犬の胃腸炎とは? 原因や症状 治療法などを獣医師が解説|大阪ミナミに置き去りにされた犬… 噛み癖 を許容し 寄り添い続けてくれる家族と…

犬の胃腸炎とは? 原因や症状、治療法などを獣医師が解説

2019/08/25 13:51
山口大学卒業後、動物医療相談事業・動物病院・公衆衛生獣医として保健所で勤務し、日本獣医動物行動研究会に所属。保健所勤務経験を経て、現代のペットとヒトとの関係をより深く考えるようになりました。我が子の育児に追われて今現在は臨床現場から離れていますが、自身の出産育児の経験から、医学的な側面のみならず、栄養面やデイリーケア、日常の中で生まれる些細な不安点や疑問点の解消など、ペットとの生活全般のサポートを請け負えるようになりたいと自己研鑽中です。

大阪ミナミに置き去りにされた犬…「噛み癖」を許容し、寄り添い続けてくれる家族と幸せに

2019/08/25 13:36
  「命に優しい社会」に救われたロッティちゃん
 チワワMIXのロッティちゃんはキャリーバックに入れられ、大阪・心斎橋に置き去りにされていました。今から3年前のことです。幸い、行政機関に保護され、捨て犬や捨て猫の保護・譲渡活動を行う団体「LOVE&PEACE NOA」に引き取られましたが、それまでの飼い主の飼育方法に問題があったのか、悲しい体験が原因か、ロッティちゃんには“噛み癖”が出てしまいます。NOAの関係者も、預かりボランティアさんも、その家族も、みんなひと通り噛まれました。
ロッティちゃんは大阪・心斎橋で置き去りにされ、行政機関に保護された
 噛み癖や吠え癖など問題行動のある犬は、里親が見つかりにくいものです。もしかすると、病気を抱えた子よりもハードルが高いかもしれません。でも、ロッティちゃんには優しい里親さんが現れました。
 「それまで飼っていたチワワを16歳で亡くして、使わなくなったオムツやトイレシーツを保護団体に寄付したんです。そこで保護犬を見て、次に飼うなら……