久しぶり!水族館に“歓声“(RKB毎日放送)|神戸市立王子動物園のパンダ返還 ファンが語るタンタン…|薬を受け取るまでの時間水族館に行ける薬局 5月25日…|他

神戸市立王子動物園のパンダ返還 ファンが語るタンタンの魅力 – 東京スポーツ新聞社

2020/05/20 17:00
 神戸市立王子動物園で飼育中の24歳の雌のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」が中国に帰ってしまう…。
 神戸市は19日、タンタンを中国に返還すると発表した。タンタンは2000年、繁殖と阪神大震災の復興支援を目的に、雄の「コウコウ(興興)」と一緒に来日した。だが、コウコウには繁殖能力がないことが判明(実は雌だった)。中国に返還された。新たに来日した2代目コウコウとの繁殖に取り組んできたが、死産などで赤ちゃんを育てることはできなかった。
 10年には2代目コウコウが、人工授精のための麻酔からの覚醒中に死んだ。以降、タンタンは同園で唯一のパンダとして過ごしてきた。
 関西在住のタンタンファンの女性は「日本にいるパンダの雌で一番好きなんです。短足がたまらなくかわいいんです」とその魅力を語る。「こんなにふらっと会いに行けるパンダはいなかった」と、神戸という立地の良さや市営動物園の入園料の安さも魅力だった。
 市は7月15日に迎える貸与期限の再延長を検討していたが、中国側から飼育環境の充実した場所で飼育したいとの意向が示され返還を決定した。
 新型コロナウイルスの影響で休園中の同園は、6月1日から一部施設を再開予定だが、密を避けるため、事前申し込みによる入園制限を実施。対象は「神戸市内在住者」と「兵庫県内在住の動物サポーター」になるという。……

薬を受け取るまでの時間水族館に行ける薬局 5月25日都内にオープン ANAグループ協力店(乗りものニュース)

2020/05/20 15:59
 全国に薬局などの店舗を展開するクオール(東京都港区)とANA(全日空)グループのavatarinが2020年5月20日(水)、avatarinが独自開発した普及型コミュニケーションアバターロボット「newme(ニューミー)」を導入した薬局を、東京都目黒区の恵比寿にオープンすると発表しました。
【画像】遠隔体験ができる「新屋島水族館」
 このサービスは、5月25日(月)にオープンするクオール薬局恵比寿店で、オープン日、ならびに6月の毎週金曜に午前11時から11時30分までの時間限定で導入します。
 サービス内容は、薬局の端末から新屋島水族館(香川県高松市)の施設内にある「newme」を操作し散策。その様子を利用者がリアルタイムで体験することで、薬を受け取るまでの待ち時間に心の癒しを提供するとしています。薬局でこのような取り組みがされるのは、今回が初とのことです。
 avatarinは、2020年4月に創立したANAホールディングス発の初めてのスタートアップ企業で、VR(仮想現実)やAI(人口知能)などの先端技術を用いて、操作者がロボットを通じてさまざまな疑似体験ができる「アバターロボット」の社会インフラ化を目指しています。
 今後クオールとavatarinは、「newme」を活用した患者とのコミュニケーションの充実化を図るほか、自宅……

じゃれあう2頭のナマケグマを撮影、米フィラデルフィア動物園(ロイター)

2020/05/20 15:47
 米ペンシルベニア州のフィラデルフィア動物園で、じゃれあう2頭のオスのナマケグマが撮影された。撮影日は3月9日。
 動物園によるとクマは1匹でいるのを好む傾向があり、大人のオスのナマケグマが一緒にいるのは、動物園でも珍しい光景だという。
 ナマケグマはインドやスリランカ、ネパールに生息している。(ナレーションなし)

【おうちDeとくしま動物園】第16回 ミーアキャット

2020/05/20 12:35
【メモ】
 石や岩の多い荒れ地やサバンナに生息するミーアキャットは、昼行性で地中に穴を掘って群れで生活する。直立することで体中に日光を浴び、体温調整を行う。後ろ脚としっぽを使った「三本脚」で立つのは、不安定な直立姿勢を安定させるためである。
 とくしま動物園では2019年4月に、クラウドファンディングを利用して新しいミーアキャット舎を整備した。日本で初めて地中の巣の様子を見られるトンネル部分があり、今までにない姿を楽しめる。群れでじゃれあったり、直立して日光浴をしたりする姿は必見!

【おうちDeとくしま動物園】第14回 シンリンオオカミのユウキ

2020/05/20 12:29
 
【メモ】
 カナダやアラスカの森林地帯に生息しているシンリンオオカミは、タイリクオオカミの亜種にあたり、オオカミの中で最も大型の種となる。とくしま動物園のユウキは2011年5月に札幌市円山動物園で産まれ、2015年にとくしま動物園にやってきた。先日来園6周年を迎え、動画では記念のケーキを夢中で食べている。

幸運呼ぶ白マナマコ展示 魚津水族館(北日本新聞)

2020/05/20 12:03
 突然変異で体が真っ白になったとみられるマナマコが魚津市三ケの魚津水族館で展示されている。マナマコは赤、青、黒といった色のものがおり、白はその珍しさから「幸運を呼ぶ」とされる。担当者は「普段は注目されにくい生き物だが、美しい姿を楽しんでほしい」としている。
 4月下旬に魚津沖で採取された。富山湾で捕獲され同館で展示するのは、2002年以降の記録によると7例目。体長約15センチで、昨年に朝日町の海で見つかったものと一緒に展示している。マナマコは餌が十分なくても育っており、謎の多い生き物という。
 富山湾大水槽では、碧南海浜水族館(愛知)からやって来たホシエイ1匹の展示を始めた。体長約130センチの大きさで悠々と泳ぐ姿や、愛らしい口元の表情が見どころだ。
 同館は新型コロナウイルス対策として休館していたが、18日に再開した。来館者には赤外線温度計測器での検温を要請している。

