天王寺動物園からコアラ消え…主食のユーカリ生産者が販…|ネズミに似てるネ 干支水族館 登場|ことし初 リュウグウノツカイ見つかる|他

天王寺動物園からコアラ消え…主食のユーカリ生産者が販路模索

2020/01/05 21:07
 天王寺動物園(大阪市天王寺区)のコアラが2019年、英国の動物園へ貸し出されていなくなり、主食のユーカリを栽培している和歌山県日高川町の生産者が新たな販路を探している。現在は多摩動物公園(東京都日野市)が唯一の出荷先で、国内の動物園でのコアラ誕生に期待する。
 同町は大阪に近く温暖という理由で1986年に栽培地に選ばれ、天王寺動物園にコアラが来た89年に出荷を始めた。同園では最大で9頭まで増え、生産も順調に進んだ。
 だが15年、転機が訪れる。動物園を運営する大阪市が経費削減を進める中で、年間約3000万円するコアラの餌代が高額だと批判を受けた。新たな個体を飼育しない方針も決まり、16年には雄の「アーク」のみに。アークも19年10月、繁殖のため10年契約で英国の動物園へ貸与され、大阪からコアラ…

ネズミに似てるネ 「干支水族館」登場

2020/01/05 20:05
ウェブ写真館紙面に掲載された写真以外のものをウェブ写真館に掲載しています。 さが維新塾県内中学校の全クラスに毎朝「佐賀新聞」をお届けするキャンペーン「さが維新塾」をスタートしました! 士業バンク日々のお困り事を相談してみませんか?佐賀で活躍するその道の専門家「士業」の方に一度ご相談ください。 47クラブさが47CLUBは地方新聞社47社が協力して地域を応援するインターネットショッピングサイトです。 家族だんらん子どもたちに「食」や生活リズムの大切さを見つめ直してもらおうと「家族だんらん2018-2019・食育標語コンクール」を行います Fit ECRU月2回発行のフリーペーパー。グルメ・趣味・仕事・子育てなど様々な情報をお……

ことし初 リュウグウノツカイ見つかる

2020/01/05 18:57
 5日午前、魚津市の海岸付近で深海魚のリュウグウノツカイが見つかりました。
 リュウグウノツカイは、魚津市の経田マリーナ付近で見つかり、間もなく死にましたが、連絡を受けた魚津水族館の職員が水族館に運び込みました。
 尾びれが欠けていますが、体長は3メートル66センチありました。
 リュウグウノツカイが富山湾で確認されたのは、ことし初めてです。
 魚津水族館によりますと、記録を取り始めた2009年以降で32匹目で、去年は13匹が確認されています。
 魚津水族館は今後解剖を行うなどして生態を調べたいとしていて、草間啓飼育員は「どれくらいまで大きくなるのかなど、様々なことがわかっていないので、解明につなげられたらと思います」と話していました。
 このリュウグウノツカイは冷凍して保管し、今月12日に魚津水族館で展示されます。

動物園で今年の干支「ねずみ」にちなんだ動物に親しもう 岡山市(KSB瀬戸内海放送)

2020/01/05 18:02
 今年の干支、「ねずみ」にちなんだ動物に親しんでもらおうというイベントが岡山市の動物園で開かれました。
 池田動物園のイベントに登場したのは「モルモット」です。モルモットは今年の干支、ねずみの仲間で池田動物園では動物に直接触れることができるコーナーで親しまれています。
 まず、飼育員がモルモットの生態について子どもたちに説明しました。
(飼育員)
「モルモットさん実はもともと日本にはいない動物なんですけれども南米のペルーという国からやってきました」

オオカミ、ネコ、ゴリラ、サル、ガチョウ、動物園まで!2019年の動物ゲームNo.1"GAOTY"を決めよう!

