お腹の子ども4匹も…子宮破裂で母ヤブイヌ死亡 京都市…|上野動物園でQRコード決済 スマホでスムーズに!|長野・須坂市動物園 飼育員日誌 オシドリのひな 無…|他

お腹の子ども4匹も…子宮破裂で母ヤブイヌ死亡 京都市動物園(京都新聞)

2019/11/29 21:12
 京都市動物園(左京区)は29日、ヤブイヌの「パパヤ」(雌・7歳)が死んだと発表した。
【動画】京都市動物園のヤブイヌ
 パパヤは今月27日に雄の「デンマル」との間に子ども4匹(後に3匹が死亡)を産んだばかりだった。29日朝になって、パパヤがぐったりしているのを飼育員が見つけ、おなかにまだ子どもがいることが分かり手術したが、同日昼に子宮破裂で死んだ。おなかの子は4匹いたがいずれも助からなかった。
 パパヤは2015年に英国のポートリム野生動物公園から来た。16年2月と9月にデンマルとの子計7匹を産み、うち1匹は今も同園で飼育している。
 ヤブイヌは中南米の森林や沼地に生息し、指の間の水かきが特徴。レッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。

上野動物園でQRコード決済 スマホでスムーズに!

2019/11/29 19:05
 上野動物園の入場料の支払いにQRコード決済が導入されました。
 東京・台東区の上野動物園では、園内2カ所の入り口で職員が持つ端末を使って「PayPay」などのスマホ決済サービスで入場料が支払われる実証実験が29日から始まりました。スマホ決済サービスを使うことでチケットを購入する手間が省け、よりスムーズな入場を可能にする狙いです。上野動物園では2021年3月末まで実証実験を続け、他の都立施設への展開も検討するとしています。

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】オシドリのひな 無事に独り立ち あちこち「冒険」

2019/11/29 18:21
 とりっこ村には現在、5羽のオシドリがいます。このうち2羽のひなは、今年6月に誕生した「令和ベビー」です。人工哺育期間を経て、村には8月からデビューしました。
 最初の頃は安全のために飼育員が様子を見つつ、30分ほど散歩をさせたら寝室に連れ戻していました。いつしか、走るようになったり翼を羽ばたかせたりと、成長してきたため、1時間延しました。そしてすぐに半日に。ついには時間制限などなく、無難に過ごせるようになりました。
 でもこの散歩はあくまでも日中のこと。いずれは夜もずっと、外で暮らさなければなりません。夜も日中と同じように生活できるか。2羽にとっては、「試練」だといえます。
 かわいそうな気もしますが、村の「住民」になるには、乗り越えなければなりません。ある日初めて、寝室に連れ戻さず、そのまま夜を過ごさせてみました。朝になり、恐る恐る様子を見ると、何事もなかったかのように2羽で歩いてるではありませんか。ホッとしました。今では立派に独り立ちし、村の中をあちこち元気に歩き回り、「冒険」しています。(とりっこ村担当 土屋実穂)

九州・沖縄のおすすめ動物園27選 入園無料&ふれあい体験多数

2019/11/29 17:53
熊本県南阿蘇村にある「阿蘇ファームランド」は、子供から大人まで楽しんで運動ができる施設のほか、手作り体験、釣り堀、スパなどもそろった健康増進パークです。
約35種類の動物たちとふれあえる「ふれあい動物王国」があり、ウサギやカピバラ、ビーバー、フラミンゴなど、さまざまな動物とふれあったり、エサをあげたりして楽しめます。
また、サメなどにタッチできる「おもしろ水族感アクア」もあります。

命はぐくむグラスツリー サケのふるさと千歳水族館

2019/11/29 17:16
 千歳市のサケのふるさと千歳水族館で、サケの卵をシャンパングラスに入れた「グラスツリー」が来館者を楽しませている。シャンパングラス55個が5段に積み上げられ、緑色の照明で輝いている。展 ... [動画を見る]

