福岡市動物園でキリンの赤ちゃん誕生 同園初のアミメキ…|シマウマ脱走? 京都市動物園で捕獲訓練(産経新聞)|お母さんにギュー! オランウータンの赤ちゃん 円山動…|他

福岡市動物園でキリンの赤ちゃん誕生 同園初のアミメキリンの赤ちゃん

2020/02/13 20:48
 福岡市動物園(福岡市中央区南公園)で2月5日、アミメキリンの赤ちゃん1頭が誕生した。
 同日18時45分、メスのリンダとオスのジュラの間に生まれたキリンの赤ちゃん。同園で無事にキリンが誕生したのは、1984(昭和59)年のマサイキリン以来36年ぶりという。アミメキリンの赤ちゃん誕生は今回が初めて。赤ちゃんは現在、非公開の獣舎内で、母親のリンダと共に暮らしている。父親のジュラは一般公開している。

シマウマ脱走? 京都市動物園で捕獲訓練(産経新聞)

2020/02/13 18:25
 京都市動物園(京都市左京区)で13日、地震で園舎が壊れ、シマウマ1頭が脱走したと想定した捕獲訓練があり、職員ら約20人が参加した。非常時の対応を確認するのが狙いで、毎年行っている。
 訓練ではシマウマの着ぐるみを着た職員が脱走したと想定。脱走を知らせる放送が流れると、来園者が笑顔で見守る中、職員らがネットや木製の盾などを使い“二足歩行のシマウマ”を囲い込み、最後は吹き矢の麻酔で眠らせて捕獲した。
 片山博昭園長は「それぞれの持ち場で対応の流れを確認できた。反省点を共有し、万が一の事態に備えられれば」と話した。

お母さんにギュー! オランウータンの赤ちゃん 円山動物園で一般公開 標準より少し大きめ(北海道ニュースUHB)

2020/02/13 17:30
 札幌市の円山動物園で生まれたボルネオオランウータンの赤ちゃんがいよいよ13日から、一般公開されています。
 振り落とされないようにしっかりとしがみつく、ボルネオオランウータンの赤ちゃん。
 名前はまだ決まっていません。
 八木隆太郎アナウンサー:「大勢のお客さんを前に、オランウータンの赤ちゃんが一般公開となりました。見てください!お母さんの右側に、ぴったりとくっついています。小さくて可愛らしい」
 13日から一般公開されたのは、2月3日、円山動物園で生まれたオスの赤ちゃんで、一日中母親のレンボーにぴったりとくっついています。
 体長は33センチ、体重2キロほどで、まだ目はよく見えていないとみられますが、標準より少し大きく順調に育っているということです。
 当面の間、午後1時30分から3時30分までの2時間の公開となりますが、今後、親子の体調をみながら公開時間を調整していくということです。

JR3社×株式会社バイオーム 国内最大級のいきもの調査「バイオームランド」

2020/02/13 16:25
JR3社×株式会社バイオーム 国内最大級のいきもの調査「バイオームランド」  時事通信

「みさき公園」南海撤退とともに運営終了へ 後継事業者実現ならず・動物はアドベンチャーワールドなどへ(THE PAGE)

2020/02/13 14:20
 同社によると、みさき公園は1957年に開園。動物園と遊園地を併設しており、みさき公園駅のある南海本線沿線の大阪府内のファミリー層を中心に人気を集め、和歌山県からの来園者も多かった。
 また、1987年からは大型レジャープール「ぷ~るらんどRiO」を開設するなどし1989年度には年間来場者が72万人を記録。開園当初から動いている西日本最古のジェットコースターや、こちらも開園時から変わらない動物園のサル山など「昭和の雰囲気が漂う遊園地」として人気を博していた。
 しかし、近年、年間来場者数は減少傾向が続き、2017年度は約36万人となり、長期にわたり営業損益の赤字が続いていた。

ダイオウイカを計測 全長3.48メートル 魚津水族館 /富山

2020/02/13 13:47
 魚津水族館(魚津市三ケ)は12日、魚津市沖の定置網に迷い込み、捕獲されたダイオウイカの計測と解剖を行った、同館提供。
 全長3.48メートルで幅45センチ、体重73.3キロ。他の腕より長い触腕はなかった。メスで胴と足の間で切断された状態だった。
 発見されたのは早月川沖の水深80メートルの定置網で12…

一斉に紙製バッグを導入!全国の動物園や水族館で広がる脱プラの輪

2020/02/13 10:51
プラスチックは人類が生み出した万能素材だったはずなのに、不法投棄により美しい海が汚染されています。海だけでなく、私たちの健康への悪影響も懸念されます。プラごみ問題が深刻化していることを受け、動物園や水族館でも新たな取り組みがはじまっています。その中から、注目の取り組みを紹介します。
上野動物園、素敵なデザインの紙製バッグを採用!1882年に開園した日本最初の動物園、恩賜上野動物園。2020年から1月17日、紙製バッグを一斉に使いはじめました。同時に、都立動物園である多摩動物公園、井の頭自然文化園でもスタート。
「便利で安価なプラ製品は日常生活のあらゆる場面で使われています。それは一方で、少し意識を変えるだけで、私たちにできることはたくさんあるということを意味しています。都立動物園・水族園を訪れた方が私たちの取り組みを知り、地球環境を守るため『できることからやってみよう』と行動してくださることを願っています」
というメッセージが込められています。
(公財)東京動物園協会 提供
レストランなどで提供する使い捨てのプラスチックも徐々に紙製へ切り替え、3月1日には全園・全店舗で紙製カップに切り替わっている状態を目指しているとのこと。
(公財)東京動物園協会 提供
鳥羽水族館や那須動物王国もやってくれた!それから、飼育種類数日本一……

