戦地で散った軍犬の咆哮 伝令や戦闘 過酷な運命|脚4本切断の保護犬 義足装着の手術成功 ロシア(CN…|犬と猫 専門誌販売部数はどちらが上か…犬猫系雑誌の部…|他

戦地で散った軍犬の咆哮 伝令や戦闘 過酷な運命

2021/11/22 11:00
内閣情報部(当時)発行の「写真週報」(昭和13年5月18日号)の「帝都を護る 犬も戦士」と題した表紙の写真(国立公文書館蔵)日米開戦のきっかけとなった米ハワイ真珠湾攻撃から12月8日で80年。日本が「総力戦」を掲げた先の戦争では、数多くの動物たちも駆り出された。身近なペットの犬も「兵士」として戦地に赴いたことは、あまり知られていない。その多くは戦地で犠牲になったほか、生き延びても終戦時には置き去りにされた。人間と「出征」し、過酷な運命をたどった軍犬の知られざる実態をみる。
「兵士」に育成日本の軍犬の組織的な使用は昭和3年、南満州鉄道(満鉄)で石炭の盗難を防ぐための警備犬が始まりとされる。軍は、適した犬種としてシェパード、エアデール・テリア、ドーベルマンを指定。育成の施設を設けたほか、民間から買い上げたり、献納させたりした。

脚4本切断の保護犬、義足装着の手術成功 ロシア(CNN.co.jp)

2021/11/22 10:29
脚4本切断の保護犬、義足装着の手術成功 ロシア(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

犬と猫、専門誌販売部数はどちらが上か…犬猫系雑誌の部数動向(2021年7~9月)(不破雷蔵)

2021/11/22 09:02
犬と猫、専門誌販売部数はどちらが上か…犬猫系雑誌の部数動向(2021年7~9月)(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

体の不自由な人支える補助犬 理解深める催し 神奈川 鎌倉

2021/11/22 06:50
体が不自由な人の生活を支える補助犬への理解を深めてもらおうという催しが神奈川県鎌倉市で開かれました。
この催しは盲導犬や聴導犬などの補助犬への理解促進活動に取り組むグループが企画し、21日はJR鎌倉駅前の公園に視覚障害者ら20人あまりと13頭の補助犬が集まりました。
参加者はハーネスをつけている補助犬を勝手に触らないことや、公共施設や飲食店など不特定多数の人が利用する施設では補助犬の受け入れが義務づけられていることなどをチラシを配って呼びかけました。
このあと、商店街の店舗を訪れ、補助犬の受け入れについて歓迎する意向を示すステッカーを配っていました。
ステッカーを受け取った飲食店の店長は「補助犬を連れて店を訪れるお客様は少なかったが、今後は安心して飲食してもらえるような対応を考えていきたい」と話していました。
主催した「補助犬サポート有志の会」の鈴木美枝子代表は「補助犬ユーザーのみなさんが生きやすい社会の実現を目指したい」と話していました。

“犬&猫の日”に知りたい、ペットに元気で長生きしてもらうための新常識

2021/11/22 04:15
 だが犬や猫が人間に与える感情は、癒やしばかりではない。悩み、不安、疑問、恐れ……。こういった感情と無縁ではいられなくなるのが、愛犬・愛猫との生活だ。
 その様子は、犬・猫を飼っている人を対象にダイヤモンド編集部が実施したアンケート調査からも浮き彫りになっている。次のような声が続々と寄せられた。
「老齢犬なので歩くのもやっと。日常のケアや介護、医療など正解が分からない。何かにつけて費用がかさむのも不安」(兵庫県・60代男性)
「うちの猫は今は健康だが、今後かかる病気とその治療費が心配」(東京都・40代女性)
「体が弱いので長生きしてほしい」(神奈川県・50代男性)
「ペットとは言葉での意思疎通ができないので、具合が悪くなったときにすぐ察してあげられるか不安」(兵庫県・50代女性)
「体重の増減が気になるが、健康にどの程度関係するのか教えてほしい」(東京都・60代男性)
「犬の病気や治療法の情報が少なく、どこに相談したらよいのかすら分からない」(北海道・50代男性)……
 なぜこれほどまでに悩みが尽きないのか。その理由は、愛犬・愛猫が家族同然の存在だからに他ならない。