絶滅危惧種の保全に動物園とアニメが貢献 東京大学がはじめての定量評価

2019/11/29 17:00
 世界的に進行する生物多様性の減少を止めるためには、専門家だけではなく市民が関心を持ち、その保全に協力・参加することが重要だ。動物園とテレビ番組は、市民が絶滅危惧種のことを知る重要な手段と言えるが、その効果を定量化した研究はこれまでなかった。
 本研究では、日本全国の動物園と、2017年1月からテレビ東京などで放映され話題を集めた、絶滅危惧種を含むさまざまな動物が登場するアニメ「けものフレンズ」を対象として、市民の絶滅危惧種への関心や保全のための行動に与える影響を調べた。
 まず、市民の関心の指標として、Googleでの検索数とWikipediaの閲覧数を解析すると、例えば、ある動物を飼育する園が1つある県では、動物園がない県に比べて、検索数が2倍に増加していた。この効果は、動物園が増えるほど強まる傾向にあった。
 また、けものフレンズの放映前後を比較したところ、アニメの放映によって、アニメに登場する動物の検索が合計で600万回以上、Wikipediaでの閲覧が100万回以上増加したと推定された。
 さらに、動物園の寄付記録から、アニメ放映後、アニメに登場した動物はそうでない動物より多くの寄付を受けていることがわかった。関心が高まった種ほど寄付の増加数も高い傾向にあり、関心の増加が保全のための行動を促すことが明らかとなった。
 本研……

ライオンいない上野に 国内で初飼育 最後の1頭死ぬ:社会(TOKYO Web)

2019/11/29 14:24
 モハンは二〇〇二年五月、同園で三つ子のうちの一頭として生まれた。今年七月に体調を崩し、公開を取りやめていた。今月二十六日午後二時ごろに非公開の室内で倒れ、急性心不全で死んだ。同園で飼育していたモハンの母親ときょうだいも一六年二月〜今年十月にすでに死んでおり、モハンは同園で最後の一頭だった。

天王寺動物園で大阪市・上海市の交換動物贈呈式 1974年から交流続く

2019/11/29 11:01
 第22次となる動物交換は、上海動物園にフクロテナガザル(2頭)、天王寺動物園にマレーグマをそれぞれ贈ることに合意した。実際に来園するのは手続きの関係で1年以上先になるという。
 天王寺動物園の牧慎一郎園長は「上海動物園とはこれまでたくさんの動物交換が行われてきた。マレーグマは繁殖させたいが、今のペアはなかなか繁殖しないので苦労していた。新しい雄が来ることで次の展開を期待している。フクロテナガザルは上海で人気者になってくれれば」と話す。

旭山動物園テーマのフルラッピングバス運行開始 更なる北海道への訪日外国人旅行者の誘客促進にむけて

2019/11/29 11:00
 ジャパンホリデートラベルは、訪日旅行(インバウンド)専門旅行会社として、中国・香港・台湾・韓国・東南アジア等、世界各国500を超える旅行会社にむけて、日本国内の旅行商品を提供しており、交通パス・観光施設の入場券といったチケット1枚の手配からパッケージツアー商品まで、各社のホームページやアプリを通じて旅行サービスを提供しております。
 昨今、訪日旅行のスタイルが、団体旅行から個人旅行化が進む中、旅ナカの着地後の旅行サービスを求めるニーズが多様化してきております。ジャパンホリデートラベルでは、旭山動物園への訪日外国人旅行者の送客数は、年間25,000人を超えており、更なる認知向上に向け、人気の旭山動物園テーマのラッピングバスを施し、その魅力を伝え、より多くの世界の方に旭山動物園を知っていただくきっかけになればと考えております。
 移動手段の気軽さと観光と楽しさを融合させ、自然や歴史・文化をはじめ、四季折々の景色といった北海道の魅力を感じていただき、一人でも多くの訪日外国人旅行者に地域の魅力を体験いただけるよう努めてまいります。
ジャパンホリデートラベル 旭山動物園ラッピングバスについて
・運行開始日:2019年12月6日(金)同日 旭山動物園到着時 バスお披露目 10:30頃予定
・バスツアー行程例:
札幌東急REIホテル発→ ……

