坂上忍さんの保護犬猫ハウス さかがみ家 訪問 決意を…|狂犬病ワクチンの注射針 飼い主の女性に刺さる…抱えて…|石田ゆり子 保護犬・猫の医療支援へ ハナコプロジェク…|他

狂犬病ワクチンの注射針、飼い主の女性に刺さる…抱えていた犬が暴れる

2022/05/20 11:42
発言小町 「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクター yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI 「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea market idea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ 読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト 文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸……

石田ゆり子、保護犬・猫の医療支援へ「ハナコプロジェクト」活動開始

2022/05/20 11:41
無料で受けられる医療は、保護犬猫、野良猫の不妊去勢手術と、飼い主のいない子犬と子猫の基本のケアの2つ。現在、「ハナコプロジェクト協力病院」は全国に10病院あるが、今後も増やしていくことを目指す。
「ハナコ」の名前の由来は、東京・杉並のハナ動物病院の院長で、積極的に保護活動を行っている獣医師・太田快作さんの愛犬・花子。フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』で、山田氏が太田さんの活動と花子の闘病を描き、ナレーションを石田が担当した。
2人と太田さんで話し合う機会があり、保護犬・保護猫の暮らすシェルターを運営することなどはハードルが高いが、「医療費の支援ならできるかもしれない」というアイデアが生まれたという。
この活動を周知するために、クラウドファンディングを実施。石田は、著書『ハニオ日記』(扶桑社)の印税すべてをハナコプロジェクトに寄付している。

良品計画、イデー初のオリジナルペット用品 小型犬に特化

2022/05/20 09:35
関連記事「住みたい街」常連の恵比寿が転落! 2位の吉祥寺は今後“ジリ貧”? 専門家が指摘する“なるほど”な理由
リクルートが3月に発表した「住みたい街ランキング2022(首都圏版)」。ここ10年近くは横浜、吉祥寺、恵比寿がトップ3を独占していたが、今回の調査では大宮が3位にランクイン。恵比寿が4位に転落したことが話題になった。なぜ、恵比寿は4位に甘んじることになったのか。リクルートSUUMO編集長の池本洋一氏は2つの理由があると指摘する。ワークマンの人気商品「真空ハイブリッドコンテナ」 担当者も予想外なアウトドア以外のニーズ
キャンプ用品の本格展開を開始したワークマン。その人気商品の1つが「真空ハイブリッドコンテナ 4.6リットル」(2500円)だ。少量のドリンクや食料を保冷したり保温したりすることができるアイテムでSNSなどで話題に。担当者によると、アウトドアシーン以外でも活用されているという。JR大阪駅直結の「(仮称)うめきた公園」 三菱地所などが本格工事に着手
三菱地所を代表企業とするうめきた2期開発事業者JV9社は5月16日、大阪府・大阪市、都市再生機構と連携して、都市公園「(仮称)うめきた公園」の工事に本格着手すると発表した。ワークマンの「靴専門店」オープン “ばんそうこうを貼った足”を見て開発した商品とは?
4月1日に「WOR……

どんなイベントよりも動物病院が好き!喜び爆発の犬漫画

2022/05/20 09:00
 動物病院大好き!な愛犬の様子を漫画で紹介したのは、イラストレーター兼漫画家のヤシンさん。ワンちゃんは3歳になるキャバリアの女の子とのことです。
 普段から「基本的に陽気で無邪気な性格」とのことで「人が大好き」なんだそう。反面、同じ犬に対してはビビリな面もあるんだとか。
 ワクチン接種のため、動物病院にやってきたワンちゃん。受付の段階から全身で「楽しみ〜!」とばかりに喜びを爆発させ、ゴロゴロと転げ回ります。
 ヤシンさんの膝の上で順番を待っている時も、次に呼ばれるのではないかとソワソワ。呼び出しの声にいち早く反応しますが、そのたびごとに「まだだよ」とたしなめられるほどです。
 そんなワンちゃんですが、注射をされる際にはおとなしくジッとしています。「看護師さんが犬の体を保定してくださるのですが、さすがに体を押さえられると静かにしなくてはいけない、と理解したようです」とヤシンさん。TPOをちゃんとわきまえてるんですね。
 終わった、と分かると一気に元通り。注射の間、体を保持してくれた看護師さんに対して、しっぽを思いっきり振りながら甘えます。「お利口ですね!」とほめる看護師さんの方が飼い主じゃないかというぐらいの甘えっぷりに、ヤシンさんは恐縮しきりです。
 これほど動物病院が好きなのには何か理由があるのではないか、と話をうかがってみ……

