仙台うみの杜水族館 生物ライター平坂寛氏来館 うみの…|福岡市動物園にミナミシロサイ 園児 来てくれてありが…|仙台うみの杜水族館に アナゴの恵方巻き 水槽 習性生…|他

仙台うみの杜水族館、生物ライター平坂寛氏来館「うみの杜深海ナイト」を1月25日開催

2020/01/18 19:00
海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館、『仙台うみの杜水族館』では、2020年1月25日(土)、「深海」をテーマにした一夜だけの限定ナイトイベント「うみの杜深海ナイト」を開催いたします。
うみの杜深海ナイト
2020年1月25日(土)、「深海」をテーマにしたスペシャルナイトイベントを開催いたします。「深海」を学んで、楽しめるイベントが盛りだくさんです。
生物ライター平坂寛氏「深海」トークショー平坂寛氏による「深海」をテーマにしたスペシャルトークショーを行います。
宮城県沖合底引き組合紹介コーナー日本で最も深い漁を行っている宮城県沖合底引き組合のパネル展示や、深海生物の冷凍標本の展示を行います。
生きた深海生物にタッチング!ダイオウグソクムシなどさまざまな深海生物にさわることができます。
「深海生物クッキング」動画一挙上映!深海生物を食べて、レシピを紹介する「深海生物クッキング」の過去作品を一挙上映。
夜の水族館自由見学昼とは違う、夜の生きものたちの様子をご覧いただけます。

福岡市動物園にミナミシロサイ 園児「来てくれてありがとう」 歓迎会 /福岡

2020/01/18 16:22
 福岡市動物園(中央区南公園)は17日、南アフリカから2019年12月にやって来たミナミシロサイの公開を始めた。2歳の雄と雌の2頭で、ミナミシロサイの公開は約3年ぶり。近くのくるみ保育園(同区輝国)の園児による歓迎会があり、園児約60人が「シロサイさん、来てくれてありがとう」と喜んだ。
 「シロサイさ~ん」。午前10時半過ぎ、くるみ保育園の園児約60人が呼びかけると、ミナミシロサイの雌1頭がのっそ…

仙台うみの杜水族館に「アナゴの恵方巻き」水槽 習性生かし企画、SNSで反響(みんなの経済新聞ネットワーク)

2020/01/18 14:51
 節分にちなんだ「アナゴの恵方巻き水槽」が現在、仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区中野4、TEL 022-355-2222)1階・日本のうみ「内湾 恵みのうみ」マアナゴ展示水槽で展示されている。(仙台経済新聞)
正面から見た姿
 節分にその年の恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされる恵方巻き。アナゴやウナギは代表的な具材の一つとなっていることから、節分の季節に合わせた展示として今回初めて企画した。
 「狭い場所を好み、穴などにもぐり込む」というアナゴの習性を生かした水槽で、恵方巻きを模したオブジェを水槽内につるし、アナゴが入り込むと具の部分の穴からアナゴが顔や尾びれをのぞかせる仕組み。恵方巻きを模したオブジェは、約50センチの塩化ビニール管にノリをイメージした黒のネットを巻き、片側に発泡スチロールで作ったご飯と具材を張り付けたもので、「全て生き物に影響のない物を使っている」と担当者。今年の恵方である「西南西」を向かせてつるしている。
 「18日からの本展示に向けてアナゴに少しずつ慣れてもらおうと12日の夜からつるし始めたが、翌朝には恵方巻きの穴に入っていた。アナゴたちにとても人気で、1つの恵方巻きに3匹ずつくらい入っている」という。
 プレ展示開始から来館者に人気で、SNSでも話題となっている。「足を止めて写真を撮ってい……

姫路市立水族館 企画展『UMAとへんてこ生物』 姫路市

2020/01/18 11:55
 姫路市立水族館(姫路市)で1月18日から3月22日まで企画展『UMAとへんてこ生物』が開催される。
 新館2階水族館ギャラリー内(UMAのコーナー)では、人魚の牙や人魚の骸骨、リュウグウノツカイのはく製などが展示され、日本各地にいい伝わるUMA(未確認生物)を紹介。本館では、へんな名前やへんな色形の生物など「へん」に焦点をあてた生物の特集と題して、クリオネやアホロートル、人面魚(コイ)の生体展示や標本展示、パネル展示が行われる。
 また会期中には、“動物科学コミュニケーター”の大渕希郷氏による「へんてこ生物のトークショー」(2月11日)と、“探検家”高橋大輔氏による「UMA講演会」(3月20日)も行われる。

