円山動物園が動物学ぶ教材 公開|上越市の水族館 うみがたり で人気 シロイルカのリー…|浅虫水族館など青森県有7施設が営業再開(Web東奥)|他

円山動物園が動物学ぶ教材 公開

2020/05/21 19:13
新型コロナウイルスの影響で休校が続き自宅で過ごすことが多い子どもたちに動物の生態などを学んでもらおうと、札幌市の円山動物園が教材を作りました。
教材は、札幌市の円山動物園のホームページで公開されています。
このうち小学校低学年向けには、ホッキョクグマやアザラシの模様を描く塗り絵が掲載されています。
また高学年向けには、野生のホッキョクグマの生息地や、ゴマフアザラシの赤ちゃんの毛が白い理由など、動物についての9つのクイズが出題されています。
動物園のホームページの掲載内容を読み込むと答えられるようになっていて、休校が続き自宅での生活が続く小学生たちに楽しんで学んで欲しいという願いが込められています。
また塗り絵は、ツイッターで「#円山動物園ぬりえ」をつけて投稿すると、後日、動物園の公式ツイッターで紹介されることもあるということです。
円山動物園飼育展示課の汐川由希子さんは「いまは動物園に来て頂けない状態なので、自宅で活用してほしい。内容は今後も増やしていく予定なので、多くの子どもたちに楽しんで学んでもらいたい」と話していました。

上越市の水族館「うみがたり」で人気 シロイルカのリーヤ死亡(UX新潟テレビ21)

2020/05/21 18:22
上越市立水族博物館「うみがたり」で、新潟県内で初めて飼育されていたシロイルカの1頭が死亡したと発表しました。「うみがたり」では、2頭のメスのシロイルカ「リーヤ」と「ソーリャ」を飼育していました。死亡したのは「リーヤ」です。「うみがたり」によりますと、3月末ごろに体調を崩し、一度は回復しました。しかし、4月末から再び体調を崩し、獣医らが治療にあたっていましたが、20日午後8時すぎに死亡しました。腎炎を発症していましたが、詳しい死因については調査中ということです。シロイルカの飼育は、県内初で人気を集めていました。

浅虫水族館など青森県有7施設が営業再開(Web東奥)

2020/05/21 14:54
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館していた青森県立美術館など県有7施設が21日午前、再開した。各施設とも消毒液利用など感染防止対策を講じた上での再出発だったが、一部施設を除き来場者は少なめだった。
 4月11日から休館していた青森市の県営浅虫水族館は、入り口で検温実施と消毒液の利用を促す職員を配置し午前9時から再開した。午前10時までに市内外の親子ら約30人が来場し、水槽越しにアザラシや魚の群れを楽しんだ。イルカのパフォーマンスショー(平日のみ)では、間隔を十分保つよう席にテープが張られ、客同士が距離を取ってショーを満喫した。
 息子2人と訪れた青森市の女性(41)は「ずっと来たかった。子どもが喜ぶ姿を見てうれしい」と笑顔。同館担当者は「思っていたよりも客が多かった。今後も感染対策を万全にして迎えたい」と話した。
 同じく4月11日から休館していた同市の三内丸山遺跡センターも、感染拡大防止のため入り口での検温や消毒液の設置、「縄文シアター」の席を2メートル以上空けるなどの対策を講じた。午前11時現在、来場者は1人だった。
 坂本雄大副所長は「施設内の注意事項を守った上で、少しでも楽しんでもらえれば」と呼び掛けた。イベントなどについては、今後の感染動向をみながら開催を判断する方針。ボランティアガイドの三内丸山応援隊は3月からガイ……

【無料レンタル】“水族館×水中ドローン” 応援プロジェクト始動!

2020/05/21 14:45
【無料レンタル】“水族館×水中ドローン” 応援プロジェクト始動!  時事通信

頭に大きな角2本 すさみの水族館にリョウマエビ:紀伊民報AGARA

2020/05/21 14:30
 和歌山県すさみ町江住、エビとカニの水族館(平井厚志館長)が頭に2本の大きな角を持つ希少なエビ「リョウマエビ」の展示を始めた。同町の沖合で釣り上げられ、体長は30センチもある。同館は新型コロナウイルス感染防止のため休館していたが、21日から再開した。
 リョウマエビはイセエビに似ているが、大きなとげが特徴。体色は黄色みを帯びただいだい色。水深数十~500メートルの深場の岩礁に生息する。この個体は、地元の遊漁船船長、津村啓介さんがサバの切り身を餌に水深100メートルの海域で釣り上げた。
 国内では土佐湾で初めて記録されたことから、和名は土佐藩出身の志士・坂本龍馬に由来する。珍しいエビだが和名から知名度は高い。同館での県産リョウマエビの展示は2018年の印南町産に次いで2個体目。
 平井館長は「釣りで捕獲して展示するのはなかなか珍しい。33日ぶりに開館したので、ぜひこのエビのかっこいい姿を見に来てほしい」と呼び掛けている。