制定から20年!障がい者の自立と社会参加のために「身体障害者補助犬法」をもっと知ってほしい

2022/05/20 08:30
身体障害者補助犬法は、身体障がい者の自立と社会参加の為、2002年に制定された法律。2022年で補助犬法が制定されてから20年経つが、認知度が低くなっている現状がある。
その為、節目の年である今年だからこそ補助犬法を多くの方に知って頂くこと、補助犬法を啓発することを目的として、社会福祉法人日本介助犬協会(以下、協会)が主催する介助犬フェスタ2022(https://kaijoken-festa.jp/)のイベント内で、補助犬法の紹介する動画を配信予定である。
又、補助犬法制定20年を迎えて、補助犬法制定に向けて深く関わった方々に制定20年目に対する想いをコメントとして頂いている。
~社会福祉法人 日本介助犬協会 専務理事・一般社団法人 日本身体障害者補助犬学会 理事 高柳友子~
2002年5月22日身体障害者補助犬法が成立した瞬間、一緒に活動をした補助犬使用者のみなさんは、それぞれパートナーの頭をなでてこれまでのロビー活動を労いました。補助犬法がある社会は、補助犬がいることを認める社会です。補助犬達は障害に拘らず人に寄り添い支えてくれます。心にバリアがありません。私たち人間も犬に見習って心にバリアなく、あらゆる多様性を受け入れられる社会を作っていきたいものです。(コメント一部)
高栁コメント全文、その他身体障害者補助犬を推進する議員……

【海外発!Breaking News】ベストフレンドの犬に顔を噛まれた5歳男児 「息子は笑うことができなくなってしま…

2022/05/20 05:01
米ミズーリ州で今年1月、5歳男児が飼い犬に襲われた。犬は男児が2歳の時から飼っている“ベストフレンド”で、母親は「今でも事故が起きたことが信じられない」と複雑な心境を吐露し、事故の詳細について語った。『The Mirror』などが伝えている。
ミズーリ州ウェンツビルに住む4児の母アマンダ・ダリーさん(Amanda Dally、35)は1月8日、パートナーのクリストファーさん(Christopher、34)とリビングでくつろいでいたところ2階の子供部屋から悲鳴に似た叫び声がするのに気づいた。
その日、寝室では末っ子のブラントリー・マニオン君(Brantley Manion、5)がディズニー映画を見ており、2人が駆けつけるとメスの愛犬“マーリー(Marley、3)”がブラントリー君の体を両足で押さえ激しく攻撃していた。
アマンダさんは当時のことをこのように振り返る。
「私たちは息子からマーリーを引き離そうとしましたが暴走は止まりませんでした。最初はマーリーが覆い被さっていてブラントリーの姿が見えなかったのですが、クリストファーがマーリーを引き離すと息子は横になったまま両手で顔を押さえていました。」
「近づいて見るとブラントリーの顔の右側は噛みちぎられ、頬の肉片の一部がぶら下がっているのが分かりました。辺りは血だらけで、噛まれた頬からは歯……

警察犬が訓練成果

2022/05/20 05:00
発言小町 「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクター yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI 「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea market idea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ 読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト 文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸……

見過ごしていない?「犬に悪影響を及ぼす」NG習慣(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

2022/05/20 00:11
見過ごしていない?「犬に悪影響を及ぼす」NG習慣(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース