すみだ水族館に クラゲエリア 新設…飼育や成長過程を…|海保 1/18に仙台うみの杜水族館で潜水展示訓練 …|3連休初日 雪の動物園 にぎわう 秋田市(秋田テレビ)|他

すみだ水族館に「クラゲエリア」新設…飼育や成長過程を観察

2020/01/11 18:59
 運営会社のオリックス不動産によると、クラゲの成長過程を観察できる「アクアラボ」と、約20種の生き物の水槽が並ぶ「アクアギャラリー」を集約し、「クラゲエリア」を新設する。長径7メートル、短径3メートルの水盤型水槽を設置し、約500匹のミズクラゲを水面の上からのぞき込めるようにする。水盤の上に張り出した透明なガラス製の床からは、足元を横切るクラゲも楽しめるという。また、壁面には三つのドラム型水槽を設置し、様々な種類のクラゲの色や模様の違いを見比べられるようにする。
 さらにクラゲの飼育作業や育成環境を公開する「オープンスペース」も新設。餌やりの様子を見学できるほか、飼育スタッフと会話することもできる。同社担当者は、「水族館の新たな魅力を感じてほしい」と話している。

海保、1/18に仙台うみの杜水族館で潜水展示訓練 「118番」をPR

2020/01/11 18:35
画像提供:第二管区海上保安本部
第二管区海上保安本部は2020年1月18日(土)、「仙台うみの杜水族館」において海上保安庁の緊急通報用電話番号「118番」の周知・啓発活動を行う。
「118番」の周知・啓発活動は、1月18日の「118番の日」にあわせて実施されるもの。11時10分から11時45分までの35分間、機動救難士が大水槽に潜りパフォーマンスを行う「潜水展示訓練」が行われる。
このほか、9時30分から16時までの予定で、「118番」認知度調査、制服試着・写真撮影会、海上保安業務のパネル展示なども実施される予定。

3連休初日「雪の動物園」にぎわう 秋田市(秋田テレビ)

2020/01/11 18:00
 3連休初日の11日、冬の動物の様子が観察できるイベントが開かれている秋田市の大森山動物園は多くの家族連れでにぎわった。
 気持ちよさそうにお湯につかっているのは、2020年の干支・ねずみの仲間のカピバラ。「雪の動物園」は寒い時期の動物たちの姿を見てもらおうと毎年開かれている。秋田市では昼すぎから雪が降り出したものの、午前中は園内には積雪もなく、多くの家族連れが訪れていた。
 中でもひときわ注目を集めていたのが2019年9月に生まれたアムールトラの四つ子。
そのかわいらしい姿をひと目見ようと、展示スペースの周りには人だかりができていた。
 また小動物と触れ合えるコーナーも人気で、子供たちが優しくなでながらその感触を楽しんでいた。「雪の動物園」は2月29日(土)まで土日・祝日限定で開かれている。

日高川の生産者、ユーカリの販路模索 天王寺動物園コアラ渡英で /和歌山

2020/01/11 14:27
 天王寺動物園(大阪市天王寺区)のコアラが昨年、英国の動物園へ貸し出されていなくなり、主食のユーカリを栽培している日高川町の生産者が新たな販路を探している。現在は多摩動物公園(東京都日野市)が唯一の出荷先で、国内の動物園でのコアラ誕生に期待する。
 同町は大阪に近く温暖という理由で1986年に栽培地に選ばれ、天王寺動物園にコアラが来た89年に出荷を始めた。同園では最大で9頭まで増え、生産も順調に進んだ。
 だが2015年、転機が訪れる。動物園を運営する大阪市が経費削減を進める中で、年間約3000万円する…

四国&シュモクザメで「しゅこくん」 四国水族館PRします! 香川・宇多津(毎日新聞)