北海道旭山動物園 坂東園長による講演会をHITOMIホールにて開催

2019/11/29 10:00
株式会社メニコンと株式会社メニワンは、2020年1月25日(土)にメニコンANNEX・HITOMIホールに旭山動物園の坂東園長を迎えて、「伝えるのは命・繋ぐのは命」をテーマに講演会を開催いたします。
今回、ご講演いただく旭山動物園の坂東園長は、動物本来の生態や行動を引き出す「行動展示」を考案し、旭山動物園を国内外から来園者が集まる人気動物園に築きあげました。
観る人に楽しんでもらえるだけでなく、動物園を動物と来園者との架け橋にして、動物の命の尊さを伝える場所にしたいという思いのもと、出張授業や講演など、全国で活動されています。
講演では話題となった「行動展示」や、動物園の持つ使命や役割、オランウータンやゾウなどの保護を支援する「ボルネオへの恩返しプロジェクト」など、旭山動物園の命を繋ぐ取り組みについてご講演いただきます。
野生動物との共生や動物の命について、また、地球環境についても考えるきっかけになれば幸いです。
講演詳細
・講演タイトル 「伝えるのは命・繋ぐのは命」 ※100名様無料ご招待
・日時 2020年1月25日(土) 13:30~15:00 (開場13:00)
・場所 メニコンANNEX HITOMIホール
・講演者 旭山動物園園長 坂東元 氏   
https://www.city.asa……

【FIGHT9日和】福島県・アクアマリンふくしま 尽力得て震災復興、挑戦は続く

2019/11/29 06:30
 平成23年の東日本大震災。福島県いわき市のアクアマリンふくしまは、展示していた生き物の9割を失いました。そんな中、生き残った生き物の救出や、新たな展示生物の収集などへ多大なる尽力をいただいたのが日本各地の動物園・水族館でした。
 ファイト・ナインの前身であるファイト・セブンはこの震災からの復興を祈念して北関東の動物園・水族館が企画したものです。あれから8年が経過し、アクアマリンふくしまの姿は大きく変化しています。
 小名浜港2号埠頭(ふとう)にガラスで覆われた、宝石のように輝く水族館(正式名称・ふくしま海洋科学館)が開館したのは12年7月15日。動物のショーは行わず、生き物が生息する自然環境を再現した展示が特徴で自然光が降り注ぐ館内には木々が生い茂り、鳥も羽ばたきます。福島県沖で暖流の黒潮と寒流の親潮が出合う好漁場「潮目の海」を表現した大水槽ではマグロの仲間やカツオとともにマイワシを展示し、食う、食われるの関係を見せています。
 自然の生態系を身近に感じられる空間の「BIOBIOかっぱの里」、裸足になって生物と触れ合える世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」は子供たちが「自然への扉を開く」屋外エリアです。子ども体験館「アクアマリンえっぐ」には、釣り場を併設しました。現在最も人気のあるこの施設は命をいただいていることを実感してもらおうとアジな……

サルの個体数を調査 高崎山自然動物園、適切管理へ

2019/11/29 06:00
 大分市の高崎山自然動物園が25日から、高崎山にすむニホンザルの個体数調査を実施している。29日まで、数や年齢などの現状と推移を調べ、適切管理につなげる。
 個体数調査は1971年から毎年行われ、今年で49回目。同園では増えすぎたサルの数を減らそうと、餌の量の調整や、一時的な避妊手術などの対策を実施。ピーク時には2千匹を超えたサルは近年減少し、昨年の調査では第1目標だった1200匹を割った。
 26日は、職員とボランティアら計27人が山中に入り、サルが餌場に向かうけもの道で等間隔に離れて立ち、人と人の間を通るサルを1匹ずつ数え、性別などをノートに書き留めた。5日間の調査の結果は年内に発表する予定。
 高崎山に2日に1度は通うという常連で、ボランティア3年目の別府市の看護師、小川勇一さん(49)は「高崎山が好きで、少しでも貢献できればうれしい」と話していた。(井中恵仁)