「最後にもう一度会いたい」神戸・王子動物園の「タンタン」中国へ(神戸新聞NEXT)

2020/05/20 08:30
 旦旦(タンタン)、20年間ありがとう-。神戸市立王子動物園(同市灘区)で飼育する雌のジャイアントパンダのタンタンが、中国に帰ることが19日、決まった。阪神・淡路大震災で傷ついた神戸を元気づけ、入園者数を倍増させた人気者。新型コロナウイルス感染症のため閉園中の決定に、市民からは「最後にもう一度会いたい」との声が上がった。
【動画】神戸・王子動物園のパンダ「タンタン」中国帰国へ
 タンタンは、初代興興(コウコウ)と2000年7月に来神。国内での飼育は3例目で、ペアは復興途上の街の子どもらに笑顔をもたらした。00年度の入園者数は199万人(前年度99万人)を達成。入園者アンケートでは、ゾウやコアラを引き離し、常にトップの人気だった。
 その一方、期待された繁殖はうまくいかなかった。コウコウが2代目にバトンタッチし、03年から人工授精に取り組むが、07年は死産。翌年は出産から4日で、赤ちゃんが死んだ。10年には2代目コウコウが人工授精の麻酔中に急死し、タンタン1頭に。新たに雄1頭を借り受ける中国側との合意は進展せず、タンタンの借受期間の延長交渉も実らなかった。
 「無邪気に食事をする姿を見て心が軽くなった」と震災で自宅が半壊した女性(58)=同市灘区。タンタンの愛らしさに救われたといい、「最後にもう一度会って感謝を伝えたい」と話した。
 ……

「おうちでZOO!」動画で魅力発信 茨城・日立市かみね動物園の中本旅人さん

2020/05/20 07:39
 「この休園期間中、自分たちに何ができるだろうか」。スタッフが話し合い、出した結論は、動物たちが元気に過ごしている様子などを動画で一般向けに配信することだった。
 「もともと来園者が園内でQRコードをスマホで読み取れば、普段見られない動物の姿を動画で見てもらえる計画をしていた。広報チームも動画の配信に力を入れていたので意見が合致した」。動画作りを手掛けた一人で飼育員の中本旅人さん(33)は振り返る。
 家にいながら、動物園の様子が楽しめる動画のタイトルは「おうちでZOO!」。ぐっすり寝ているポニーにそっとカメラで近づいてあどけない表情をとらえたり、きれいに羽を広げたクジャクにあえて背後から迫り、かわいいお尻などを撮影した映像が好調に再生回数を伸ばした。
 アジアゾウが、エサとして与えられた竹の葉を長い鼻で器用にちぎり、さらに硬い節を足で踏みつぶし、豪快に割いて食べるシーンも評判を呼んだ。
 4月19日(飼育の日)の企画としては、動物園の飼育員の仕事にスポットを当てた動画も配信。ツキノワグマを朝、寝室から外の展示場へ慎重に送り出す様子や、たくさんのチンパンジーへ公平におやつの草を与えようとする飼育員の悪戦苦闘ぶりも紹介した。
 動画一本の長さは3〜4分だが、スタッフは動物の世話や施設の管理といった本業もこなしながら映像の編集やテロップ……

水族館の広告ポスター「変態予告」が話題 京都の水族館が作った“レジャー解禁前の施策”:紀伊民報AGARA

2020/05/20 07:00
 新型コロナウイルスの影響で、国内のレジャー施設なども軒並み休業状態が続いている。そんな中、京都水族館が発表した広告ポスター「変態予告」が話題になっている。現在は休館中の京都水族館だが、このポスターには「コロナ自粛が解除された後のリニューアルオープンに向けて、水族館が新しい形態に変化していく」という明確な意志が込められているという。この京都水族館の取り組みや、ポスターに込められた思いを、広報担当の奥村さんに聞いてみた。
【画像】ドキッとする「変態広告」の文字、よーく見ると…「クラゲ」が出現
■「無観客イルカショー」250万再生に、「忘れられないように」休館中の想い
 2月29日から休館に入っている京都水族館だが、休館中も給餌や掃除、生き物の健康管理など欠かせない作業に追われている。まさに、休館中でも水族館は“稼働している”のだ。
――休館されている間、水族館の職員さんはどういうことをされていましたか?
【広報:奥村さん】生き物の飼育においては、給餌や掃除などの作業を通常通り行っているため、大幅な変化はございません。それと同時に、皆さんがお家にいても楽しんでいただけるように、SNSで「#休園中の動物園水族館」のハッシュタグをつけて館内の様子を配信して、元気な生き物たちの様子を届けられるよう努めております。
 京都水族館の公式Tw……

ペンギンの赤ちゃん誕生 魚津水族館で2年ぶり 「ピヨヨン」と命名

2020/05/20 01:32
 魚津市の魚津水族館で16日、フンボルトペンギンのヒナが誕生した。同館でヒナが誕生するのは2年ぶりで「ピヨヨン」と名付けられた。
 ヒナの体重は誕生時点で89・9グラムで性別は不明。手にのるほどの大きさで、巣箱から出ることはないが、元気に餌を求める動きを繰り返し、父のテッテと母のピヨニから交代で餌をもらって順調に成長している。
 3カ月ほどで親と同じくらいの大きさになり、巣箱の外に出てくる。近親交配を避けるため、別の施設のペンギンとの交換も視野に入れて飼育する。
 飼育員の齋藤真里さんは「暗いニュースが多いが、元気に育ってもらい、かわいらしい姿を来館者に見せてほしい」と話した。成長の過程は同館の公式インスタグラムで公開する。