬を選考している。今年は犬十四頭と指導者九人が参加。指導者の指示に従って待てをしたり障害物を跳び越えたりする「服従」や、火薬のにおいがする箱を当てる「爆発物捜索」などの審査を受けた。基準を満たした犬は六月一日から一年間活動する。