志村さんと縁の動物園、赤ちゃん熊「笑」と名付ける 「志村園長大事にされた笑いを…」(デイリースポーツ)

2020/05/21 11:21
 新型コロナウイルス肺炎で3月に亡くなった志村けんさんと縁が深かった熊本県の動物園、阿蘇カドリー・ドミニオンで産まれた赤ちゃん熊の名前が、志村さんへの思いを込め「笑(しょう)」と名付けられたことが21日、日本テレビ系「バゲット」内で明かされた。
 番組では現在休園中の動物園の飼育員がカメラを持ち、自慢の動物を紹介する「飼育員さんのおまかせ生中継」コーナーがあり、そこに登場したのが阿蘇カドリー・ドミニオンだった。
 同園は日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」で、志村さんがかわいがっていたチンパンジー、パンくん、プリンちゃんの故郷でもある。ロケでは何度も志村さんが同園を訪れている。
 ここでは生後4カ月という赤ちゃん熊が紹介された。名前を聞かれると「漢字で『笑う』と書いて、『しょう』くんと言います」と飼育員は説明。由来を聞かれると「志村園長が大事にされていた、笑いを届けるというので、ふれあって頂いた方が笑顔になればいいなという思いを込めて、名前をつけさせて頂きました」と説明された。
 中継中も、女性飼育員のヒザの上で身体を動かし続け「だいぶやんちゃです」というほど元気いっぱい。生後4カ月は、人間でいうと1歳程度だといい「手先が器用で、物を持ったり、つかんだりが出来るようになりました」「音が出るものに興味を持ちます」と笑くんの様子も伝えた。……

休館中「ぼっち飯」人気 魚津水族館 インスタで職員発信

2020/05/21 10:33
 富山湾大水槽のクエ、コショウダイ、田んぼの生物コーナーのタナゴ類、ヤゴなど、思い思いの生き物を見ながら昼食を取る職員に「最高にぜいたく」「リフレッシュできそう」などのコメントが寄せられた。職員が日々の館内情報を発信したインスタグラムで一番人気となった。(松本芳孝)

再会待ってるよ とくしま動物園5月26日再開へ

2020/05/21 10:31
 政府の新型コロナウイルス緊急事態宣言が徳島県などで解除され、徳島市の「とくしま動物園北島建設の森」は26日の再開に向けて準備を進めている。4月17日に休園して以降、園内から子どもたちの歓声は消えたが、動物たちは毎日元気に暮らしている。再会を待ちわびている動物たちの表情や姿を写真で紹介する。

幸運呼ぶ白マナマコ展示 魚津水族館(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

2020/05/21 10:09
 突然変異で体が真っ白になったとみられるマナマコが魚津市三ケの魚津水族館で展示されている。マナマコは赤、青、黒といった色のものがおり、白はその珍しさから「幸運を呼ぶ」とされる。担当者は「普段は注目されにくい生き物だが、美しい姿を楽しんでほしい」としている。
 4月下旬に魚津沖で採取された。富山湾で捕獲され同館で展示するのは、2002年以降の記録によると7例目。体長約15センチで、昨年に朝日町の海で見つかったものと一緒に展示している。マナマコは餌が十分なくても育っており、謎の多い生き物という。
 富山湾大水槽では、碧南海浜水族館(愛知)からやって来たホシエイ1匹の展示を始めた。体長約130センチの大きさで悠々と泳ぐ姿や、愛らしい口元の表情が見どころだ。
 同館は新型コロナウイルス対策として休館していたが、18日に再開した。来館者には赤外線温度計測器での検温を要請している。

神戸市立王子動物園のパンダ「タンタン」、故郷・四川省に帰国へ

2020/05/21 09:18
 阪神・淡路大震災に見舞われた市民を元気づけるために来神したタンタン。約20年の間、多くの市民に愛され、今では同園の一番人気となった。
 7月15日の協定期限を迎えるに当たり、同協会から同園へ「高齢となったタンタンを、体への負担が少なく多くの仲間が暮らす生まれ故郷で過ごさせたい。中国は高齢パンダの飼育経験も豊富なので任せてほしい」と話があったという。上山裕之園長は「この要請がタンタン自身のことを一番に考えた申し入れと判断し、生まれ故郷へ帰ってもらうことにした」と明かす。
 感謝の意を表し、返還期限までに「ありがとう『タンタン』キャンペーン」を企画。園内でお別れイベントを行うほか、寄せ書き、思い出の写真募集、記念グッズの販売なども予定する。
 久元喜造神戸市長は「タンタンの愛らしい姿や優しい雰囲気が多くの市民の心を満たしてくれた。タンタンを見た子どもたちが成長し、大人になってまた自分の子どもたちを連れて来たように、世代を超えて愛されていたと感じている。中国への帰郷は、神戸市民にとり非常に寂しいことだが、自然環境に恵まれ、多くの仲間が暮らす生まれ故郷でこれからも元気に過ごしてほしい」とコメントを寄せた。
 返還日時やお別れイベント、観覧終了時期などについては、今後の状況を見ながら慎重に検討し、決定次第ホームページやSNSで報告する。

