冬休み最終日 雪の動物園 にぎわう|北海道 旭山動物園 ユキヒョウの子どもの名は ユー…|動物たちが くるしんでいます 東京の動物園と水族館…|他

冬休み最終日「雪の動物園」にぎわう

2020/01/13 19:04
3連休最終日、そして、子どもたちにとっては冬休みの最終日でもあります。秋田市の大森山動物園では冬の休日限定で開園する『雪の動物園』が開かれています。13日(月)は天気にも恵まれ多くの家族でにぎわいました。
秋田市の大森山動物園では1月と2月は、土日祝日限定で「雪の動物園」を開催しています。本来閉園する冬の間の「動物の姿」を楽しんでもらおうという催しです。「最近の冬」の人気者はこの「カピバラ」。気持ち良さそうにあったか~いお湯に入っています。子年の今年、世界最大のネズミの仲間がこのカピバラです。南米大陸が生息地のため寒さが苦手ですが、3年前に浴槽を設置したところ、カピバラと来園者に大好評なんです。9月に生まれた4つ子のアムールトラも注目を集めていました。雪の動物園は1月4日からの土日祝日に開園していてこれまでに延べ6000人が来園しています。

<北海道>旭山動物園 ユキヒョウの子どもの名は「ユーリ」(HTB北海道テレビ放送)

2020/01/13 18:28
 旭川の旭山動物園で去年誕生したユキヒョウの子どもです。観光客が見守るなか、13日、新しい名前が付けられました。
 三連休最終日の旭山動物園で、大勢の観光客の視線を浴びる人気者です。
 動物園でユキヒョウの赤ちゃんが誕生したのは2019年7月のこと。オスの「ヤマト」、メスの「ジーマ」の間に生まれました。
 去年10月にはまだ青い眼で愛嬌を振りまいていましたが、今ではお母さんにそっくりのりりしい表情に。発表された名前は「ユーリです」
 ドイツ語で7月を意味するユーリ。7月の誕生花がユリであることにもちなんでいます。
 北見から来た客「かわいかった。大好き。さっき(ぬいぐるみ)買った。同じ名前つける」
 命名した滝川市の谷本麻琴さん「(選ばれて)すごくうれしかった。できれば旭山動物園に残ってほしいけど、命を繋いでいってほしい」

「動物たちが、くるしんでいます」東京の動物園と水族館が、一緒になって訴えたこと。

2020/01/13 15:40
募金箱が設置されているのは、多摩動物公園(1か所)上野動物園(2か所)葛西臨海水族園(1か所)井の頭自然文化園(1か所)の4園。
いずれも3月31日まで募金箱を設置しており、多摩動物公園ではポストカードがもらえるという。ポスターでは、以下のように呼びかけている。
「たくさんの動物たちが、ケガをしたり、避難しています。生き残った動物たちも、食べ物がないために飢えにくるしんでいます。動物たちを助けるためには、みなさまからの支援が必要です」
山林火災が続いているオーストラリア。共同通信によると、観測史上最高の平均気温や記録的な干ばつの影響で、過去最大の規模となり、北海道よりも広い面積が焼失した。
これにより、コアラ数万匹が死亡したほか、シドニー大学の推計では10億匹以上の動物が命を失ったともされている。
「失われた環境はすぐには戻りません」

カード見つけて犯人捜し カワセミ水族館でイベント

2020/01/13 12:52
 猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で11日、クイズイベント「シャーロックカワセミの挑戦状」がスタートし、来館者が館内の展示を楽しみながら、犯人捜しクイズに挑んでいる。3月22日まで。
 同イベントは、同水族館のユーラシアカワウソの食事が誰かに食べられてしまい、その犯人を捜し出すというストーリー。館内の水槽内にちりばめられた7枚のカードを探して、そこに書かれている文字を並び替えて犯人を当てるというもの。正解者へのプレゼントとして、毎日先着30人にスタッフが手作りした置物「どんぐりカワウソ」が用意されている。
 参加無料だが、入館料は別途必要。開館時間は午前9時30分~午後4時。問い合わせは同水族館(電話0242・72・1135)へ。

