犬の保護に成功 こんな劣悪な環境で ドーベルマン…|ハウルの動く城 老犬・ヒンのインテリア 今にものそ…|湯浅政明監督: 犬王 に込めた覚悟 集大成的な作品に…|他

「犬の保護に成功」「こんな劣悪な環境で」ドーベルマン窃盗容疑の3人 動物保護が“暴走” 飼い主攻撃も(FNNプライム…

2022/05/22 11:12
「犬の保護に成功」「こんな劣悪な環境で」ドーベルマン窃盗容疑の3人 動物保護が“暴走” 飼い主攻撃も(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

「ハウルの動く城」老犬・ヒンのインテリア、今にものそっと歩き出しそうな造形で

2022/05/22 10:10
「ハウルの動く城」より、くしゃみのような鳴き方が印象的な老犬・ヒンのインテリアアイテム「ハウルの動く城 ヒン み~つけた!」が登場。全国のどんぐり共和国、オンラインショップそらのうえ店にて、5月28日より予約受付がスタートする。
どんぐり共和国の展開する「み~つけた!シリーズ」より登場した同アイテム。サイズ感や毛並みにこだわり、今にもそっと歩き出しそうな造形でヒンを表現している。価格は税込4万4000円。商品は8月中旬より順次発送される。

湯浅政明監督:「犬王」に込めた覚悟 集大成的な作品に 「圧迫から解放されたい」

2022/05/22 08:03
 ◇逃げられない 覚悟を持って作った 「犬王」は、作家の古川日出男さんが「平家物語」を現代語訳した「平家物語 犬王の巻」(河出文庫刊)が原作。室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王、盲目の琵琶法師・友魚の友情が描かれる。マンガ家の松本大洋さんがキャラクター原案、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子さんが脚本を担当。ノイズやフリージャズなど実験音楽シーンで活躍する音楽家で、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などでも知られる大友良英さんが音楽を手がけるなど豪華スタッフが集結した。
 昨年11月、第34回東京国際映画祭で「犬王」が上映された際、湯浅監督は「もっとみんなに踊ってほしい。試写を後ろから見ていて、なんでみんな(体が)動かないんだ!と思っていました」と語ったことがあった。
 「音楽に乗るのが好きなんですよね。海外の映画祭でも、みんな乗るのかな?と思ったら、意外に乗らなかったり。もっと動くと思っていたんですよ。自分は、コンサートでも座っているのが嫌なんですよね。足でリズムを取る。上半身というよりも足が動いてた方がいいですね。みんな、もっと動けばいいのに……といつも思うんです。ワーッと盛り上がって、バラードになるとみんな、座るじゃないですか。バラードでもリズムを取りたくなるんです。どんなリズムでも乗れるんですよ……

気付かないうちに犬を怒らせているかも? 獣医師が明かす、飼い主の行動 10

2022/05/22 08:00
Insiderでは、飼い主が意図せず犬を怒らせているかもしれないポイントについて、獣医師に話を聞いた。強く抱きしめ過ぎたり、目をじーっと見つめ過ぎたりすると、犬にストレスを与える可能性がある。掃除機をかけるといった日常の出来事も犬をイライラさせていることがある。犬を大切に思っている飼い主なら、その健康と幸せを維持したいと願うだろう。ただ、犬と人間のコミュニケーションは必ずしも単純ではない。
そこでInsiderでは飼い犬を怒らせたり、イライラさせているかもしれない、飼い主の行動について獣医師に話を聞いた。
息を吹きかける