円山動物園でことし生まれた「ボルネオオランウータン」の名前決まる(北海道)(STVニュース北海道)

2020/05/21 09:10
臨時閉園している円山動物園でことし生まれたボルネオオランウータンの赤ちゃんに名前がつけられました。両親や兄弟から一文字づつもらった名前なんだそうです。
「除幕をお願いします。赤ちゃんには令斗という愛称をつけていただきました」
令斗と名付けられたのは、ことし2月に生まれたボルネオオランウータンの赤ちゃんです。命名された「令斗」は、母親・レンボーの「レ」、父である弟路郎の「イ」、兄のハヤト、ハルトから「ト」をそれぞれ一文字づつもらった名前で、市民などの投票で決まりました。円山動物園では、「明るい未来に向かってすくすくと育ってほしい」と話しています。

ふわふわ姿を見守って すみだ水族館でペンギン3羽誕生(産経新聞)

2020/05/21 07:55
 すみだ水族館(墨田区)で4月下旬、マゼランペンギンの赤ちゃんが3羽誕生した。同館での赤ちゃんの誕生は8年連続となる。
 先月21日から27日にかけて孵化(ふか)。寝ている姿がぺたんとしている「おもち」、顔の形がおにぎりのように見える「おこめ」、よく食べてよく眠る「げんきなこ(元気な子)」から「きなこ」と、「日本で時代を超えて愛されてきたもの」にちなみ、それぞれ飼育員らが命名した。3羽とも例年よりも成長が早く、プールデビューは7月ごろを予定している。
 新型コロナウイルスの影響で同館は3月から休館中だが、通常より会員制交流サイト(SNS)の発信頻度を増やし、餌やりや遊んでいる様子、赤ちゃんの性格などを写真や動画などで伝えている。
 約3カ月で羽が生え変わり大人のペンギンと同じ姿になるため、「ふわふわした毛をまとった姿は今しか見られない。赤ちゃんの成長を日々見守ってほしい」(同館)という。

臨時休園中の桐生が岡動物園 2月誕生のミーアキャット4匹 すくすく 桐生市が動画配信中(上毛新聞)

2020/05/21 06:04
 ミーアキャット舎で飼育している雄の「でこぽん」(6歳)と雌の「いよかん」(5歳)の間に生まれた。誕生時の体長は5センチほどだったが、家族で子育てに励み、現在は約10センチほどに成長した。性別はまだ分からないため、愛称は未定という。

「スナネコ」の赤ちゃん誕生 国内の動物園では初 栃木 那須町

2020/05/21 02:31
那須町の「那須どうぶつ王国」では、去年10月から、国内の動物園では初めてとなるスナネコの飼育を始め、飼育するつがいの間に先月27日、メスの赤ちゃん1匹が生まれたということです。
スナネコは、アフリカなどの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコで、赤ちゃんの誕生は国内の動物園では初めてだということです。
赤ちゃんは、生まれた直後に衰弱状態となったため、人工保育に切り替え、飼育員がミルクを与えるなど懸命に世話を続けた結果、今月18日の時点で、体長は生まれたときの16センチから20センチに、体重は生まれたときの4倍余りの242グラムに育ったということです。
臨時休園中の動物園は、23日から営業を再開する予定で、赤ちゃんについては、来月上旬ごろから動物園の公式チャンネルで映像を公開するほか、来月下旬には一般公開を目指しています。
飼育員の荒川友紀さんは「国内で初めての誕生だったこともあってうれしかったです。感染症の予防などが大変ですが、このまますくすくと育ってほしい」と話していました。

日本国内で初 栃木県の動物園でスナネコの赤ちゃんが誕生

2020/05/21 00:17
那須どうぶつ王国で誕生したスナネコの赤ちゃん=16日、栃木県那須町(同園提供)
 砂漠に生息し、愛らしい見た目から「砂漠の天使」と呼ばれるスナネコの赤ちゃん1匹が4月末、栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」で誕生した。同園によると、日本の動物園で飼育するのは同園と姉妹園「神戸どうぶつ王国」(神戸市)だけで、誕生は国内初。那須どうぶつ王国は23日に再開し、赤ちゃんは7月ごろ公開の見込みで、明るい話題が続く。
 スナネコは成猫で体長約40〜60センチの世界最小級の野生猫。アフリカの砂漠などに生息し、体毛は砂漠に溶け込む薄茶色だ。赤ちゃんは雌で、4月27日に誕生。3週間で体長約15センチ、体重は4倍の約242グラムにまで成長した。