大宮公園小動物園にシシオザルの赤ちゃん シーチャンとティーの5頭目の子(みんなの経済新聞ネットワーク)

2020/02/13 07:03
 シシオザルの赤ちゃんが2月5日、大宮公園小動物園(さいたま市大宮区高鼻町4)で誕生した。(大宮経済新聞)
シシオザルの赤ちゃんの白い顔や手がよく目立つ(2月8日撮影)
 大宮公園小動物園は大宮公園の一角に位置し、クマなどの猛獣や、リスやサル、鳥類など約60種を展示する動物園で、開園は1953(昭和28)年。
 赤ちゃんは同園が飼育するオスのシーチャン(12歳)とメスのティー(15歳)の子で、飼育員の齊藤香央梨さんが同日8時30分ごろ、様子を見に行った時すでに生まれていたという。
 「まだ体が少し濡れていたため朝方に生まれたと推測している。しばらく胎盤がつながったままだったが、翌日の夕方までには自然に取れた。出産直後の母親を刺激しないようにと、赤ちゃんの性別や身長などはまだ調べていない。赤ちゃんはおっぱいを飲んで元気で順調に育っている」と齊藤さん。
 シーチャンとティーは2013(平成25)年にそれぞれ円山動物園(北海道札幌市)と日本モンキーセンター(愛知県犬山市)から同園に来た(シーチャンはブリーディングローン制度による貸与)。2014(平成26)年以降、2頭の間には4年連続で合計4頭の子が誕生しており、今回で5頭目となる。齊藤さんは2019年10月ごろ、ティーの腹部がやや大きくなってきたことから妊娠に気付いたという。兄や姉に当た……

「けもフレ」が人生変えた 1万枚の動物園写真に込める「命の尊さ」 天寿をまっとうしたペンギンとの縁(withnews)

2020/02/13 07:00
とはいえ「元々『動物は気持ち悪い』という先入観が強かった」と苦笑する村井さん。考えを覆したのが、受験期を経て訪れた、みさき公園(大阪府岬町)での体験です。夜の園内を歩くイベント「ナイトズー」に初めて参加し、飼育員から動物について教わりました。
たとえば、「アフリカタテガミヤマアラシ」。背面の針で外敵から身を守ることは、よく知られています。
村井さんは「針の中には、菌類が住み着いている場合があり、襲ってきた相手に致命傷を負わせる原因になる」という解説を受けたそうです。
このように、個性豊かな生態を知るたび、全身に血液が巡るような喜びを得たといいます。
以来、けもフレとのコラボイベントを開いている施設を中心に、動物園・水族館巡りを継続。ツイッター上で同行者を募ることが多く、すっかり顔なじみとなった「動物園仲間」が少なくありません。
過去には、待ち合わせ先に中学時代の同級生が現れたこともあったそう。「過ごしてきた時間や地域に関係なく、人間関係を温めるきっかけになっている」と笑います。

「ペンギン」を漢字で書けますか? 旭山動物園で漢字を学ぶ(阿辻 哲次)

2020/02/13 06:02
経済学にまったくうとい私でも、内外のさまざまな要因で景気が浮沈し、それが大きな社会問題として話題になっていることはニュースで見て知っているが、しかし行楽シーズンの混雑や渋滞を見ていると、多くの人には、景気の動向にかかわらず、旅行のためだけに使われる別の財布があるのではないか、と思われてくる。
とかく現代人は旅に出たがるものだ。人の趣味はさまざまだというけれど、旅行がきらいという人はめったにいない。
もちろん私も旅行は大好きだ。国内外を問わず、旅先ではその土地独自の珍味や銘酒を味わえるし、都会の雑踏を離れれば、素朴でおだやかな人情に接することも多い。何よりも旅先では普段の生活からは得られない素敵な発見があって、固くなった頭をほぐすことができるし、日常に埋没している自分を外側から見直すこともできる。
しかしそれは現代のレクリエーションとしての旅に備わる楽しみであって、はるか昔の旅はまったく意味がちがう行動だった。旅とは何かの必要があっておこなわれる移動であり、決して楽しいものではなかった。
今の漢字辞典は「旅」という漢字を4画の《方》部に収めているが、もともとは「旗」や「族」、「旋」などと仲間の字で、古くは《㫃》という部に所属していた。《㫃》は《方》と、「旅」や「旗」の右半分の上をあわせた形で、「吹き流しをとりつけた旗」をかたどっている。……

もうひとつの動物園:守り・伝える/291 オランウータン/83 /東京

2020/02/13 02:01
赤ちゃんへ関心示す仕草  2016年末に多摩動物公園(日野市)に来たオランウータンの雌バレンタインは、地面に下りるのが苦手だった。寝室から一番遠い屋外展示場に行くまで約2カ月かかった。
 翌年の4月のある日、展示場のタワーから、地面に下りられなくなった。当時の飼育担当、清水美香さんが何度も声をかけたが、その日は寝室に戻れなかった。
 翌日、清水さんは仲間のミンピーを展示場に送り出した。ミンピーが先に屋内に戻って行くのを見て、ようやく地面に下りたバレンタインは、「ドスドス」と音を立てて走って寝室に戻った。ほっとしたのか涙を流してリンゴやニンジンをほおばった。