想い描いた生活と違う!? 犬を飼い始めてから 手放し…|10代女性が犬たちを守るために素手でクマを撃退 監視…|あっドッグフード泥棒!何回注意しても懲りない犬(テレ…|他

10代女性が犬たちを守るために素手でクマを撃退 監視カメラがとらえた衝撃映像が話題に(ねとらぼ)

2021/06/14 20:06
10代女性が犬たちを守るために素手でクマを撃退 監視カメラがとらえた衝撃映像が話題に(ねとらぼ)  Yahoo!ニュース

あっドッグフード泥棒!何回注意しても懲りない犬(テレビ朝日系(ANN))

2021/06/14 19:16
あっドッグフード泥棒!何回注意しても懲りない犬(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

『犬は歌わない』レビュー:野良犬の日常から綴られる、人間の犠牲となった動物たちへの敬虔な想い

2021/06/14 17:03
■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT
実に不思議なドキュメンタリー映画を見てしまった!
というのが第一印象です(もちろん良い意味で)。
犬のライカと聞くと、映画ファンならすぐにラッセ・ハルストレム監督の出世作『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』(85)を思い起こすことでしょう。
あの作品の中で主人公の幸薄いイングマル少年は「ソ連の人工衛星に乗せられて宇宙へ行ったライカ犬に比べれば、僕の人生なんてまだマシ」などと、達観とも自嘲とも思えることを日々考えていましたが、この『犬は歌わない』を見ると、イングマル君ならずともライカの悲劇に心痛めながら想いを馳せてしまうこと間違いなし。
とはいえこの作品、ソ連やアメリカなどの宇宙飛行開発史に伴う動物たちのアーカイヴ映像を通して、その悲劇が語られてもいますが(ライカも実に可哀そうな最期を遂げています)、実はその倍以上の尺をもって描出されていくのが、何と現在のモスクワを生きる野良犬たちの姿なのです。
実はライカも、かつてモスクワの街角で健気に生きていた野良犬でした。
そして映画は、ライカの子孫のような現在の野良犬たちの過酷な日々のサバイバルを通して、人間のエゴが動物らにもたらす非道の数々と同時に、生命のはかなさもたくましさも両立して訴えているのです。
犬たちを徹底し……

家族や警察が捜索しても発見できず…行方不明の高齢女性 警察犬が「わずか数分」で発見 枕の匂いをもとに(東海テレビ)

2021/06/14 16:20
家族や警察が捜索しても発見できず…行方不明の高齢女性 警察犬が「わずか数分」で発見 枕の匂いをもとに(東海テレビ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

悟りの表情で川につかる犬さん まるで温泉を楽しむおじいちゃんな姿に「川の主か!」「見てるだけで癒される」(まいどなニ…

2021/06/14 16:02
悟りの表情で川につかる犬さん まるで温泉を楽しむおじいちゃんな姿に「川の主か!」「見てるだけで癒される」(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

球団ニュース

2021/06/14 15:14
 菅野智之投手が2015年以来支援活動を続けている社会福祉法人日本介助犬協会から14日、菅野投手と介助犬の掛け合いがとてもかわいいデザインのコラボLINEスタンプ(税込120円)が販売開始となりました。売り上げによる収益は介助犬の育成・普及活動などに充てられます。
 「了解」や「ありがとう」など普段よく使われるメッセージをはじめ、菅野投手からのリクエストで自身がよく使用するという「今向かっています!」などのメッセージ計8種類を盛り込んでいます。購入はこちらから。
 また、LINEスタンプ発売を記念して、8月末までに東京ドーム及びジャイアンツ球場の介助犬ブースでコラボグッズを購入し、スタンプのダウンロード画面を提示した方を対象に菅野投手のサイングッズなどが当たる豪華抽選会を行います。
菅野投手コメント
「介助犬とLINEスタンプでコラボするのは初めてなのでとても楽しみにしていました。僕が普段よく使うメッセージも入れてもらったので、愛用したいと思います。ファンの皆さまにもぜひ色々な方へメッセージを送る際に使っていただき、一緒に介助犬の輪を広げてもらえたらうれしいです」

※菅野投手の支援活動の詳細はこちら

世界一の犬はペキニーズのワサビ ウエストミンスター・ドッグショーで優勝

2021/06/14 13:55
世界一の犬はペキニーズのワサビ ウエストミンスター・ドッグショーで優勝  スポーツニッポン新聞社