114年ぶりの新種 輝くデイゴ色のクラゲ 沖縄美ら海水族館で飼育(沖縄タイムス)

2020/01/18 10:40
 沖縄県本部町の沖縄美ら海水族館で飼育されているクラゲが新種であると判明し、「デイゴハナガサクラゲ」と命名された。「デイゴ」を連想させるように赤色っぽく蛍光発色するのが特徴。ハナガサクラゲ属としては、114年ぶりの新種報告という。水族館で2月末まで展示する予定。
 新種発見の論文は、昨年12月31日付の国際学術雑誌「ZooKeys」に掲載された。
 水族館のスタッフによると、デイゴハナガサクラゲはこれまで、本島北部海域で採取して飼育したり、標本にしたりしていたが、日本海域などに生息するハナガサクラゲと同種だと思われていたという。
 2015年にハナガサクラゲに比べて外傘触手(がいさんしょくしゅ)の数が少ないことや、色彩が淡いことに気付き、関係機関とともに調査を開始。DNA分析の結果などで新種と認められた。 デイゴハナガサクラゲの傘の直径は約8センチ。水族館では繁殖にも成功し、生態を解明するための研究も続けている。クラゲを飼育する谷本都さんは「身近な海にはまだ知られていない生き物がいる。デイゴの花のようにきれいなクラゲをぜひ見に来てほしい」とPRした。

アシカが書いた「合格カード」 沼津の水族館、受験生応援へ配布

2020/01/18 09:09
大だこ「大吉」炎の舞い 浜松・保泉寺で「火渡り」(2020/1/19 08:31)静岡県東部、雪うっすら 道の駅「天城越え」駐車場で雪かき(2020/1/19 08:16)静岡・三保松原の保全へアプリ 市民がマツ観察、異常を即通報(2020/1/18 13:50)静岡県東部、伊豆で雪の恐れ 気象台、路面凍結注意呼び掛け(2020/1/17 21:38)悲しすぎる事故「もう二度と…」 娘亡くした交差点に立つ父 静岡(2020/1/17 15:45)夜から大雪の恐れ 静岡県東部や伊豆の山地(2020/1/17 12:27)節分祭へ「厄よけ豆」袋詰め 三嶋大社(2020/1/17 08:19)漬物石でカーリング 介護予防目的に考案 2月、東伊豆で大会(2020/1/16 17:03)奉納和算、ご名答 浜松の高校生2人、柔軟に計算(2020/1/16 17:01)藤枝順心Vの軌跡 高校女子サッカー、地元パネル展に118点(2020/1/16 07:37)家康の時代ジオラマ、VRで 浜松城築城450年PR(2020/1/16 07:35)牡蠣小屋、不漁乗り越え営業 湖西・新居の海湖館、16日から(2020/1/16 07:31)ベトナム人つなぐサッカー 静岡県内で人口急増、異国生活の支え(2020/1/15 17:26)岳鉄、今年もビアトレイン運行 好評受け、2月に企画(……

チャージ料金は「鑑賞料」 ゆらゆらストレス癒やす「クラゲ」バーが人気(産経新聞)

2020/01/18 07:45
 水槽の中をゆらゆらと舞い泳ぐクラゲ。その姿はなんとも神秘的で見ているだけで心が癒やされるが、実際、癒やし効果が得られるとの検証結果もあるという。クラゲを目玉として展示する水族館やクラゲバーも増えており、心和ませる人気スポットとして「クラゲ」が注目される。
【写真でみる】赤い照明に映し出されたミズクラゲ
 ■好きが高じて
 昨年11月、福井市のJR福井駅近くの雑居ビル2階に「クラゲbar(バー)」がオープンした。主に店の水槽にいるのは日本近海に多いミズクラゲ。チャージ料金は「クラゲ鑑賞料」だ。
 店主の田中俊之さん(41)はかつて10年ほど福井県内外の水族館で飼育員として働き、クラゲを担当した経験があった。もともと生き物好きで飼育員になったのだが、そのなかでもクラゲの生態に興味をひかれた。地元に戻って「クラゲにかかわる仕事を」と考え、平成27年3月から、水族館の同僚と福井市内でクラゲ専門の販売店「アトゥーラ」を共同経営している。
 主な取引先は水族館。ただ、ライバル業者が現れたり、クラゲ専門の飼育員が育成されて水族館自らクラゲを捕獲したりと環境が変化。ビジネスとして次の展開を考えていた29年、福井市内のお祭りで1日限定のクラゲbarを出店したところ大好評。そこからクラゲbarを思い立った。
 ■癒やし効果あり
 クラゲ好……