2020/01/05 16:27
ヒトへと進化していくサルを描いた『アンセスターズ:人類の旅』(原題は『Ancestors: The Humankind Odyssey』)は、『Ape Out』とは対照的に非力なサルが主人公だ。非力な代わりに「学び」を武器とし、道具を生み出して仲間と連携し、さまざまな危機への対処を学んでいく。その学びの根底にはいつも好奇心があり、サルとヒトの間を行く旅路は刺激に溢れている。
なお、コンソール版の『アンセスターズ:人類の旅』がリリースされたのは2019年12月だが、PC向けに『Ancestors: The Humankind Odyssey』が先にリリースしていたのでノミネート対象となっている。
鷹匠ゲーム『Falcon Age』💥 ONE MORE DAY! 💥 pic.twitter.com/0Z18lIoTTe
— Falcon Age PC and PC VR out NOW (@OuterloopGames) September 5, 2019「鷹匠になる」という現実ではなかなか大変そうな夢を叶える『Falcon Age』。本作は相棒のハヤブサとともに機械の侵略者と戦っていく一人称視点のアドベンチャーゲームだ。相棒のハヤブサとの距離感が魅力でもあり、餌を与えたり、ドレスアップしたりもできる。
ガチョウステルス『Untitled G……

カピバラ長風呂 全国対決 いしかわ動物園 :石川

2020/01/05 12:51
 リンは浴槽になかなか入らなかったが、浴槽前に好物のリンゴが並ぶと、やっとザブンと湯船の中に。リラックスした様子だったが、すぐにのそのそと体を動かし始めた。飼育員や観客らの「出るな、出るな」という祈りの声は届かず、間もなく湯船から上がった。

「ホストとお客さん」=「魚と飼育スタッフ」? 水族館飼育員のアドバイスがが話題(ニッポン放送)

2020/01/05 11:50
 
すみだ水族館では、恋のお悩みをシートへ記入すると、飼育スタッフのアドバイスが館内に張り出される「恋愛相談」を実施中で、これがSNSで注目を集めている。
来館者の恋愛を応援するためのもので、館内で募集した恋の悩みに飼育スタッフが回答しており、12月末現在20を超えるQ&Aが貼り出されている。
例えば、
Q:ホストに恋をしてしまいました。1000万円使っても好きになってもらえません。どうしたらいいでしょうか(29歳・女)
A:ホストとお客さん、魚たちと飼育スタッフの関係って似ている気がします。私たちは愛情をもって魚たちのお世話をしていますが、魚にとって私たちは「ゴハンをくれる人」と認識されています。それでも私たちは一生懸命お世話をします。好きだから。要するに見返りを求めてはいけないということですね。(クラゲ担当)
これに、12月26日のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演した新潮社出版部部長の中瀬ゆかりはこのようにコメントした。

発達した唇でチュー♪ 水族館の「チューチュー神社」で開運祈願 アシカも書き初め(三重テレビ放送)

2020/01/05 11:20
 また、人気のアシカショーもお正月バージョンとなり、書き初めに挑戦。アシカの書き初めは初めての試みで、1日2回、どんな文字を書いてくれるかはお楽しみだということです。
 チューチュー神社とアシカの書き初めは、きょう5日まで楽しめます。

新年祝うイルカ 青森・浅虫水族館 /青森

2020/01/05 10:54
 青森市の浅虫水族館で、正月の音楽に合わせた特別パフォーマンスで新年を祝うイルカショーが行われており、家族連れなどの目を楽しませている。7日まで。
 ショーでは、イルカが津軽三味線と和笛の調べに合わせてジャンプ。観客らが今年一年の願いを込めた鈴のひもを、口でくわえて鳴らすパフォーマンスも披露した。特大…