2020/01/11 13:13
 3月20日に香川県宇多津町浜一番丁のうたづ臨海公園内にオープンする四国水族館のマスコットキャラクターの名前が「しゅこくん」に決まり、10日、香川県庁の浜田恵造知事を表敬訪問した。
 四国水族館は四国に生息する生物を中心に約400種類の生物を展示する四国最大級の水族館。マスコットキャラクターの愛称は4604件の応募の中から、四国とモチーフになったシュモクザメをかけた「しゅこくん」に決まった。同じ愛称で応募した55人の中から、高松市の幼稚園児、岡田楓来(かえら)ちゃん(6)が命名者に選ばれた。
 表敬訪問では松沢慶将館長が「四国の経済の起爆剤となれるよう頑張っていきたい」とあいさつ。浜田知事は「地域における交流人口の拡大につなげてほしい」と期待した。
 しゅこくんは「初仕事だったので緊張した。いろいろな所へ行きPRしていきたい」と広報担当者を通して意気込みを語った。【潟見雄大】

受験突(とっ)破(パ)ンダー! いしかわ動物園 合格お守り配布

2020/01/11 11:53
 受験シーズンを迎え、能美市のいしかわ動物園で「入学試験を突破(とっぱ)ンダー!」の願いが込められたレッサーパンダの合格お守りの配布が十日、始まった。休園日の火曜日を除いて毎日、希望する先着二十人に園内の動物学習センターで渡す。二十六日まで。

こたつでゆったり魚眺め のとじま水族館で開始

2020/01/11 11:53
 「こたつde水族館」と題したイベント。2013年に当時の館長の発案で始まり、毎年この時期にこたつを置いている。普段とは違った形で魚たちを見てもらうのが狙いだという。こたつ三つと座椅子5脚が並ぶ。こたつの上にはミカンを模した容器が置かれ、ふたを開けると、昨年10月に水族館に搬入されたばかりのジンベエザメ「スズベエ」「ナナベエ」にまつわる豆知識などが紹介されている。ノートもあり、来館者らがイラストやメッセージを自由に書き込むこともできる。

四国水族館、遊びに来てね マスコット「しゅこくん」 知事に特大名刺でPR

2020/01/11 10:26
へぇー! ほんと? なるほど、ほろり… 47都道府県の1万人の新聞記者が取材した、ホっとするニュース。津々浦々で日々おこっているびっくりするような話題や心温まるニュースなどを集約。

甲府動物園応援へポストカード製作

2020/01/11 10:11
道路や鉄道、気象などの情報を随時お知らせします
鉄道・道路鉄道運行情報など気象天気、注意報、地震生活関連PM2.5、救急医その他ライフライン大規模災害時に情報発信

「カニが主役の小さな水族館」今年度の入館者25万人超 人気の秘訣は黄金の…(産経新聞)

2020/01/11 07:45
 鳥取県の水族館「とっとり賀露(かろ)かにっこ館」(鳥取市)の今年度の入館者数が昨年11月末時点で25万人を超え、過去最高だった平成27年度の26万846人を超えるのは確実となっているという。県特産の「松葉がに」などを紹介する同館がなぜ人気を集めているのか。好調な裏には、黄金に輝くある生物の存在も大きいという。
【写真でみる】人気を後押ししたのは黄金の…
 ■カニが主役
 同館は15年8月に開館した。コンセプトは「カニが主役の小さな水族館」。入館無料で、松葉がにをはじめ世界のカニ25種類約400匹、近海に生息する魚100種約700匹を飼育、展示している。
 目を引くのは世界最大のカニ「タカアシガニ」。日本周辺の深海に生息し、脚を広げた大きさは約4メートルにもなる。ほかにも、おいしそうな名前とは対照的に猛毒を持つ「スベスベマンジュウガニ」や、海藻やゴミを体に付けた「モクズショイ」といったユニークなカニも。
 2歳の孫と訪れた同市内の星見彰彦さん(82)は「身近で大きなカニや魚が見られるので孫が喜んでいる」と話していた。
 年間来館者数は16年度に21万3255人を記録。しかし、その後は伸び悩んでいた。
 ■イベント仕掛け
 その水族館が29年度は23万8219人、30年度は25万6381人と近年入館者を増やし続けてい……