茨城「アクアワールド」でジンベエザメ展示へ 2022年度末見込み

2020/01/13 12:06
 茨城県は、アクアワールド県大洗水族館(大洗町磯浜町)で、世界最大の魚類「ジンベエザメ」の飼育、展示に乗り出すと発表した。専用の室内水槽を新設し、2022年度末のオープンを目指す。実現すれば東日本の水族館で唯一の展示となる見込みだ。
 大洗水族館では、63種類約400匹のサメを飼育しており、種類は国内最多。例年、約110万人が来館している。ジンベエザメを展示することで、観光客のさらなる増加につなげたい考えだ。
 ジンベエザメは温帯や熱帯の海域に生息し、灰色の背中にある白い斑点模様が特徴。成長すると全長は10~12メートルにもなる。
 国内では、沖縄美ら海水族館(沖縄県)、のとじま水族館(石川県七尾市)、海遊館(大阪市)、かごしま水族館(鹿児島市)の4カ所でしか展示されていない。東日本では横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)にいたが、昨年2月に死んだ。
 沖縄美ら海水族館では水量約7500トンの水槽で展示。他は水槽の大きさが適さないことから、成長すると海へ放流する場合もあるという。
 県などによると、大洗水族館で最大の水槽は、水量約1300トンにとどまる。このため隣接する平面駐車場に、水量約8000トンの国内最大の室内水槽を備えた施設を整備する。総事業費は約130億円で、来年度から水槽の設計などを進める。
 ジンベエザメは回遊し……

「動物園の檻」の中で見世物にされた“ディオンヌ五つ子姉妹”─この悲劇が伝えること(クーリエ・ジャポン)

2020/01/13 11:40
当初は、新聞や雑誌がディオンヌ家の五つ子のことを書きたてたのは幸いしたように思われた。シカゴとトロントの記者は温水式保育器を持ってきてくれ、そのおかげで赤ん坊の命が助かったのはまず間違いないだろう(ディオンヌ家は貧しくはなかったが、農場の家には電気が通っていなかった)。遠くの病院からは母乳が届けられ、赤十字社は24時間体制で看護チームを派遣してくれた。
だが、数日のうちに、家の周囲には何千人という見物人が集まり、窓からのぞきこんだり一家の畑を駐車場に変えてしまったりした。記者たちも家の中や外をうろつき回っていた。
一方、五つ子の父親オリヴァ・ディオンヌは、大恐慌のさなかに5人も子供が増え、医療費やら何やらをどうやって払っていけばいいのだろうと悩んでいた。
そこで、司祭のところへ行き、「お金をあげるから五つ子を大勢の人に見せてはどうか」という話があるのだが、これを受けるべきかと相談した。すると司祭は、自分がマネージャーになってやろうと申し出た。
1週間もせずに、数万ドルの契約が結ばれた。大恐慌のさなかに数万ドルは大金だ。オリヴァは、五つ子の健康が回復したらシカゴ万国博覧会に半年間出ると同意したのだった。
父親はすぐに後悔して契約を取り消そうとしたが、シカゴの興行主らは受け付けなかった。その間にも五つ子の健康状態は悪化の一途をたどり、体……

大洗水族館、ジンベエザメ飼育へ 全長10~12メートル、世界最大の魚類 22年度オープン目指す /茨城

2020/01/13 11:39
大型の室内水槽新設  県は、アクアワールド県大洗水族館(大洗町磯浜町)で、世界最大の魚類「ジンベエザメ」の飼育、展示に乗り出すと発表した。専用の室内水槽を新設し、2022年度末のオープンを目指す。実現すれば東日本の水族館で唯一の展示となる見込みだ。
 大洗水族館では、63種類約400匹のサメを飼育しており、種類は国内最多。例年、約110万人が来館している。ジンベエザメを展示することで、観光客のさらなる増加につなげたい考えだ。
 ジンベエザメは温帯や熱帯の海域に生息し、灰色の背中にある白い斑点模様が特徴。成長すると全長は10~…

キリンの難産、トナカイの腫瘍、カンガルーの骨折、動物たちの生と死と向き合う動物園獣医の使命

2020/01/13 10:04
前編はこちら
動物園シリーズ第16回は、多摩動物公園にある動物病院の吉本悠人獣医(28・入園4年目)に動物たちの逸話を聞く。開園61年目を迎えた東京都日野市の多摩動物公園は、上野公園の約4倍の広さ。ハイキング気分で園内の動物を見て廻れる。
できる限り放っておくことが、野生動物の飼育の原則。野生動物の自然治癒能力に委ねるか、それとも治療を施すか、それを見極めるのが、野生動物を扱う獣医として重要だと痛感した吉本医師。珍しい動物に接することができる、これも動物園の獣医になった一つのきっかけだった。彼は動物園の獣医ならではのレアな体験を語る。
サイのイボ痔は20cm井の頭自然文化園で飼育されていたゾウのはな子が、16年5月に死んだ時は解剖に立ち会った。昨年11月に多摩動物公園のアフリカゾウのチーキが死んだ時は、死因を特定等のための解剖を吉本医師獣医が担った。
「ゾウは肺と胸腔がくっ付いているんです。内臓を調べるためにそれを剥がさなければならない。ゾウの厚い皮を引っ張ってもらい、僕が肋骨の内側に入って、メスを使って肺と胸腔を剥がした。体力がいる仕事でした」
ゾウのお腹の中での作業は、草食獣特有の臭いがしたと振り返る。
体重約2トンのサイのイボ痔の治療も、ダイナミックだった。
「メスでチマチマ切っていたら麻酔から覚めてしまう」……