犬の熱中症に要注意 見過ごしがちなのは 散歩 と専…|保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫 犬と…|犬と人 連携お見事 中札内で競技会

犬の熱中症に要注意 「見過ごしがちなのは、散歩」と専門家

2019/08/11 11:35
―犬が熱中症になる原因は何でしょうか?
「直射日光、高温、多湿、無風(空気の動きが無い)などが原因と考えられます。室内飼育でエアコンを使用していたとしても、熱中症になる可能性はあります。屋外飼育なら犬小屋に直射日光が当たるとか、コンクリートの上にある、なども危険です」
―環境的なものの他には何があるでしょうか?
「犬の個体差も関係します。1歳未満、7歳以上、短頭種(鼻が短い犬種)、肥満、持病がある、過去に熱中症になったことがある、などがありますね。これらに該当する場合は、より一層の注意が必要です。犬は人より老化の速度が速いので『去年大丈夫だったから、今年もこれくらいなら大丈夫』とタカをくくることはせずに、7歳以上なら要警戒です」

保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)

2019/08/11 11:30
 保護犬を一時的に預かり、飼い主が見つかるまでお世話をするボランティア活動をしている女性のもとに、一匹の野良の子猫が助けを求めてやって来た。
 女性が犬の散歩をさせようとアパートの庭に出たところ、痩せ細った子猫が現れたのだ。
 その子猫はひどく衰弱していて、助からないかもしれない状況だったが、懸命な看護の結果、ようやく回復の兆しを見せた。
 子猫は常に犬にピッタリと寄り添い特別な絆を育んでいた。
[動画を見る]
Rescued kitten and his canine friends
【アパートの庭で鳴き声をあげる子猫を発見】
 イスラエルのテルアビブで、保護犬預かりボランティアをしているマリサさんは、7月のある日、いつものように犬の散歩に出た。
 その時、マリサさんの住むアパートの庭で助けを求めて鳴き声をあげている小さな子猫を発見。野良とみられるその子猫は、骨と皮だけの状態で痩せ細っていた。
 テルアビブでは野良猫が多い。マリサさんは子猫の母親が近くにいるかもしれないと先に犬を連れて散歩に出たが、戻ってきても子猫はまだそこにいた。
 このまま子猫を放置しておけないと思ったマリサさんは、子猫を保護することにした。
[画像を見る]
【献身的な看護で子猫は回復の兆しを見せる】
 アパー……

犬と人 連携お見事 中札内で競技会

2019/08/11 05:00
【中札内】飼い主が投げた円盤遊具(ディスク)を犬がキャッチする競技「ディスクドッグ」の第7回北海道カップが村内東戸蔦東6線のバンブードッグフィールドで開かれている。