四つ子のトラ、早くも人気者 大森山「雪の動物園」開幕

2020/01/05 10:12
 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園、小松守園長)で4日、冬季の特別営業「雪の動物園」が始まった。寒さで身を寄せ合うサル、池に張った氷を食べるゾウなど冬を過ごす動物を家族連れらが興味深そうに観察していた。
 午前10時に開園、入場ゲートそばの大屋根広場でワシミミズクの「デボン」らが出迎えた。来園者は「あけましておめでとう」と言って走り寄り、記念撮影を楽しんだ。
 最も注目されたのは、昨年9月に生まれたアムールトラの四つ子。この日、展示場デビューした。初めは不安げに展示場の様子をうかがっていたが、母親のカサンドラに促され、ゆっくりと出てきた。母親の後ろをついて回ったり、子ども同士でじゃれ合ったりする姿を来園者はカメラに収めた。

かわいい姿に夢チュー 飯田市立動物園でツアー

2020/01/05 08:53
 飯田市立動物園は4日、今年のえと「子(ね)」にちなみ、園内を巡ってネズミと同じ「齧歯(げっし)類」の動物を見るツアーを初めて開催した。参加した家族連れなどが飼育員の解説に耳を傾け、かわいらしい様子に見入っていた。
 同園に現在いる齧歯類はモルモット、ビーバー、リス、ムササビ、チンチラの5種類。子年にネズミの仲間を詳しく知ってもらおうと、飼育員の市川彩子さん(28)がツアーを考案した。
 約60人の参加者はモルモットから見学をスタート。市川さんが、モルモットにはネズミに見られる長い尻尾や多産といった特徴がない―などと説明した。餌を食べるモルモットの様子を、子どもたちは目を輝かせながら眺めていた。
 上田市の小林美桜ちゃん(5)は母親の実家を訪れた機会に家族とツアーに参加し、「泳いでいるビーバーがかわいかった。またビーバーやリスを見に来たい」と笑顔で話していた。
(1月5日)

【大分市】冬季限定!大分マリーンパレス水族館「うみたまご」にて話題のイベントを開催中

2020/01/05 08:00
※写真はイメージです
皆さんもご存じのように大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で、セイウチの「泉(イズミ)」の妊娠が11月に確認され話題になりましたね!
昨年の春に、「泉」はブリーディングローンによる繁殖のため、三重県の水族館に出張し、オスのセイウチ(ポウくん)と同居したのち、2019年3月に帰館したそう。
その後11月に妊娠が確認されたようです( ^)o(^ )
「泉」は、体重が720kgで、おなかの大きさも目立つようになっているとのこと(2019年12月時点)。
国内でも繁殖の成功例が少ないことから、全国から注目されています。
出産は2020年の5月から7月ごろと予想されていますので、ぜひ温かく見守っていきたいですね♪
また、現在うみたまごにてもうひとつ、話題のあのイベントを紹介します(#^.^#)
みなさん、水族館の生き物たちの食事風景ってみたことはありますか?
水族館では、餌やりの時間ははっきり決まっていない場合が多く、なかなか拝見するのは難しいものなんだとか。
そんな中、現在うみたまごでは、「パクパクタイム」と題して期間限定で、およそ12種類の生き物たちの食事風景を決まった時間に観ることが出来るそう★

かわいくてエコ 円山動物園オリジナルバッグ人気

2020/01/05 05:00
 札幌市円山動物園の園内オフィシャルショップが、オリジナルコットンバッグを販売している。エコバッグとして使ってもらい、レジ袋の使用を減らす狙いだ。 同園は昨年11月、海の汚染から海 ...

イルカの赤ちゃん誕生 かごしま水族館

2020/01/05 05:00
 同館によると、赤ちゃんは体長1・2メートル、体重20キロ(ともに推定)で雌。現在、赤ちゃんを間近で見ることはできないが、今後授乳が安定して行われるようになれば、同館地下2階の「出会いの海空間」で一般に公開するという。
 同館でイルカの赤ちゃんが生まれたのは、昨年7月の「レイ」以来で16回目。吉田明彦・海獣展示係長は「無事に生まれ、授乳も始まってほっとしている。これから注意深く観察を行っていきたい」と話していた。